メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 9797
昨日 : 188188188
総計 : 245483245483245483245483245483245483
投稿者 : church 投稿日時: 2017-08-27 08:39:58 (42 ヒット)

2017.8.27きんたメール第571号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「任せること=向き合うこと・・・」

  敬愛する皆様、いつも、ありがとうございます。8月も終わりですね。8月の月日も主が共にいてくださいましたこと感謝します。残暑厳しいので、こまめに水分補給しましょう。どうぞ日曜日は教会に行って心しずめてみてはいかがでしょうか。みなさんの心の土台(岩)が主の愛でしっかり守られますように。それぞれ与えられています場所にて主に繋がる者としてくださいますように。今週もあなたの上に「主の平安」が豊かにありますように。

  さて、息子の学校は男子校です。男の子の特徴を活用して競争させて成長させようという方針があるので、勉強ができるかできないかという比較基準にいつもさらされています。それである程度できる時は良いのですが、そうでない時は落ち込んでしまうのです。惑わされないで、自分のすべきことを目指していければ比較しなくてもいいのですが、そんなに簡単ではありません。大人でも惑わされてしまいやすいのに、子供が惑わされないわけがないのです。

  そのように視点が狭くなってしまうと、そこだけに縛られて、良くない時は自分を責めてしまい自信を失っていきます。理解しないと周りも責めてしまいます。そこで奮起する場合もあるけど、逆に自信がない自分をもっと責めてしまうと、現状を中々受け止められない状態ですから、どうしても偏った思考になるので「逃避」が支配します。逃避はとてもよさそうに見えるし、一時は楽に思うのですがますます自信がなくなるのです。

  そこで「知恵」が必要になります。「逃げる」=「自信がなくなる」というパターンになるので、あえて「逃げない」という選択をしてみるのです。苦痛が伴うものですが「向き合う」と案外たいしたことではなかったりします。結果がどうであっても「向き合う」となぜか「自信」がついてくるのです。

  「水を恐がる」=「泳げない」も同じです。しかし水に体を任せてしまうと身体は浮くのです。あとは手で水をこぐだけで前に進めます。水が「恐い」と「任せる」という選択肢がなくなるのですが、恐いけど「あえて任せてみる」と、不思議なことに泳げるようになるのです。

  神さまに「任せる」生き方も同じです。自分の力でもがくのをやめて任せるのです。そうすると縛られている状態から自由にされて、受け止めていく力が与えられていきます。そこから立ち上がる知恵が満ちるのです。

  「蒔かれるときは卑しいものでも、輝かしいものに復活し、蒔かれるときには弱いものでも、力強いものに復活するのです。」コリントの信徒への手紙一15章43節

  主がいつも一緒にいるから人生の嵐の時も平安です。あなたに知ってほしい生き方です。希望、愛、信頼に繋がった幸せな生き方です。何よりもあなたがどれだけ大切な人かを一緒に確認できたら幸いです。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へお越しください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かにありますように。主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・今週は礼拝前に子ども会、午後は交わりの時があります。のだ姉の上に平安が共にありますように。のだ姉のバプテスマへの学びが祝されますように。あかや兄の歩みを祝福してください。なかじま兄の骨折が癒されますように。故あらた兄、わたなべ兄のご家族の上に主の平安が共にありますように。新保牧師、つのえ兄、なかや兄、なかがわ姉、なかじま兄、たつみ兄、よこやま姉、みやもと姉の健康が護られますように。子供たちの上に主が共にいてください。あしや兄、たなか兄の働きを祝してください。もり兄、ふじむら姉の歩みの上に、祝福が豊かにありますように。常盤台教会の上に、母教会である東京西教会の上に祝福が豊かにありますように。

  それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝します。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。  

  ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように祈ります。栄光在主

 


投稿者 : church 投稿日時: 2017-08-20 07:17:27 (45 ヒット)

2017.8.20きんたメール第570号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「傷ついた癒され人・・・」

  敬愛する皆様、いつも、ありがとうございます。今年は夏らしくない夏ですね。梅雨の時に雨少なく、梅雨が明けてから雨多い。集中豪雨もありました。いろいろなことがありますので、みなさんの心の土台(岩)が主の愛でしっかり守られますように求めて祈りましょう。昼夜寒暖差があります。ご自愛ください。それぞれ与えられています場所にて主に繋がる者としてくださいますように。今週もあなたの上に「主の平安」が豊かにありますように。

  さて、先週は久しぶりに礼拝で司会(お茶の水でははじめてです)をさせていただきました。礼拝は一人ひとり違う私たち(それぞれいろいろなことがあった一人ひとり、いろいろな思いをもったままのそれぞれの自分)が、そのままで一緒に神さまを賛美するという、まさに恵みに満ちたものです。

  神さまの前にはどの人も平等です。相手によって扱い方に差別をつけるということがないのです。神さまの愛を知らない人には信じられないかもしれません。だから知ってほしい。ふれてほしいです。なぜならあなたは特別な人です。自分がどう思うかは自由ですが、その思いを超えて神さまはあなたを愛しています。

  中には今まで大事にされた経験が少ない。自分のことが好きじゃないなどの思いを抱えた方がいるかもしれません。もしそうなら本当に辛い中一人でよく頑張ってこられました。本当に大変だったと思います。あなたの必要をすべてご存知の御方が気付いてほしいと願っています。だからそこから、人ではなく神さまに心を向けることができますように心から祈ります。

  神さまの愛の中に生きる人は幸いです。イエスさまの十字架はすごい力です。神さまの愛にふれると、嫌いだった自分を赦して愛するように変えられていきます。傷ついた癒され人になります。痛みへの見方も変えられていきます。痛みは同じ痛みを持つ人を理解する力、また自分が癒されたように癒す力へと変えられていきます。神さまの愛を一番にする。その土台に気づいて生きる人がどんどん増えていく希望を信じます。何よりもあなたがどれだけ大切な人かを一緒に確認できたら幸いです。人は言葉に傷つくけど、言葉に癒されます。言葉の内に「いのち」があると癒されるのです。

「言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。」ヨハネ1章4節

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へお越しください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かにありますように。主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・今週は礼拝前に子ども会、午後は交わりの時があります。のだ姉の上に平安が共にありますように。故あらた兄、わたなべ兄のご家族の上に主の平安が共にありますように。新保牧師、つのえ兄、なかや兄、なかがわ姉、なかじま兄、たつみ兄、よこやま姉、みやもと姉の健康が護られますように。子供たちの上に主が共にいてください。あしや兄、たなか兄の働きを祝してください。もり兄、ふじむら姉の歩みの上に、祝福が豊かにありますように。常盤台教会の上に、母教会である東京西教会の上に祝福が豊かにありますように。

  それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝します。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。  

  ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように祈ります。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2017-08-13 06:49:42 (53 ヒット)

2017.8.13きんたメール第569号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「本物の支え・・・」

  敬愛する皆様、いつも、ありがとうございます。中国の四川で大きい地震で被災された方々がいます。被災地のお一人ひとりが主にあって慰めと癒しが豊かにありますように覚えてお祈りください。復旧が進みますように。関東も最近地震が立て続けで起きています。みなさんの心の土台(岩)が主の愛でしっかり守られますように祈ります。昼夜寒暖差があります。ご自愛ください。それぞれ与えられています場所にて主に繋がる者としてくださいますように。今週もあなたの上に「主の平安」が豊かにありますように。

  「そこで、わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲っても、倒れなかった。岩を土台としていたからである。わたしのこれらの言葉を聞くだけで行わない者は皆、砂の上に家を建てた愚かな人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家に襲いかかると、倒れて、その倒れ方がひどかった。」マタイ7章24〜27節

  さて、家を建てるときに一番大事なことが「土台」であるように、私たちの人生にも「土台」は必要不可欠なものになります。だから「本物の支え」を求めていくことは大事になります。では「本物の支え」とは何でしょうか。

  例えば、「支え」にも「見えるもの」と「見えないもの」があります。足を骨折した時に支えになるのは、見えるものでは「松葉杖」のような支え。見えないものでは、「思いやり」「いたわり」などの「愛」が支えになります。

  どちらも必要な支えになります。しかし、より大事な支えは「見えない支え」です。なぜなら誰も奪えないものだからです。このように見えない支えがしっかり土台となっている人は、どんなことがあっても「平安」が「不安」に勝るのです。なぜなら「平安」が一緒にあるからです。それが土台となっているからです。

  生きると言うことは、「不安」が常に一緒にいるようなものです。だから、見えないけど、確かな土台が必要です。見えるものはなくなりますが、見えないものは永遠です。本物の土台の鍵は「十字架」を掲げているキリスト教会にあります。あなたに受け取ってほしいものです。「十字架」が目印です。ぜひ探してお越しなってください。あなたが愛されている人であることを一緒に確認しましょう。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひ教会へお越しください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かにありますように。主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・新保牧師PC復旧しました。今週は礼拝前に子ども会、午後は交わりの時があります。のだ姉の上に平安が共にありますように。故あらた兄、わたなべ兄のご家族の上に主の平安が共にありますように。新保牧師、つのえ兄、なかや兄、なかがわ姉、なかじま兄、たつみ兄、よこやま姉、みやもと姉の健康が護られますように。子供たちの上に主が共にいてください。あしや兄、たなか兄の働きを祝してください。もり兄、ふじむら姉の歩みの上に、祝福が豊かにありますように。常盤台教会の上に、母教会である東京西教会の上に祝福が豊かにありますように。

  それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝します。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。  

  ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように祈ります。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2017-08-06 07:22:00 (55 ヒット)

2017.8.6きんたメール第568号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「それぞれの人生曲線・・・」

  敬愛する皆様、いつも、ありがとうございます。8月に入りました。8月の月日も主が共にいてくださいますように。昼夜寒暖差がありますが、日中は暑いです。こまめな水分補給を心がけましょう。被災地のお一人ひとりが主にあって慰めと癒しが豊かにありますように覚えてお祈りください。それぞれ与えられています場所にて主に繋がる者としてくださいますように。今週もあなたの上に「主の平安」が豊かにありますように。

  さて、先週は『御茶ノ水キリストの教会』の夕礼拝当番でした。ヨハネによる福音書8章31-32より御言葉を分かち合いさせていただきました。録音されていますので、御茶ノ水キリストの教会のHP−メッセージよりアクセス。よろしければお聴きください。http://www.ochanomizuco-christ.or.jp/message.html

  息子も中学生になりはじめての夏休み。日々成長しています。夏休みの半分は部活(サッカー)の合宿で家にいません。部活に勉強にと忙しくも楽しんで青春の日々を過ごしていますが、吸収力もあり身体も知恵も成長していく様を身近で確認できますことは、本当に神さまの恵みに圧倒されます。栄養(学び・気づき)がすべて、周りを生かすために用いられていくようにと願います。

  人生80年とすると、息子は1/8、家内は4/8 、私自身は5/8あたりになっています。10/8の方もいますが、皆さんはどうでしょうか。人生曲線を確認します。今の自分だからわかることもありますので、それぞれに与えられた人生はかけがえのないものであることも覚えます。またこれからでないとわからないこともたくさんありますし、わからないことの方が多いことにも気付きます。神さまの恵みは深すぎますが、それぞれ時に応じて少しでも確認できると嬉しいです。

  生きるとは、人生の終わりに向かっていくことでもありますが、新しい希望に向かうことでもあります。神さまの愛こそが一番。だからこそ与えられた人生を感謝して同じ時間を過ごせる方々との奇跡に感謝して、そこから主に心を向けながら「自分」を主のご計画に合わせて豊かに用いられていくことを求めてまいりましょう。みんなが主との繋がりに気づくと嬉しいです。あらゆる遮るものから助けて導いてください。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひ教会へお越しください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かにありますように。主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・新保牧師PCの復旧までメッセージ配信はお待ちください。今週は礼拝前に子ども会、午後は交わりの時があります。のだ姉の上に平安が共にありますように。故あらた兄、わたなべ兄のご家族の上に主の平安が共にありますように。新保牧師、つのえ兄、なかや兄、なかがわ姉、なかじま兄、たつみ兄、よこやま姉、みやもと姉の健康が護られますように。子供たちの上に主が共にいてください。あしや兄、たなか兄の働きを祝してください。もり兄、ふじむら姉の歩みの上に、祝福が豊かにありますように。常盤台教会の上に、母教会である東京西教会の上に祝福が豊かにありますように。

  それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝します。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。  

  ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように祈ります。栄光在主

 


投稿者 : church 投稿日時: 2017-07-30 07:15:59 (91 ヒット)

2017.7.30きんたメール第567号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「メノー:とどまる・・・」

  敬愛する皆様、いつも、ありがとうございます。不安定な天候で昼夜寒暖差がありますが、日中の暑さは厳しくなっています。こまめな水分補給を心がけましょう。被災地のお一人ひとりが主にあって慰めと癒しが豊かにありますように覚えてお祈りください。それぞれ与えられています場所にて主が共にいてくださいますように。必要を与えてください。今週もあなたの上に「主の平安」が豊かにありますように。

  さて、表題の「メノー」はギリシャ語 μενω(meno メノー)で、「とどまる、住み着く、つながる」などの意味の言葉です。私たちは支配の中に生きています。本物の支配は人を自由にします。しかし、そうではない支配は人を不自由にします。あなたはどちらの支配に生きているでしょうか。あなたは自由ですか、それとも不自由ですか。

  いろいろの都合で朝の礼拝に参加できない方がいましたら、夕礼拝をおこなっている教会もありますので、そういう場合はお近くの教会で確認してご利用ください。一番大切なのは「神さまの愛」を知ることです。あなたがどれほど神さまに愛されているのかを一緒に確認しましょう。

  神さまの愛の支配に生きるか、それ以外の支配に生きるか。何を土台にして生きたいですか。土台がしっかりしていないと家はすぐに倒れてしまいます。神さまはあなたにしっかりした土台の上に立ってほしいのです。

「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」ヨハネ8:31-32

  キーワードは3つです。

 屬箸匹泙襦廚箸浪燭。「メノー」:ギリシャ語で、滞在する、住みつく」という意味。また、「葡萄のたとえ」でも使われている(ヨハネ15:4)。枝が木に「つながる」という言葉も同じ。とどまることは、神さまの家に一緒にいるつながりによって、真理がわかるようになります。

◆嵜人」とは何か。それは創り主との関係がわかること。「神さまがわたしを愛している」ということがわかる。神さまの愛は、縛るのではなく本来のあなたらしさを取り戻します。

「自由」とは何か。神さまの愛を一番にすること。人にどう思われるかよりも、どう生きるかが主体にされる。何事にも縛られずに神さまの愛に生きるように成長し続けていきます。

  神様の愛こそ人生の土台としていただきましょう。誰も奪うことができない本物の人生の土台を据えたい人は、ちょっとだけ勇気をもって教会に行ってみましょう。そして、あなたがどれだけ大切な人なのかを確認してください。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひ教会へお越しください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かにありますように。主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・今週は礼拝前に子ども会、午後は交わりの時があります。のだ姉の上に平安が共にありますように。故あらた兄、わたなべ兄のご家族の上に主の平安が共にありますように。新保牧師、つのえ兄、なかや兄、なかがわ姉、なかじま兄、たつみ兄、よこやま姉、みやもと姉の健康が護られますように。子供たちの上に主が共にいてください。あしや兄、たなか兄の働きを祝してください。もり兄、ふじむら姉の歩みの上に、祝福が豊かにありますように。常盤台教会の上に、母教会である東京西教会の上に祝福が豊かにありますように。

  それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝します。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。  

  ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように祈ります。栄光在主


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 59 »