メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 9494
昨日 : 457457457
総計 : 393179393179393179393179393179393179
投稿者 : church 投稿日時: 2019-10-13 07:39:40 (2 ヒット)

 本日の聖書 マルコによる福音書14章28節

「わたしは復活した後、あなたがたより先にガリラヤへ行く」

宣教題「それぞれのガリラヤ」 牧師 新保雅雄

主イエスは、ユダヤ人指導者に捕らえられ十字架へと、今、引かれようとしています。その時、弟子たちは皆、主イエスに導かれて、ここまで来たにも拘らず、その主イエスを見捨てて逃げ出します。

主イエスは言われる「わたしは復活した後、あなたがたより先にガリラヤへ行く。」ガリラヤとは、弟子たちにとって、主イエスと初めて出会い、主イエスの導きによって、弟子となった場所です。主イエスと共に、宣教活動を始めた出発点です。そう、弟子たちにとってガリラヤとは、それぞれの信仰の原点なのです。

弟子たちは皆、主イエスを見捨て、信仰を捨て去って逃げていく、しかし主イエスは、復活した後、もう一度、弟子としての出発点ガリラヤで再会し、捨て去った信仰を取り戻そうとされるのです。

弟子たちは皆、「つまずき」を経験しました。皆、主イエスから離れてしまいます。しかし、弟子たちのこの「つまずき」は、主イエスとの関係の終わりではありません。主イエスとの深い関係が、ここから始まるのです。

弟子達は、いざとなると、自分の身を守ろうとして裏切る、情けない者であることを知らされたのです。「命をかけて着いて行く」と言いつつ裏切った弟子に主イエスは「わたしは復活した後、あなたがたより先にガリラヤへ行く」 ガリラヤで待っているという約束をされます。裏切った弟子達を迎え入れようとされる。ここに神の愛があります。

ガリラヤは、私たちの信仰の原点、始まりなのです。「主イエスにつまずく」そのことによって、自分をもう一度考え直す時がある。自己保全の為なら、神をも簡単に裏切ってしまう。そんな私達でも神は赦し受け入れて下さる。人生に迷ったとき、あなたのガリラヤに戻ってみて下さい。主イエスがあなたを迎えて下さいます。


投稿者 : church 投稿日時: 2019-10-06 07:26:59 (5 ヒット)

 本日の聖書 マルコによる福音書1章12〜15節

「それから、”霊”はイエスを荒れ野に送り出した。イエスは四十日間そこにとどまり、サタンから誘惑を受けられた。その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた。ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、『時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい』と言われた。」

宣教題「神様の刻印」 牧師 新保雅雄

主イエスが、ヨルダン川でバプテスマを受けられてから、すぐのことです。バプテスマの時に天から降った狎士″が、主イエスを荒れ野へと送り出したのです。そして、この荒れ野で40日間に渡って、サタンからの様々な誘惑を受けられました。

荒れ野で様々な誘惑を受けている間、主イエスは、野獣と一緒におられたと聖書は言われています。しかし、主イエスは、野獣から危害を加えられるということはなかった。天使たちが主イエスに仕えていたからです。神の守りが共にあったからなのです。

この主イエスのバプテスマと、その直後のサタンの誘惑によって分かることは、私たちのバプテスマとクリスチャン人生です。

たとえ、バプテスマを受けたからといって、サタン(世)の誘惑から完全に解放される、あるいは欲望が無くなったという訳ではないのです。この世を生きる限り様々な誘惑が、野獣が獲物を狙う様に、私たちを待ち伏せして絶えず狙っているのです。

しかし、そんな誘惑の人生の中であっても、神の守りが確実にあります。たとえ誘惑の先に、野獣が牙を向いて待っていたとしても、神が共にいてくださり、守ってくださるのです。ですから誘惑に負けそうな時、神に祈ることです。神の守りが実感できます。

バプテスマされるとは、神の子としての刻印が打たれる事なのです。あなたが誘惑の中で迷子になっても、神はあなたを決して見失うことはありません。


投稿者 : church 投稿日時: 2019-09-29 07:35:58 (9 ヒット)

 本日の聖書 マルコによる福音書15章 43節

「アリマタヤ出身で身分の高い議員ヨセフが来て、勇気を出してピラトのところへ行き、イエスの遺体を渡してくれるようにと願い出た。この人も神の国を待ち望んでいたのである」

宣教題「十字架の中にある愛と正義」 牧師 新保雅雄

ユダヤの議員ヨセフは、主イエスの遺体を渡してくれるように総督ピラトに願い出ました。主イエスが十字架に付けられたのは午前9時、息を引き取ったのは午後3時でした。この日は安息日の前日、金曜日なので、安息日が始まる日没までに墓に葬るためです。

ピラトは、ローマの百人隊長を呼び寄せ、主イエスが本当に死んだか聞きました。この百人隊長は、主イエスが息を引き取られたときにそばで目撃し「本当に、この人は神の子だった」と言った人です。

百人隊長は、主イエスが死んだことを報告しました。ピラトは願いどおり、議員ヨセフに、主イエスの遺体の引きとりを許可しました。百人隊長は、主イエスが息を引き取るまでの一部始終を目撃していました。誰が正義で誰が不正を働いたのか見抜いていたのです。

ヨセフは、主イエスを十字架から降ろし亜麻布で巻きました。それから墓の中に納め、墓の入り口には、石を転がしておきました。弟子達は、主イエスの十字架のときにも、そして遺体を引き取りにも誰も来なかったのです。わずか二人のマリアが見つめていたに過ぎません。死刑になった罪人の仲間と見られたくなかったからです。こうした中で議員ヨセフが、勇気を出して行動したのです。

最高法院(サンフェドリンユダヤ人議会)が、死刑と定めた罪人の遺体を引き取り葬るということは、そこに所属する議員であるヨセフにとって、将来的に不利益になるのです。しかし彼は、それを覚悟の上で決断したのです。主イエスの死にざまが、ヨセフを動かしたのです。 主イエスの十字架の死の中にある神の愛が、正義を求める議員ヨセフの心を動かし、正義を行う勇気を与えたのです。


投稿者 : church 投稿日時: 2019-09-22 07:25:46 (12 ヒット)

 本日の聖書 マルコによる福音書15章 節

「メシア、イスラエルの王、今すぐ十字架から降りるがいい。それを見たら、信じてやろう」一緒に十字架につけられた者たちも、イエスをののしった。」

宣教題「あなたの救いの為に生まれ〜」 牧師 新保雅雄

総督ピラトによって、主イエスは十字架に付けられることが決定しました。そして主イエスに対する陰湿な言動が始まったのです。

兵士たちが主イエスを、総督官邸の中に引いて行きました。兵士たちは、主イエスに向かって「ユダヤ人の王、万歳」と言って、主イエスを拝み、棒でたたき、唾を吐きかけるのです。

自身をつける十字架を死刑場まで運ぶことは、死刑囚の勤めです。しかし主イエスは、前夜から続く取調べと鞭打ちによって、十字架をかつげません。そのとき、ちょうど通りかかったシモンに十字架を担がせたのです。こうして主イエスは、午前9時に十字架にかけられました。罪状書きは「ユダヤ人の王」と記されました。

人々の主イエスに対する仕打ちは、とどまる所を知りません。通りがかった人々は「おやおや、神殿を打ち倒し、三日で建てる者、十字架から降りて自分を救ってみろ」。 祭司長、律法学者たちも「他人は救ったのに、自分は救えない。メシア、イスラエルの王、今すぐ十字架から降りるがいい。それを見たら、信じてやろう」。 さらに、一緒に十字架に付けられた犯罪者までののしったのです。

主イエスは、十字架に踏み止まられました。決して、十字架から降りて自分を救おうとは、されなかったのです。  この主イエスの姿を、皆さんはどう思われるでしょうか。自身を救う為ではなく。人を救うために世に来られた、ここに主イエスの愛があります。

使徒信条では、この二つの言葉が続けて記されています。「おとめマリアから生まれ」「ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け」まるで、生まれたと思ったら、すぐに苦しみを受けたかのように思えてくる。


投稿者 : church 投稿日時: 2019-09-15 07:32:28 (18 ヒット)

 本日の聖書 マルコによる福音書4章40節

イエスは言われた。「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか」

宣教題「人生の荒波」  牧師 新保雅雄

弟子たちは、舟でガリラヤ湖を対岸に漕ぎ出す。その途中で大きな嵐に遭遇する。たとえ、主イエスが共に乗っておられる舟であっても、激しい突風に吹き付けられ、高波が押し寄せてくることがあるのです。

洗礼を受けたから嵐は来ないのでしょうか。残念ながら信仰人生でも順風満帆に過ぎて行くとは限りません。人生の航海において、その半ばまで晴れ渡って、風も無く穏やかに進んでいた。しかし突然、空が曇り嵐になる。自分では、どうにも出来ない力に翻弄され、何も整えることが出来ず、ただ漂っているしか無い状態に置かれることもあるのです。

そんな時「私はクリスチャンだ。洗礼も受けている。なぜこんなにも苦難が襲うのか、神よ」と叫びたくなる。確かに同じ舟に乗っていてくださるイエスが、何もしてくださらないことに苛立つことがあるのです。

まるでこの弟子達の様に、いくら祈っても、主イエスに向かって「わたしがどうなっても良いのですか」と問い詰めたくなることもあるのです

ガリラヤ湖では、確かに、弟子たちは、起き上がった主イエスの一言によって、風が止み、すっかり凪になりました。しかし、時に私たちは、切実なる祈りにも拘わらず、さらに嵐の中に迷い込む経験をするのです。なぜなのでしょうか?

その時、主イエスは、弟子たちに向かって「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか」と言われました。弟子たちは、主イエスに従っているように見えて、実際には、心から信頼しきっていなかったのです。

舟に乗り漕ぎ出すとは、自分の命を神に献さげ任せることです。自分の手から離し切れなければ、嵐は静まらないのです。信頼することです。主イエスを口先だけで語っても、御言葉をお札のように貼っていても、何の効果もありません。自分の命を主に預けることです。


(1) 2 3 4 ... 79 »