メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 171171171
昨日 : 178178178
総計 : 832146832146832146832146832146832146
投稿者 : church 投稿日時: 2023-01-29 07:11:35 (10 ヒット)

 2023.1.29きんたメール第851号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『たとえ思い通りにならなくても・・・』〜お任せします〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。まだまだまだ受験シーズンです。すべての受験生とご家族の上に主の祝福が豊かにありますように。思い通りにいく、いかないなどを味わいますが、人生を豊かにする知恵で導いてくださいますように。どのような時も、主が共にいてくださいますように。一緒にいることの恵みを豊かに学んでいけますように。 


 さて、願っている通りにならない時、みなさんはどう感じますか。感じ方はそれぞれですが、中には絶望感でいっぱいになるなんてこともあるのではないでしょうか。


 どうしても自分の「都合」はなくならないので、影響を受けやすいですよね。受験も点数と言う基準によって合否があるから影響を受けやすいものとなります。


 そこで、スポットを当てたいのは、自分の願い通りにならなかった時にどうするのか。あなたはどうしますか。


 この時の気持ちを考えると、現状を受け止められる状態ではないし、簡単に切り替えられるものではないですよね。


 だから、整理する時間、現状を受け止める時間が必要です。簡単ではないし、気落ちしない方が逆に不自然な状態と言えます。つまり、落ち込んでもいいのです。


 少しでもヒントになればいいのですが、聖書から学べるのは、聖書に出てくる方々は、たとえ死の谷を歩もうとも、葛藤しながらもそこで神さまに「任せる姿勢」です。


 任せるとは、どっちに転んでも、そのままそこで神さまに向き合うことです。どこでも、どんな時も「一緒」にいてくださいます神さまに心を向けることなのです。


 その時の基準は、損得やまわりとの比較や自分のプライドが障壁になりがちです。まるで十字架にかけられたような気持ちになるからです。でも、耐えられないような十字架が、イエスさまの十字架によって変えられてしまうのです。


 基準はそれだけではないことを知ることなのです。自分の狭い思いと言う牢獄から自由になれることを知ることができます。


 それでも気落ちしますが、気落ちして当たり前だと受け止める力にもなっていきます。この経験は、人生のチカラになるものです。そして、そこから、誠実にできることをはじめていけばいいのです。


 面白いことに、思い通りにいかなかったことが、かえって良い方向に進むきっかけになるなんてことは、いくらでもあります。


 視野が狭くなりやすいだけで、そこから視野が少しでも広がれば、人生は恵みに満ちています。あなたの上に主の祝福が豊かに豊かに豊かにありますように。


「主は私の羊飼いですから、 必要なものはみな与えてくださいます。 主は私を豊かな牧草地にいこわせ、 ゆるやかな流れのほとりに導いて行かれます。 主は傷ついたこの身を生き返らせ、 主の栄光を現すことができるよう、 私を助けてくださいます。 たとえ、死の暗い谷間を通ることがあっても、 恐れません。 主がすぐそばにいて、 私の行く道をいつもお守りくださるからです。 主は私の敵の前で、 私のためにすばらしい食卓を備え、 大切な客としてもてなしてくださいます。 それは、あふれるほどの祝福です。 生きている限り、主の恵みといつくしみが、 私を追ってきます。 やがて、私は主の家に帰り、 いつまでもあなたとともに暮らすことでしょう。」詩篇‬ ‭23‬:‭1‬-‭6‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/psa.23.1-6.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2023-01-22 07:41:48 (23 ヒット)

 2023.1.22きんたメール第850号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『どんな時でも誠実さを求めて・・・』〜内面の輝きの素〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。まだまだ受験シーズンです。すべての受験生とご家族の上に主の祝福が豊かにありますように。思い通りにいく、いかないなどを味わいますが、人生を豊かにする知恵で導いてくださいますように。どのような時も、主が共にいてくださいますように。一緒にいることの恵みを豊かに学んでいけますように。 


 さて、今回はハイブリッド教会学校のメッセージ担当ですので、子どもメッセージの概略からわたしがスポットをあてたポイントを共有させていただきます。


エステル王妃 エステル記414


 今回のエステル記は、属国となったユダヤ人であるエステルが、シンデレラのように王妃に選ばれるだけではなく、そんなエステルが用いられてユダヤ人を救い出す物語りなのです。源流には信仰による「誠実さ」がポイントになっています。


 まず、何でエステルが王妃に選ばれたのか。もちろん神さまの恵みが満ちています。大きな要因は、はじめの王妃は、「王妃に選ばれたわたしは偉い」といばっていたこと。王はそれが嫌だったのです。


 でも王妃候補の人たちは、チヤホヤされると勘違いしてしまい、みんな自分が1番で、プライドが高く、候補と言うだけで威張っていたのでしょう。


 しかし、エステルはいばるのではなく、「誠実さ」がにじみ出ていたので、王の目により輝いて見えたのです。


 内面の美しさは、良い時も、そうでない時も、また自分の都合の良い時も、そうでない時も、「誠実さ」を求めるかどうかだからです。


 特にわたしたちは、思いあがったり、自分の思い通りにいかなかった時にこそ、「誠実さ」を忘れてしまいやすいからです。


 だから、とてもむずかしいことですし、うまくいかない時もあるけど、どのような時にも、そこから「誠実さ」を求めようとすること、求めて続けることが内面の美しさにつながっていくのではないでしょうか。


 エステル王妃やモデルカイの姿から、「神さま1番」の姿勢が、「誠実さ」を求めるカギになっていることが学べます。


 指をちょっと切っただけで痛いから、そんな時はケア(手当て)すると救われます。「誠実さ」は自分以外の人へもケアをしますが、「無誠実さ」は自分以外は関係ないとなります。


 この違いが、誠実なエステルやモデルカイと、反対に立場を利用して、いばって悪だくみをする大臣ハマンや以前の王妃の姿が対象的に浮き彫りになっていきます。


 でも、わたしたちの姿は、大臣ハマンとそんなに違わないのが現実です。そんな罪深いわたしたちのために、イエスさまは十字架にかかってくださいました。ユダヤ人だけではなく、全人類が救われるためです。


 わたしたちの罪(神さまを忘れてしまう)によって、自分さえ良ければいいになると「誠実さ」はないがしろになります。そんな天国の反対のものに囚われている状態にあったわたしでさえ、神さまは見捨てないのです。


 そのビックリするような大きな愛に気づいた時、わたしたちは救われます。神さまを讃美せずにはいられなくなるのではないでしょうか。わたしたちは、それぞれの与えられた場所で、どんな時でも「誠実さ」を求めていけますように求めていきたいと願っています。この時のために備えていきたいですね。


「もしも、この事態をおまえがそしらぬ顔で見ているなら、神様は別の人を用いてユダヤ人をお救いになるだろう。だが、おまえとおまえの一族は必ず滅びることになるのだ。神様がおまえを王妃となさったのは、もしかすると、この時のためかもしれない。」」‭‭エステル ‬ ‭4‬:‭14‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/est.4.14.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2023-01-15 07:43:09 (23 ヒット)

 2023.1.15きんたメール第849号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『弱いのに強いのは・・・』〜主に委ねるから〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。受験シーズンです。すべての受験生とご家族の上に主の祝福が豊かにありますように。思い通りにいく、いかないなどを味わいますが、人生を豊かにする知恵で導いてくださいますように。どのような時も、主が共にいてくださいますように。一緒にいることの恵みを豊かに学んでいけますように。 


 さて、子どもメッセージの当番シフトが第14から、第3に変更して、幼稚課合同になりましたので、以下共有させていただきます。


らいおんのなかでも ダニエル6しょう23せつ


 こんにちは。さむいですね。おうちにかえったら、「てあらい」と「うがい」はわすれないでね。


 さて、きょうはダニエルさんのおはなしです。ダニエルさんは、かみさまがだいすきです。バビロンの王さまは、みんながしあわせになるためにダニエルさんにリーダーになってもらいました。  


 ところがダニエルさんに、やきもちをやく人がいました。その人たちは「王さまにしか、いのってはいけない」というルールをつくるように王さまにおねがいしました。


 王さまが「いいよ」といえば、それをまもらないとライオンのおりの中にいれてしまうというきまりだからです。


 それで、いじわるな人たちは、ダニエルさんが、かみさまにいのるのをみると、つかまえてライオンのおりの中にいれてしまいました。


 さあ、たいへん。ダニエルさんはどうなってしまったのか。


 かみさまがまもってくれたので、ライオンはおとなしくしてます。よかった〜


 王さまはダニエルさんを、ライオンのおりからだすと、いじわるした人たちをライオンのおりの中にいれました。すると、ライオンはおおあばれしました。


 王さまは、「ダニエルさんがしんじるかみさまこそ、ほんもののかみさまです」といいました。


「王は我を忘れて喜び、ダニエルを穴から引き上げるよう命じました。ダニエルは神に信頼していたので、体にはかすり傷一つ負いませんでした。」ダニエル書‬ ‭6‬:‭23‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/dan.6.23.JCB


おうちの方へ


 寒い中ですが、暖かい日もありましたね。ちょっとあたたかいだけで、うれしくなります。同じように、わたしたちはそれぞれ「気持ち」がありますので、気持ちをわかってもらえるだけで、うれしくなります。


 今回のダニエルのお話しは、神さまを信じたからライオンに食べられなかったと言うことではなく、どんな時も、わかってくださる神さまが「一緒にいる」ことに気づくことが大切だよ。と言うことです。


 だから不安の時に一緒にいてくれることで、わたしたちの心はうれしくなります。


 ダニエルが、どんな時でも「誠実」を求めていたのは、神さまが一緒にいてくださると信じていたからです。


 わたしは目の前のことで、すぐいっぱいいっぱいになってしまいやすいので、不安な時も「誠実さ」を忘れないダニエルに学び続けたいと願っています。


今週も神さまの祝福が豊かにありますように。  


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2023-01-08 07:17:47 (20 ヒット)

 2023.1.8きんたメール第848号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『向き合うことは・・・』〜自分の十字架〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。冬でも晴れると気持ちいいですね。でも、そうではない時もあります。人生も同じですね。だから、どのような時も、主が共にいてくださいますように。一緒にいることの恵みを豊かに学んでいけますように。


 さて、ロシアのリーダーも力で従わせようとするやり方ではなく、相手を尊重する姿勢があれば、信頼関係を育てていく知恵と思いやりが土台となり、ウクライナとの関係強化ができていたことでしょう。


 しかし、力だけでは、どうすることもできない現実に、そろそろ向き合う時期がきているのではないでしょうか。神さまにプロパガンダは通用しません。


 今まではうまくいってたのに、うまく行かない。そうなると混乱しますよね。今までのやり方に捉われていますので、それが向き合うことの弊害になってしまいやすいし、向き合うことが恐いので、必死に自分にも都合良いことを言い聞かせてごまかそうとしてしまうのではないでしょうか。


 向き合えない時は、どうしても相手や周りのせいにするしかない。状況によっては誰にでも思いあたる姿ではないでしょうか。


 そんなわけで「向き合う」ことをテーマに、自分の生き方を考えてみたいと思います。向き合える人は、真実と保身の間で不安の中にあって葛藤しますが、良いことも、そうでないこともそのまま受け止めようとします。


 向き合うことは、真実を求める姿であり、ある意味、十字架を受け止めるイエスさまの姿に近いような感じですかね。弱さと自己保身のかたまりみたいなわたしが、少しでも向き合うことができますように助けて導いてください。


「それから、弟子たちに言われました。「だれでもわたしの弟子になりたければ、自分を捨て、自分の十字架を負って、わたしについて来なさい。 いのちを大事にする者は、いのちを失うことになります。しかし、わたしのためにいのちを投げ出す者は、それをもう一度自分のものにできるのです。 たとえ、全世界を自分のものにしても、永遠のいのちを失ってしまったら、何の得になるでしょう。いったい、永遠のいのちほど価値のあるものが、ほかにあるでしょうか。」‭‭マタイの福音書‬ ‭16‬:‭24‬-‭26‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/mat.16.24-26.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2023-01-01 07:29:30 (32 ヒット)

2023.1.1きんたメール第847号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『ようこそ2023年・・・」〜知恵で満たされますように。


 敬愛する皆さま、2023年になりましたね。この1年も、あなたの上に神さまの祝福が豊かにありますように。知恵と思いやりで満たされた1年となりますように。今年もきんたメールよろしくお願いいたします。それぞれお一人ひとりのすべてをご存知の主が、それぞれの場所にて必要な知恵で満たしてくださいますように


 さて、2023年は元旦礼拝からのスタートですね。自分の思い中心のわたしは、それ以上に神さまの御心のままになりますように。また御心を少しでも理解できますように助けて導いてください。そのように目指し続けていきたいと願っています。引き続き子どもメッセージは第1と第4日曜日の月2回共有させていただきます。今年1回目の子どもメッセージです。


ダニエルから学ぶ ダニエル1章 ローマ12:2


 2023年になりました。神さまのめぐみでみたされたステキな1年となりますように。 


 さて「青信号は進む」「赤信号は止まる」みんながよく知っている交通ルールですよね。でも、こんなことを言う人もいます。「赤信号みんなでわたればこわくない」ハハハ、たしかに、そうかもしれません。みんなはどう思いますか。


 ほかの人もしてるから自分だってしたっていいでしょうか。良いことならいいですよね。でも、それが悪いことだったらどうでしょうか。どうしたらよいと思いますか。


 今回はダニエルと3人のお友だちのお話しです。ダニエルたちは、神さま1番の生き方をしていました。


 だけどダニエルたちがいるバビロン王国は、神さま1番ではありませんでした。人が作った作品を神さまにしていたからです。その作品にそなえた食べ物(お肉りょうり)を食べるように王さまに言われました。それは神さまではない作品を神さまとしておがみなさいと言う意味でした。


 みんな本当の神さまではないことを知っていましたが、「それは食べれないよ」と伝えると殺されてしまうので、こわくて言えません。ほかの人もみんなそうでした。


 しかし、ダニエルたちはみんながそうしているからと言って、自分も同じようにしようとは思いませんでした。そこで神さまにお祈りしました。神さまはダニエルたちの祈りをきいて、知恵をあたえてくださいました。


 食事係の人に相談して、野菜と水だけをくださいと言いました。食事係の人は、そんな食事を出したら、ダニエルたちがやせてしまうので、わたしが王さまに殺されてしまうと心配しました。


 ダニエルたちは、「それでは10日間ためしてください」と食事係に言いました。10日たつと、ダニエルたちが1番顔いろもいいし元気でした。神さまがいつもいっしょにいて守られたからです。


「ほかの人がしているから、ちょっとくらいだいじょうぶ」と思うかもしれません。だけどダニエルたちのように、「神さまがよろこぶことなのかどうか」で行動できますように求めていきましょうね。今年1年も主の知恵と思いやりで満たされますように。主の祝福が豊かに豊かありますように。


「この世の人々の生活や考え方をまねてはいけません。むしろ、神に喜ばれることは何かを思いながら、なすこと考えることすべての面で生き生きとした、全く新しい人となりなさい。」‭‭ローマ人への手紙‬ ‭12‬:‭2‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/rom.12.2.JCB 


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


(1) 2 3 4 ... 114 »