メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 1212
昨日 : 704704704
総計 : 793547793547793547793547793547793547
投稿者 : church 投稿日時: 2022-08-14 06:35:12 (55 ヒット)

 コロナ感染状況が落ち着くまで板橋での対面礼拝は自粛致します。


しかし今週は東京西教会(母教会)はスペースのある貸し会議室での対面礼拝なので、密になりにくい上、感染対策しながらの礼拝が可能なため、母教会で合同礼拝となります。よろしくお願い致します。皆さまの上に主の祝福が豊かにありますように。


投稿者 : church 投稿日時: 2022-07-31 06:02:06 (136 ヒット)

7 月31日(日)の会堂での対面礼拝はありません。


次週8月7日(日)以降、感染状況からの対応に合わせて対応します。ご理解賜りますようお願い致します。今週も皆さんの上に主の祝福が豊かにありますように。健康が守られますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2022-07-24 06:28:31 (78 ヒット)

 7月24日(日)の会堂での礼拝はありません。


次週31日(日)以降、行政からの対応に合わせて対応しますが、今のところは安全対策しながら対面礼拝を予定しております。皆さまの健康が守られますように。


投稿者 : church 投稿日時: 2022-07-17 08:04:40 (70 ヒット)

本日の聖書  マタイによる福音書514


「あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることが出来ない。」


宣教題「地の塩、世の光」 牧師 新保雅雄


主イエスは、弟子たちに向かって「あなたがたは地の塩である」、「あなたがたは世の光である」と言われています。


主イエスは、何か条件を付けて、「もし、○○ができるならば、地の塩、世の光になれる」だからなれるように、しっかり頑張りなさい、と言われたのではないのです。


また、特に選ばれた人、才能をもった人にだけ言われた訳でもないのです。今のままの、ありのままに「あなたが、地の塩であり、世の光なのだ」と言われています。


ここに、神の恵みによる「幸い」があります。「神が、一方的に、恵みによって、私たちを選んでくださり、地の塩、世の光としてくださった。だから、相応しく生きよう」これが、生き方なのです。


救いも同じです。「何かが出来たから救われたのでは、ありません。」「救われたから神の言われるような人生を生きよう。」なのです。(出エジプト)先に神の救い恵みがあり、感謝の人生があるのです。


光は自分を照らすのではありません。 世の光としての私たちは、自分自身に光が当たることを望むのではなく。世の光として、人々を照らすことや社会を照らすことが光の役目なのです。


ですから、世の光としてのクリスチャンは、この世に仕えることが役目です。その時、光が光らしく輝くのです。また塩も自分自身のためにあるのではなく、周りの腐敗を防ぐための清めに使われる。


地の塩も世の光も、自分のためにではなく、世や人の為にこそ存在します。だからこそ、私たちは、礼拝の場から、地の塩として、また、世の光として、それぞれの働きの場へと遣わされるのです。


投稿者 : church 投稿日時: 2022-07-10 05:46:05 (82 ヒット)

 本日の聖書  マタイによる福音書53節  


「心の貧しい人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである。」


宣教題「天の国は心の貧しい人のもの」  牧師 新保雅雄


主イエスは、山上で、「幸い」についてお教えになられました。


ここで、「もし○○出来るならば、幸いになれます」などと言っておられるのではありません。既に今ある状態に対して、「あなたは幸いだ」と、主イエスは断言しておられるのです。


3節、4節にある最初の二つの「幸い」は、貧しい人、悲しむ人、この世的な判断からすれば、決して「幸い」とは言えない状態にある人々を指して言われています。この世の常識や価値観に、対抗するかのように主イエスは、「幸いだ」と繰り返していきます。


まず3節、最初に「心の貧しい人々」が挙げられています。主イエスが言われている「心の貧しい人々」というのは、直訳すれば、「霊において貧しい人々」のことです。つまり、信仰的に飢え渇いている人のことです。言い換えれば、それは、神の助けを求めている人、神の助け無しには、もう生きて行くことが出来ないほどに、深い苦しみの中に疲れを覚えている人のことです。


こうした人に向かって主イエスは、「天の国はあなたがたのものだ」と言われています。つまり「心の貧しい人々」こそが、天の国では、最も中心的な存在であり、あなたたちのためにこそ、天の国はあるのだと、主イエスは、言っておられるのです。


病院が、病気に苦しむ人のためにあるように、天の国は、神の助けを求めている人のためにこそあるのです。病気の人は自力で努力で修行で、何かが出来ることで、癒されるのではありません。


自分ではどうにも出来ずに、神の助けを祈り願う。私たちは、神の助けを切実に求め、思わず「ああ、神様」と祈らずにはおられない状態に置かれることがある、それこそが、「心の貧しい」状態です。


(1) 2 3 4 ... 95 »