メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 118118118
昨日 : 371371371
総計 : 762677762677762677762677762677762677
投稿者 : church 投稿日時: 2022-06-26 06:10:32 (15 ヒット)

 2022.6.26きんたメール第820号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『ピンチがチャンスに・・・』〜神さまの愛によって〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。梅雨の中ですが、今週は暑い日が続きそうですね。こまめな水分補給をこころがけましょう。楽しく過ごせる知恵で満たされますように。それぞれお1人ひとりの必要をご存知の主が豊かに導いてくださいますように。


 さて、6月も終わりますね。月2回の子どもメッセージ2回目です。神さまの愛は誰も奪うことができないことがよくわかります。また分けても分けても、減ることがなく、むしろ増えていくのです。


ピンチがチャンスに 使徒8:4


 みんなは、缶けりをしたことがありますか。オニはかくれている人を見つけたらその人の名前を大きな声でよんで、あき缶のところまでもどってあき缶がたおれないようにふみますね。


 つかまった人はオニの近くで助けをまちます。 オニがのこりの人をさがしに行っているときに誰かがあき缶をければ、つかまった人もにげることができるからです。


 同じように、「イエスさま大好き」と言っただけで、いじわるするために鬼のように追いかけてくる人がいました。そのため、みんなあっちこっちににげました。


 でも、神さまの愛を知った人たちは、あっちこっちでイエスさまみたいに出会う人を大切にしていたので、「イエスさま大好き」の人がどんどん増えていきました。


 まるで、缶けりをする人がどんどん増えて、鬼が追いかけても追いかけても、すぐに缶けりされてしまうようなかんじになりました。


 しだいに鬼のようにいじわるしていた人も、神さまの愛にふれたら、「イエスさま大好き」の人になって、今度はいじわるされる側になりました。そんなこんなで、「神さまの愛」を知った人がどんどん増えていったのです。


 神さまはどんなときも、みんなのこころが「希望と愛と信頼」で成長するように、「ピンチもチャンス」にしてしまうのですね。


「しかし、エルサレムから逃げ出したクリスチャンたちは、どこへ行っても、神のことばを伝えて歩きました。」‭‭使徒の働き8:4‬JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/act.8.4.JCB  神さま、ありがとうございます。


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2022-06-19 05:57:01 (32 ヒット)

 2022.6.19きんたメール第819号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『安心する場所はどこですか・・・』〜分かち合えるところ〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。なんとなく梅雨らしい気候になっていますが、まだなんとなくという感じですね。楽しく過ごせる知恵で満たされますように。それぞれお1人ひとりの必要をご存知の主が豊かに導いてくださいますように。


 さて、日本は超高齢化社会とよく言われていますね。なぜならばあと3年くらいで50歳以上の人口は50%、65歳以上の人口は35%くらいになります。高齢者が主役の時代となります。また人生100年時代と言われていますのは、2021年は100歳以上の方が約9万人いらっしゃるからです。


 歳を重ねると言うことは、それぞれさまざまなな経験を重ねてきたと言うことです。すごいことです。


 だから、それぞれの人生の中で学んできたことを分かち合えたら、すごい知恵を共有できるのではないでしょうか。


 健康の3つのポイントは、,靴辰り栄養をとる。適度に運動する。社会と関わる。ことだと言われています。


 状況によって難しいこともありますし、歳を重ねることで、さまざまな機能の衰えによる弊害はでてきますが、その状態でできることを見つけていくことが大切になります。できないことに心がとられると、落ち込んでしまいますが、今できることに心が向くと目的が支えになります。


 人は安心できる場所があれば、元気になりますので、生涯学習できる場所があるといいなぁと思います。1人ひとりが尊重されて、みなさんが生徒であり先生になれる。そんなコミュニティがあったら素敵ですね。あなたはどんな場所をつくりたいですか。イエスさまが一緒なら、どこでも天国になります。


「そして、イエスにこう頼みました。「イエス様。御国に入る時、どうぞ私を思い出してください。」イエスはお答えになりました。「あなたは今日、わたしといっしょにパラダイス(天国)に入ります。」」ルカの福音書‬ ‭23:42-43‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/luk.23.43.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2022-06-12 06:18:25 (44 ヒット)

 2022.6.12きんたメール第818号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『誰が隣人になりましたか・・・』〜あなたの答えは〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。関東も梅雨入りしましたね。これからじめじめする時期となりますが、恵みの雨の時期でもありますね。どう楽しめるのか考えて過ごしてみるのはいかがでしょうか。それぞれお1人ひとりの必要をご存知の主が豊かに導いてくださいますように。


 さて、わたしたちは人をバカにすることがありますが、そんなわたしたちに、よく考えるようにイエスさまが話してくれた箇所がサマリア人のたとえです。聖書ルカ10:2537


   ある人が強盗に襲われて大ケガして倒れていました。このような場面に遭遇した時、あなたはどうされますか。


 その場面に遭遇した3人の人のお話しです。1人目の人は地位も名誉もある人です。しかし、倒れている人を見ると、関わらないように避けて通り過ぎて行きました。


 2人の人は、管理を任されている責任者です。しかし、同じように倒れている人を見ると、関わらないように避けて通り過ぎて行きました。


 3人目の人は、身分も低く、出身地だけで周りからバカにされていた人でした。しかし、倒れている人を見ると、すぐに手当てをして介抱されました。


 イエスさまは、わたしたちの先入観やプロパガンダ的な見方を問われるように、誰が倒れた人の隣人になったのか。聞かれました。


 痛みを知っている人は、人の痛みをわかる人です。しかしメンツや立場が隣人への弊害になる場合もあるのですね。いつも自由に愛のある判断ができますように。


「この三人のうちだれが、強盗に襲われた人の隣人になったと思いますか。」 律法の専門家は答えました。「もちろん、親切にしてやった人です。」この答えを聞くと、イエスは言われました。「そのとおりです。あなたも同じようにしなさい。」」‭‭ルカの福音書‬ ‭10:36-37‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/luk.10.36-37.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2022-06-05 06:44:21 (50 ヒット)

2022.6.5きんたメール第817号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『おたすけマン・・・』〜見えない助け主〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。今週はペンテコステですね。神さまの愛を受けた弟子たちは、ガラリと変わっていく様子が伝わってきます。狭い視点に囚われていた弟子たちはどのように変わったのでしょうか。6月の月日が守られますように。それぞれお1人ひとりの必要をご存知の主が豊かに導いてくださいますように。


 さて、月2回の子どもメッセージ1回目です。聖霊さまのはたらきは、わたしたちの心を神さまに向けられるように、助けてくださいます。恵みに気付かされて、閉じていた視点が開かれます。自由にされます。それでわたしは聖霊様をおたすけマンと言っています。


おたすけマン 使徒1:8


 みんなは「父と子とせいれい」のお名前によっておいのりします。と言われる「父と子とせいれい」の「せいれい」について知っていますか。


 父はすべてをつくられた「神さま」のこと。子は、神さまがどれだけわたしたちを愛しているのかを見えるように、同じ人となられた神さまの子「イエスさま」のこと。そしてせいれいは、神さまの愛であるイエスさまを信じられるようにはたらいてくださる「おたすけマン」です。見えないけど、みんなを助けようとしているのが聖霊(せいれい)さまなのですね。


 さて、イエスさまのお弟子さんたちは、何も悪いことはしてないけど「イエスさまをだいすき」と言っただけで、いじめられていました。だから、こわくてビクビクしていたのです。


 そこでイエスさまは「おたすけマン」を送ってくださいました。おたすけマンがみんなのこころにはたらいたら、相手の人を「こわがる」よりも、「わかってあげる」ことに、こころが向くようになったのです。すごいでしょう。ちょっと見方がかわるだけで感じ方もちがってきます。


 そうしたら、相手の人も不安でいっぱいだとわかりました。神さまの愛が必要だと分かりました。それで、そのお友だちにもわかりやすい伝え方ができるようになったのです。


 神さまの愛はすべての人に必要なんですね。わかってもらいたいのはどの人も同じです。だから神さまがあなたのことをすべてわかってくれて、そのままでうけとめてくださいますように、「お友だちをわかってあげることができますように」と祈るとき、神さまの愛の知恵(ちえ)で動けるように助けてくださいます。


 こうしておたすけマンによって教会がはじまりました。この日を「ペンテコステ」と言います。そこから教会がはじまったので、教会の誕生日とも言われています。


 そして時代をこえて、神さまの愛でいっぱいのおたすけマンがいつも、みんなを助けてくれていることを忘れないでほしいのです。神さま、いつも、ありがとうございます。


 神木イエス・キリスト教会の2022ペンテコステのおはなし 以下動画(8分くらい)もおすすめです。https://youtu.be/tFpwVfSXwgs


「しかし、聖霊があなたがたに下る時、あなたがたは大きな力を受け、エルサレムからユダヤ全土、そしてサマリヤから地の果てまで、わたしの死と復活を伝える証人となります。」」使徒の働き‬ ‭1:8‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/act.1.8.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2022-05-29 06:32:17 (54 ヒット)

 2022.5.29きんたメール第816号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『世代間ギャップを縮めるために・・・』〜評価よりも理解する姿勢〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。次週は教会暦でペンテコステですね。聖霊が降ると、弟子たちは力を得てチェンジするわけですが、その辺を次週の子どもメッセージで、できる限りわかりやすく伝えられるようにと願っています。5月の月日が守られましたことに感謝します。それぞれお1人ひとりの必要をご存知の主が豊かに導いてくださいますように。


 さて、教会学校の教師研修でTCUのオンライン講義でユースミニストリーについて学びました。分かち合いとして、参加したCSメンバーが参加できなかったメンバーを含めて共有の時間を持ちます。ミニストリーとは「仕える」と言う意味です。ユースは中高生の年代です。個々の中高生に寄り添って本当の居場所を一緒に目指します。


 見えない壁が世代間、個人間ギャップです。思春期の世代でも反抗期の度合いも一律ではなく、個々にさまざまですが、共通しているのは心身ともな大きな変化の時であることです。


 ギャップの要因の一つに、たとえば大学生が小学生を見ると幼く見えるわけですが、自分もその時代の時はさほど変わらないのに大学生の視線(今までの経験値や環境で得た見聞)で、自分は違うみたいに錯覚してしまうことです。そこから、今どきの若者はみたいに否定するような評価をしたり、思い通りの価値観を押し付けたりすることなどがギャップを広げています。


 これは違う世代間、個人間のギャップにもあてはまる原理です。ここから学ぶのは「評価」ではなく、「理解する」ことです。わかってもらえると感じると居場所が広がってくるからです。


では、どんな姿勢が求められているのか、どんなリーダーが求められているのか、以下クリスチャン大学生のアンケートの声です。


「ユースを励ましてくれる人」「ユース文化に理解を示してくれる人」「暖かい居場所、孤立しない居場所を提供してくれる人」「ユースに教えようとする態度ではなく、彼らを知ろう、理解しようとする態度を感じる事が出来る人」「謙遜な人」「命令口調を使わない人」「顔の表情と言葉の語尾が柔らかい人」「ユースの持つ様々な悩みを、動じずに聴く事ができる人」話しやすい雰囲気を持つ人」「クリスチャンの形にこだわらない、とらわれない人」などなので、相手を変えようとする、評価することではなく、そのままを尊重して理解しようとする姿勢が求められています。※TCUユースミニストリー参照


 そこで肝に銘じたい聖句がガラテヤ5:22-23、マタイ20:26です。さまざまなギャップを感じている方は、この御言葉を参考にチャレンジしてみるといいかもしれません。「理解してもらうこと」より、「理解しようとすること」に心が向きますように。うまくいかなくても、「誠実に学ぼうとする姿勢」を忘れませんように助けてください。


「しかし、聖霊が生活を支配してくださる時、私たちのうちに、次のような実を結びます。愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、 柔和、自制です。そこには、律法に反するものは何もありません。」ガラテヤ人への手紙‬ ‭5:22-23‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/gal.5.22-23.JCB


「だが、あなたがたの間では違います。リーダーになりたい者は、仕える者になりなさい。」‭‭マタイの福音書‬ ‭20:26‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/mat.20.26.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


(1) 2 3 4 ... 108 »