メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 104104104
昨日 : 733733733
総計 : 814541814541814541814541814541814541
投稿者 : church 投稿日時: 2022-08-21 06:57:10 (96 ヒット)

2022.8.21きんたメール第828号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『1人で抱えないために・・・』〜ココロのごはんを〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。夏の暑さもピークを超えたような感じですが、いかがお過ごしでしょうか。残暑はまだ続きますが、昼夜の温度差も出てきます。ご自愛くださいますように。癒しが必要な人には癒しが注がれますように。それぞれお1人ひとりの必要をご存知の主が満たしてくださいますように。


 さて、わたしたちの人生はそれぞれさまざまですよね。間違いない事実として同じ人は1人もいません。どの人も大事なのです。


 同じではないので、それぞれにいろいろなことがありますよね。自分に都合が良いこともあれば、そうでないことも、自由に感じることも、不自由に感じることもあり、状況や背景や感じ方もさまざまです。


 何を基準にしているのか、何を目指しているのか。みんな違うので、自分の状況や思いをわかってもらうのは何と難しいことでしょうか。特に人は寂しい時、なぜか、ココロによくないことを選択したくなる不思議さがあります。いったい何がそうさせてしまうのでしょうか。


 また、どう相談すればいいのかもわからないため、誰にも相談できなくて、1人で抱えてしまうこともあるのではないでしょうか。何度も言う言葉ですが、便秘と同じように気持ちも出さないと苦しくなってしまいますよね。そのまま、ありのままを吐き出せる場所が必要です。


 つまり安心して聴いてもらえる場所が必要です。とにかく1人で抱えないでほしいのです。なぜならば、聴いてもらえると少し気持ちが楽になるからです。人と人の間に「いのち」があると人は癒されるからです。


 もし、誰にも話しができないと言う人がいましたら、匿名でかけられる「いのちの電話」や「よりそいホットライン」などがおすすめです。電話に出る人はプロのカウンセラーではないけど痛みを知る同じ人だからです。不思議と整理もできるようになります。


 1人で抱えて、つらい時は、ぜひ寄り添って聴いてくれる人に繋がってくださいね。あなたが大切な存在であることを一緒に確認してほしいのです。そこで働かれる愛を分かち合えるはずです。わたしたちには愛が必要だからです。愛のあるところは休まれるからです。それがココロのごはんです。


「重い束縛を受けて、疲れはてている人たちよ。さあ、わたしのところに来なさい。あなたがたを休ませてあげましょう。」‭‭マタイの福音書‬ ‭11:28‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/mat.11.28.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2022-08-14 06:38:54 (118 ヒット)

 2022.8.14きんたメール第827号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『やればできる・・・』〜平和を考える世界大会〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。台風8号の影響を受けたエリアの安全が守られますように。また今週はまた暑くなりそうです。熱中対策しながら、コロナ感染対策もしていきましょう。癒しが必要な人には癒しを。それぞれお1人ひとりの必要をご存知の主が満たしてくださいますように。


 さて、日本は原爆による悲しくて辛い経験をした唯一の被曝国であり、自らもたくさんの人のいのちを戦争という盾で奪ってきた国でもあります。


 だからこそ反省と痛みから、世界に核のない社会を目指そう。と世界に発信し続けています。


 一方で世界の疑問である核が戦争の抑止になるのか。ロシアのリーダーの行動からは抑止とならず、むしろ自己都合のための印籠として利用する現実もあるので、すべての国が核保有した方が良いとさえ思わせる状況になっているように感じます。


 人間は不完全であるため、間違いも判断を誤ることもあるのが普通です。だから核保有をすれば、ロシアのようなリスクはなくならないと考えた方が間違いない。だから、核のない社会を目指すことの方がいい。


 ただ、どの国も自国や自分を優位にするために、核のようなモノに頼ろうとする働きもなくなるわけではないでしょう。


 難しい現状です。だからこそチャレンジする価値とそのための知恵が求められるのでしょう。


 そこで、どの国も、どの人も尊重されて、核のない平和な世界を目指すために何ができるかなを考えると、平和な世界を目指すための、そんな世界大会があったらおもしろいのになぁ。各国からの発表が楽しみです。


 そして、出てきた知恵を実際に国を超えた混合チームをいくつか作って進めてみる。やってみる。気づきを共有する。課題があれば修正する。繰り返しチャレンジしてみる。


 そのために、みんなで地球を、そして人を大事にすることの弊害になるものや、自分の弱さを理解して、そんな弱さや不完全さも理解するココロ、小さな声や隠れているさまざまな思いが受け止められやすい居場所となる世界を目指す学びの場が、あたり前に身近にあるといいですよね。


 日本として、核廃絶だけではなく、今からできるそんな発信もしてほしいです。ほかにも、いろいろできそうなことがありそうですよね。今、高感度の高いお笑い芸人のティモンディの「やればできる」が合言葉になればいいなぁと勝手に思っています。


「あなたがたに贈り物をあげましょう。あなたがたの思いと心を安らかにすること、それがわたしの贈り物です。わたしが与える平安は、この世のはかない平安とは比べものになりません。だから、どんな時にもおろおろしたり、恐れたりしてはいけません。」‭‭ヨハネの福音書‬ ‭14:27‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/jhn.14.27.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2022-08-07 07:00:27 (79 ヒット)

 2022.8.7きんたメール第826号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『本物を見分けるために・・・』〜知恵を求めていきましょう〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。天候不順で大雨の影響を受けたエリアの安全が守られますように。気温の変化も大きいので、どうかご自愛くださいますように。熱中対策しながら、コロナ感染対策もしていきましょう。それぞれお1人ひとりの必要をご存知の主が満たしてくださいますように。


 さて、8月に入り最初の日曜日です。8月の月日も守られますように。月2回の子どもメッセージ1回目の今回は、本物の神さまについて、一緒に考えていきたいと思います。


本物の神さまについて 使徒17:16-34


 みんなは図工の時間に、紙粘土で何か作ったことがありますか。たとえば神さまをイメージして作品をつくっても、それは神さまではなく、人がつくった作品になりますよね。


 今日のお話しは、同じように人が作ったものを神さまだと言っていた人たちがたくさんいるアテネの町での出来事です。


 みんなは人が作った作品を神さまだと思いますか。いくら金や木や石でうまく作っても、またいくら大きく作ったとしても、それは人の作ったもの(作品)ですね。


 作品だから自分で動くことも、話すこともできません。本物の神さまではないので何のチカラもありません。


 でも、この町の人たちは、誰も本物の神さまのことを教えてくれる人がいなかったので、人が作ったものを神さまにしていたのです。神さまが必要なのは知っていたのです。


 本物の神さまは、宇宙や地球をおつくりになり、わたしたち1人ひとりを大切な人として、いのちを与えてくださるお方です。わたしたちが生きるのに必要な愛や知恵や空気や水や食べ物などを用意してくださいます。


 だから、わたしたちは神さまの愛と恵みの中に生かされています。神さまを知らない時はそのことに気づかないで自分のチカラで生きているとかんちがいしてしまいます。


 そこでパウロさんたちは、神さまがどれだけあなたを大切に思っているのか、本物の神さまについてわかりやすく伝えたのです。


 そのためイエスさまの十字架のお話しを聞いた人の中には、十字架にかかるような神さまなんて弱いとバカにする人たちもいましたが、神さまから離れていた状態(罪)から救い出すために十字架にかかってまで愛を教えてくれる神さまを信じる人たちも増えていきました。


 同じように自分にとっては、おもしろくないようなことの中に、実はすごく大事なこともかくれていますので、神さまにただしく理解できる知恵を求めていきましょう。


 なぜならば知恵は、神さまの恵みにあふれていることに気づかせてくださいます。そして本物の神さまを見分けるこころも与えてくださいます。


 人が作ったものは神さまではなく、わたしたちをつくってくださった御方が神さまなのです。夏休みの時も神さまの愛と知恵で満たされますように。


「「イエス様は私たちを救うために死んでくださった」ということばが、滅びゆく人々にはどんなに愚かに響くか、私にはよくわかっています。しかし、救われた私たちは、これが神の力そのものであると認めるのです。」


コリント人への手紙‬ ‭1:18‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/1co.1.18.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2022-07-31 06:03:34 (144 ヒット)

2022.7.31きんたメール第825号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『弱く見えるものが、・・・』〜実は最高の宝です〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。蝉くんたちのハーモニーが聴けると夏なんだなぁと実感できますね。夏と言えばかき氷や冷たいアイスが食べたくなります。蒸し暑い日が続いています。熱中対策しながら、コロナ感染対策もしていきましょう。それぞれお1人ひとりの必要をご存知の主が豊かに導いてくださいますように。


 さて、暑くても、寒くても、いい時も、そうでない時も、変わらないものは何でしょうか。答えは「神さまの愛」ですね。


 わたし自身、20代後半どうしようもない時期があり、鬱になったことがあります。夜は眠れず、昼夜逆転し、ひきこもり生活をしました。自分で自分を 責め続けていました。生きることが苦しくて、死にたいと願う暗闇の時間でした。


 そんなときに、気にかけてくださる人が、責めることもせず、そのままを受 け止めて聴いてもらえた経験が、自分で自分を受け止めはじめる大きな きっかけになったのです。


 それから少しずつ責めたり受け入れたりを繰り返しましたが、聴いてもらえたことが嬉しかったので、そこから同じようにしたいと思い、「聴く人」を目指しはじめたのです。


 また、「聴く人」を目指すようになっ たのは、聴く姿勢から、「あなたは大切な人なのですよ」というメッセージを感じたからです。このメッセージを分かち合いたくなったのです。それがこころによい道だったのです。


 見えないけど、たしかに感じる温もりが、神さまの愛です。よい時もそうでない時も注がれている恵みに気づいたのです。こんな自分なんか受け入れられるわけがないと思うときに、それ以上に満たしてくださいます。


 なので、その時は最悪のように感じても、後にそのことが必要な宝に変えられることを、わたしたちはそれぞれ感じているのではないでしょうか。


 イエスさまの十字架は、同じように最悪に見えるけど、この十字架の愛を知ったら、わたしたちのこころは神さまに感謝でいっぱいになるのです。実はすごい宝です。


 なので弱くて最悪のように見える十字架が、何で宝になってしまうのか。教会で確認してほしいと思います。


「「イエス様は私たちを救うために死んでくださった」ということばが、滅びゆく人々にはどんなに愚かに響くか、私にはよくわかっています。しかし、救われた私たちは、これが神の力そのものであると認めるのです。」


コリント人への手紙‬ ‭1:18‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/1co.1.18.JCB


「それどころか、神様は、この世では愚かな者、弱い者と思われている人々をあえてお選びになりました。それは、この世で知恵ある者、りっぱな人とされている人々を辱しめるためです。 神様は、この世で見下されている者、取るに足りない者を選び、そういう人々を役立てることによって、力を持っている人を無きに等しい者とされたのです。 ですから、どこのだれであっても、神の前で誇ることはできません。」コリント人への手紙‬ ‭1:27-29‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/1co.1.27-29.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2022-07-24 06:30:48 (88 ヒット)

 2022.7.24きんたメール第824号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『エルサレムでの会議・・・』〜大事なことの共有〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。ロシアのウクライナへの武力侵略戦争でたくさんの犠牲者が出ています。深い悲しみの中にあるお一人ひとりの上に主が慰めてくださいますように。自分の利権よりもいのちを大事にする心こそが勝利しますように。コロナ感染もかなり増加しています。引き続き基本の対策はしていきましょう。蒸し暑い日が続いています。こまめな水分補給をこころがけましょう。それぞれお1人ひとりの必要をご存知の主が豊かに導いてくださいますように。


 さて、月2回の子どもメッセージ2回目です。先週は対面とオンラインでメッセージとゲームで笑顔があふれる楽しい時間を共有させていただきました。いのちの大切さについて、子どもたちがそれぞれ思うことを分かち合いました。今回は「会議」について分かち合います。足りないところは主が満たしてくださいますように。


エルサレム会議 エペソ2:8


 みんなは学校でホームルームの時間があるでしょう。クラスの連絡を確認したり、何かあったら話し合いをして、意見を出しあいながら、みんなで決めたりしますよね。


 今日のお話しは、教会のリーダーが集まって話し合いをしているところです。こういった話し合いを「会議」と言います。


 今回の話し合いのテーマは、「神さまの愛をいただくにはどうすればいいのか」です。


 パウロさんとバルナバさんは、「イエスさまを信じるだけです」と言いました。学者さんたちは「ユダヤ人のルールを守らないとダメです」と言いました。


 こうして意見が分かれたので、話し合いをして決めることになったのです。なかなか決まらないときに、ペテロさんが、「一番大事なことを確認しましょう」と言いました。


 そこで確認したのは、ルールを守ったから救われたのではなく「信じた」から救われたことでした。それで「神さまの愛は、信じる人にはどの人にも与えられていること」を会議で確認できたのです。※神さまの愛はすべての人に注がれています。


 もちろんルールを守ることも大事です。それぞれの意見も大事にしながら、話し合いをしていくことで、1番大事なことに気づいたりできます。


 いろいろな人が集まるところでは、そのように話し合いをしていく、状況が変わるたびに確認したり話し合いをすることが大事なのですね。これも神さまから与えられた知恵ですね。感謝します。


「あなたがたは、恵みにより、キリストを信じることによって救われたのです。しかも、そのキリストを信じることすらも、あなたがたから自発的に出たことではありません。それもまた、神からの賜物(贈り物)です。」エペソ人への手紙‬ ‭2:8‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/eph.2.8.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 112 »