メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 9595
昨日 : 457457457
総計 : 393180393180393180393180393180393180
投稿者 : church 投稿日時: 2019-09-08 09:04:52 (16 ヒット)

 2019.9.8きんたメール第674号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「狭い門とは・・・」〜入りにくいのではなく見つけにくいこと〜

   敬愛する皆様、いつも、ありがとうございます。残暑厳しい日が続いていますが、日曜、月曜で関東は台風15号の影響がありそうですので、情報を確認しながらお気をつけくださいますようにお願いします。こまめな水分補給を心がけてください。今、どのような状況の中にあっても、あなたは愛されるために生まれた人です。あなたは世界にたった一人しかいない大切な存在です。あなたの上に主の祝福が豊かにありますように。健康が守られますように。

  さて、今週は御茶ノ水キリストの教会の夕礼拝を担当させていただきます。そのときの聖書の箇所はピリピ(フィリピ)の信徒への手紙1:9〜11 お話の題は「知る力と見抜く力」です。以下、聖句を2つの訳を比較しやすいように書いていますので、声を出して読んでみてください。

【新改訳聖書】「私は祈っています。あなたがたの愛が真の知識とあらゆる識別力によって、いよいよ豊かになり、あなたがたが、真にすぐれたものを見分けることができるようになりますように。またあなたがたが、キリストの日には純真で非難されるところがなく、イエス・キリストによって与えられる義の実に満たされている者となり、神の御栄えと誉れが現わされますように。」

【新共同訳聖書】「わたしは、こう祈ります。知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになり、本当に重要なことを見分けられるように。そして、キリストの日に備えて、清い者、とがめられるところのない者となり、イエス・キリストによって与えられる義の実をあふれるほどに受けて、神の栄光と誉れとをたたえることができるように。」

  頭の体操:以下のようにステンドガラスのような絵がありますが、この中に星があります。どこにあるでしょうか。見つけてください。

http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20171231/24/2763764/1/354x371x24173c70ee8f16bd53ab15b8.jpg

  他の色と線で区切られているので、中々見つけられないかもしれません。

  聖書のマタイによる福音書7:13に「狭い門から入りなさい」という聖句があります。「狭い門」という言葉の使い方は、難関で入れる確率が低いというようなイメージで使われていますが、本来の意味は「見つけにくい」というイメージの言葉です。それだけ、私たちの目には魅力に感じないもののように、軽視されやすくて見つけにくいのが狭い門ということです。

  でも、聖書にはその狭い門から入りなさい。その門こそ命に通じる道であるとも言われています。まさにイエスさまの十字架こそ私たちがいつも目を向けていきたいということ覚えていたいな〜と思います。

  一人ひとり抱えている背景も立場も状態も違いますので、どの人もイエスさまだと思って(高価で尊い大事な人として)心を向けていくことで、みつけにくい狭い門がみつかるのではないでしょうか。弱さも痛みも受け止めていくことが知る力となり見抜く力となっていくのです。イエスさまにしていただいたことと同じことをしていきましょう。

  ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へお越しください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福と勇気が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・本日は礼拝後、交わりの時をもちます。ぜひ、お越しください。

祈り:それぞれいろいろな背景を抱えている導かれた新来者の救いのために。おんだ姉、すずき兄、のざき姉、ひろき兄の上に主が共にいてくださり、いつも助けて導いてくださいますように。のだ姉の歩みの上にいつも主が共にいてくださり主の平安が共にありますように。またあかや兄の働きを祝福してください。新保牧師、つのえ兄、なかや兄、なかがわ姉、なかじま兄、たつみ兄、よこやま姉、みやもと姉、アルマ姉の母の健康が護られますように。子供たちの上に主が共にいてください。あしや兄、たなか兄の働きを祝してください。もり兄、ふじむら姉の歩みの上に、かおり姉の上に主の祝福が豊かにありますように。バプテスト連盟の諸教会の上に、常盤台教会の上に、母教会の東京西教会の上に祝福が豊かにありますように。

それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝します。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。 

ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2019-09-01 07:12:21 (26 ヒット)

 2019.9.1きんたメール第673号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。。

「任せる生き方・・・」〜水に身体を任せれば浮くように〜

  敬愛する皆様、いつも、ありがとうございます。9月に入りました。大雨の影響で被害のあったお一人ひとりの上に癒しと平安で満たされますように。1日でも早い復旧がなされますように覚えてお祈りください。残暑ですので、こまめな水分補給を心がけてください。9月の月日もあなたが共にいてください。今、どのような状況の中にあっても、あなたは愛されるために生まれた人です。あなたは世界にたった一人しかいない大切な存在です。あなたの上に主の祝福が豊かにありますように。健康が守られますように。

  さて、あなたは神さまを信じる人でしょうか。それとも神さまなんかいるはずがないと思う人でしょうか。どちらであっても、神さまはあなたを愛していることに間違いありません。では神さまを信じている人は何で信じているのでしょうか。また信じない人は何で信じないのでしょうか。

  文化や環境や慣習にもよるのでしょうが、誰かが石とか木などで形作ったものを神さまのように拝む行為は、信仰心があることの証拠です。そうすることで神さまに祈る機会だと思ってる人が多いように思います。また無宗教だという人も、困った時の神頼みはしますし、お守りを持っていたりしますので、何か支えになるものは必要だと感じている人も多いように思います。

  そうですよね。生きることは予測できないこともありますし、いつも同じではありません。だから、不安も尽きませんし、事欠けば心配にもなります。傷つくこともあるし、傷つけることもあります。状況が変われば新しい悩みが生まれ、一時の安心は得られても、確かな安心というものはありません。

  それで大いなる何かに頼ろうとするのではないでしょうか。そのように人間の本質として持ち合わせているからです。その大いなる方がどんな神さまなのかがわかればよいのですが、何が難しくさせているのでしょうか。それが私の中の罪だったのです。神さまから離れさせようとする働きです。

  私は教会に行って、神さまがどんな御方なのかを知ることができました。不安はなくなったわけではないけど、無責任とは違う「任せる生き方」を知りました。水に身体を任せれば浮くし、水をかけば前に進む感じです。浮くために自分の力だけでもがけば疲れるでしょ。そのままを受け止めてくださる神さまの愛はすごいです。本物の宝です。私の救いです。どんな時もあなたを一人にしない。見捨てない。だからみんなに知ってもらいたい恵みです。

「わたしは確信しています。死も、命も、天使も、支配するものも、現在のものも、未来のものも、力あるものも、高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。」(ローマ8:38〜39)

  ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へお越しください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福と勇気が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・本日は礼拝後、交わりの時をもちます。ぜひ、お越しください。

祈り:それぞれいろいろな背景を抱えている導かれた新来者の救いのために。おんだ姉、すずき兄、のざき姉、ひろき兄の上に主が共にいてくださり、いつも助けて導いてくださいますように。のだ姉の歩みの上にいつも主が共にいてくださり主の平安が共にありますように。またあかや兄の働きを祝福してください。新保牧師、つのえ兄、なかや兄、なかがわ姉、なかじま兄、たつみ兄、よこやま姉、みやもと姉、アルマ姉の母の健康が護られますように。子供たちの上に主が共にいてください。あしや兄、たなか兄の働きを祝してください。もり兄、ふじむら姉の歩みの上に、かおり姉の上に主の祝福が豊かにありますように。バプテスト連盟の諸教会の上に、常盤台教会の上に、母教会の東京西教会の上に祝福が豊かにありますように。

それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝します。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。  

ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2019-08-25 07:32:02 (44 ヒット)

 2019.8.25きんたメール第672号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「足の裏・・・」〜あなたを支える働き〜

  敬愛する皆様、いつも、ありがとうございます。暑さもピークを過ぎて昼夜の温度差が出てきましたが、いかがお過ごしでしょうか。まだまだ湿気は高い状態ではありますので、こまめな水分補給を心がけてくださいね。今、どのような状況の中にあっても、あなたは愛されるために生まれた人です。あなたは世界にたった一人しかいない大切な存在です。あなたの上に主の祝福が豊かにありますように。健康が守られますように。

  さて、足裏マッサージ体験ということで、無料で足裏マッサージをしていただきました。片足ずつ裸足になって施術していただくのですが、オイルをつけながら指の先のツボや足裏のツボを手の指の第2関節を活用する方法でマッサージしてほぐしてくれました。痛気持ちいいという感じで、お話をしながら施術してくださいました。お話だけでも温かく癒されて楽しかったのですが、足裏の状態から私の健康状態がある程度わかるそうです。

  私の足裏を施術してくれた先生は弱視の方でしたが、足裏マッサージと出会い生活に支障のない状態まで改善されたそうです。笑顔がすてきな先生でしたので、「笑顔でも癒されます」と伝えたら、「あなたの笑顔が伝染したおかげですよ」と謙遜しながら、温かい言葉を発信する方でした。

  当たり前すぎて普段あまり意識していませんが、地面との接点となって自分の体を支えてくれているのが足裏です。だからこそ歯磨きして歯茎ケアするように毎日足裏をほぐす習慣となれば、からだケアとして健康にもよいとのことでした。あぐらをかいて座りながら自分でもできるので、足裏全体をほぐすのはとてもよいことだと教えていただきました。

  そのように私たちは自分の体を通してもいろいろな部分があって1つの体であることを知っています。小さな群れから国としての群れも同じことが言えますし、地球規模で見れば地球はいろいろな国や人種があって1つの地球なのです。足の働きから学びましょう。足を引っ張り合うよりも支え合うことを。

「体は、一つの部分ではなく、多くの部分から成っています。足が、『わたしは手ではないから、体の一部ではない』と言ったところで、体の一部でなくなるでしょうか。耳が、『わたしは目ではないから、体の一部ではない』と言ったところで、体の一部でなくなるでしょうか。もし体全体が目だったら、どこで聞きますか。もし全体が耳だったら、どこでにおいをかぎますか。そこで神は、御自分の望みのままに、体に一つ一つの部分を置かれたのです。 すべてが一つの部分になってしまったら、どこに体というものがあるでしょう。だから、多くの部分があっても、一つの体なのです。」(コリントの信徒への手紙一12:14〜20)

  ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へお越しください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福と勇気が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・本日は礼拝後、交わりの時をもちます。ぜひ、お越しください。

祈り:それぞれいろいろな背景を抱えている導かれた新来者の救いのために。おんだ姉、すずき兄、のざき姉、ひろき兄の上に主が共にいてくださり、いつも助けて導いてくださいますように。のだ姉の歩みの上にいつも主が共にいてくださり主の平安が共にありますように。またあかや兄の働きを祝福してください。新保牧師、つのえ兄、なかや兄、なかがわ姉、なかじま兄、たつみ兄、よこやま姉、みやもと姉、アルマ姉の母の健康が護られますように。子供たちの上に主が共にいてください。あしや兄、たなか兄の働きを祝してください。もり兄、ふじむら姉の歩みの上に、かおり姉の上に主の祝福が豊かにありますように。バプテスト連盟の諸教会の上に、常盤台教会の上に、母教会の東京西教会の上に祝福が豊かにありますように。

それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝します。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。  

ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2019-08-18 06:59:17 (45 ヒット)

 2019.8.18きんたメール第671号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「目からうろこ・・・」〜何が大事か見えるようになること〜

  敬愛する皆様、いつも、ありがとうございます。大型台風の影響がありました。大変な方もおられたと思います。台風や水の事故などで被害に遭われたお一人ひとりの上に安全が守られて速やかな復旧が行われますように。被害に遭われました方とご家族の上に主の癒しと平安で満たされますように。あなたは愛されるために生まれた人です。あなたは世界にたった一人しかいない大切な存在です。あなたの上に主の祝福が豊かにありますように。健康が守られますように。

  さて、「目からうろこ」のような人生の転換期は誰にでもあるのではないでしょうか。聖書の中には180度人生を変えられた人がでてきます。数えきれないほど変えられていく人がいますが、その中で「目からうろこ」という言葉の言い出しっぺである使徒パウロさんは多くの人が知っているのではないでしょうか。

  イエスさまを信じる人を迫害していた人です。律法こそが正しいと信じていたので、人よりも律法(ルール)が優先していました。優先するものが的外れになると、人をバカにしたりないがしろにすることが間違っていることだと見えません。正しいと思わせる覆いがかかっているからです。だから裁くために迫害して当然だと思っていたのです。私たちの身近なところでも同じようなことは日常茶飯事に起きています。

  しかし、そんなパウロさんはイエスさまに出会って、自分のしていることがどうも矛盾していることに気づいていくのです。しばらくは混乱しましたが、イエスさまの声を聴いて「目からうろ」が落ちるようにはっきり見えるようになり、間違っていることを認めて方向転回しました。律法も大事ですが、それ以上に愛が大事であることに気づきました。

  外面では良いと思ってしてきたことが、自分の立場を利用して立場の弱い者いじめをしている内面に気づいていきます。そのような覆いに隠れて見えなかったことがはっきり見えるようになるたとえやことわざとして以下の聖書(使徒9章)から「目からうろこ」が使われるようになったのですが、あなたの「目からうろこ」体験はいかがでしょうか。

「すると、たちまち目からうろこのようなものが落ち、サウロは元どおり見えるようになった。そこで、身を起こして洗礼を受け、食事をして元気を取り戻した。サウロは数日の間、ダマスコの弟子たちと一緒にいて、 すぐあちこちの会堂で、『この人こそ神の子である』と、イエスのことを宣べ伝えた。」 使徒言行録9:18〜20

  ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へお越しください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福と勇気が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・本日は礼拝後、交わりの時をもちます。ぜひ、お越しください。

祈り:それぞれいろいろな背景を抱えている導かれた新来者の救いのために。おんだ姉、すずき兄、のざき姉、ひろき兄の上に主が共にいてくださり、いつも助けて導いてくださいますように。のだ姉の歩みの上にいつも主が共にいてくださり主の平安が共にありますように。またあかや兄の働きを祝福してください。新保牧師、つのえ兄、なかや兄、なかがわ姉、なかじま兄、たつみ兄、よこやま姉、みやもと姉、アルマ姉の母の健康が護られますように。子供たちの上に主が共にいてください。あしや兄、たなか兄の働きを祝してください。もり兄、ふじむら姉の歩みの上に、かおり姉の上に主の祝福が豊かにありますように。バプテスト連盟の諸教会の上に、常盤台教会の上に、母教会である東京西教会の上に祝福が豊かにありますように。

それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝します。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。  

ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2019-08-11 07:14:55 (42 ヒット)

 2019.8.11きんたメール第670号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「知恵の役割・・・」〜あるべき姿を目指します〜

  敬愛する皆様、いつも、ありがとうございます。暑いですね。夏休みで9連休の方もそうでない方もおられることと思います。大型の台風9号10号の影響がでていますので、お出かけの際は天気予報を確認して、熱中対策も含めてお気をつけください。部屋にいても熱中症対策、こまめな水分補給を心がけてください。あなたは愛されるために生まれた人です。あなたは世界にたった一人しかいない大切な存在です。あなたの上に主の祝福が豊かにありますように。健康が守られますように。

  さて、日韓(韓日)関係悪化というニュースが連日流れています。様々な立場がありますので考え方も受け止め方も違うのはわかります。どの立場に立つかによって意見は様々でしょう。でも、お互いの関係について本来の「あるべき姿」こそ、まず議論すべきではないでしょうか。そこをまず共有して、対話を進めないと意地の張り合いで先に進めないのではないでしょうか。今の関係はとても悲しい気持ちになります。

  もちろん無理に仲良くする必要はありませんが、関係が悪いよりはよくした方がいいに決まっています。心にもいいでしょう。だからどちらが悪いとか、どちらが優位とかを誇示して「足を引っ張り合うこと」は、正直恥ずかしいことです。生きた知恵をつかってほしい。

  それぞれの文化も背景もありますから、難しいときもあるけど、自分本位に考えすぎないで、知恵をつかって仲良くなれるような方向につなげていくことがリーダーの役割ではないでしょうか。不買運動や必要なものを供給しないように導くのは、ただの嫌がらせで浅はかな知恵でしかありません。全くの逆効果でますます仲たがいになるための種まきをしているにすぎません。何を目指しているのでしょうか。戦争のできる国にしてはいけません。

  それぞれ国というグループの代表ですから知恵のあるリーダーとして、むしろお互いの国民から知恵と謙虚さを学んでほしい。なぜなら民間の方が仲良しの輪が拡がっているからです。国民の知恵にもっと学ぶべきでしょう。同じように、一人の人としても同じようなことは日常茶飯事に行われていますし、私も同じことをしている一人として改めて知恵を求めて学んでいきたいと思います。

「高ぶりが来れば、恥もまた来る、へりくだる者には知恵がある。」(箴言 11:2)

「隣り人を侮る者は知恵がない、さとき人は口をつぐむ。」(箴言 11:12)

「正しい者の結ぶ実は命の木である、不法な者は人の命をとる。」(箴言 11:30)

「愚かな人の道は、自分の目に正しく見える、しかし知恵ある者は勧めをいれる。」(箴言 12:15)

「つるぎをもって刺すように、みだりに言葉を出す者がある、しかし知恵ある人の舌は人をいやす。」(箴言 12:18)

  ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へお越しください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福と勇気が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・本日は礼拝後、交わりの時をもちます。ぜひ、お越しください。

祈り:それぞれいろいろな背景を抱えている導かれた新来者の救いのために。おんだ姉、すずき兄、のざき姉、ひろき兄の上に主が共にいてくださり、いつも助けて導いてくださいますように。のだ姉の歩みの上にいつも主が共にいてくださり主の平安が共にありますように。またあかや兄の働きを祝福してください。新保牧師、つのえ兄、なかや兄、なかがわ姉、なかじま兄、たつみ兄、よこやま姉、みやもと姉、アルマ姉の母の健康が護られますように。子供たちの上に主が共にいてください。あしや兄、たなか兄の働きを祝してください。もり兄、ふじむら姉の歩みの上に、かおり姉の上に主の祝福が豊かにありますように。バプテスト連盟の諸教会の上に、常盤台教会の上に、母教会である東京西教会の上に祝福が豊かにありますように。

それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝します。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。  

ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


« 1 (2) 3 4 5 ... 79 »