メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 130130130
昨日 : 152152152
総計 : 270683270683270683270683270683270683
投稿者 : church 投稿日時: 2012-10-07 07:30:48 (715 ヒット)

2012.10.7 きんたメール第320号です。 ※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「耳を澄ませてー・・・」

敬愛する皆さま

 福岡からお届けします。10月に入りました。朝晩はすっかり肌寒くなってきました。寒暖の差がありますので、どうぞご自愛くださいますように。ここのところ、教会役員の方々には毎日祈りの支援メールを送っていましたが、もちろん強制するものではないので、選択する自由を尊重します。もし自分に艱難辛苦が直面したら、きっと必死に祈るだろうと思います。同じように艱難辛苦に直面している人がいたら、そこに心を使えるように祈りを合わせたいだけです。その心を板橋キリスト教会として合わせることができたら、すばらしいハーモニーとなって響きあえると信じるからです。引き続き覚えてお祈りください。

 さて、ハーモニーと言えば、福岡の部屋の前にはたくさんの木があるのですが、そこにヒヨドリが住んでいます。結構な数で群れています。朝に限らずとってもにぎやかなです。元気に合唱しています。あまりに元気なのではじめはうるさいな〜と思いましたが、変化してくるもので、今では生活の一部になってます。ひよどりの声が聞こえると安心します。よく耳を澄ますと、誰かがリードしているのです。合唱が大きくなったり、小さくなったり、大きくなったり、小さくなったり、そして徐々に小さくなって、ピタッと合唱は終わります。見事です。

 私たちもすばらしいリーダーがいます。主イエス・キリストです。私たち一人ひとりを大切に思って くれる御方です。だから、その御方の声に耳を澄ませて賛美の合唱をしたいものです。

 そういうわけで、最優先で祈ってほしいのは、一週間の抗がん剤治療で辛い思いをしている渡辺兄のために、主の癒しが豊かにあるように。主に信頼してお任せする信仰がますます強められますように、覚えてお祈りください。

 それから、家族や、友人、知人、板橋教会、松田兄の健康が護られますように、新保牧師の健康が護られて、毎週の準備が祝福されますように。藤村姉の義弟の米井改兄の病に主がふれてくださり、癒しと平安が共にありますように。板橋教会の一人ひとりを覚えて主の祝福が豊かにありますように。覚えてお祈りください。祈りのリクエストがありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。

    皆様の上に主の祝福が豊かにありますように。

【板橋教会】・・・今週は聖餐式が礼拝の中であります。礼拝後に映画会があります。板橋教会が心を一つにして祈りの教会へと成長していくことができますように、主の霊が一人ひとりの内に豊かに働いてくださいますように。板橋教会が成長し豊かに用いられますように、必要な学びを与えてください。板橋キリスト教会ホームページのご意見・ご要望は北村までお寄せください。

 今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように。栄光在主

 


投稿者 : church 投稿日時: 2012-10-04 22:21:55 (826 ヒット)

「しあわせのじかんコンサート」のご案内  無料です


日  時:2012年10月28日(日)午後14時〜15時30分


場  所:板橋キリスト教会 会堂


内  容:手話ソング&奏楽 すてきな奏楽のとき、そして音楽を通して手話をたくさんの方々に知ってもらいたいという思いを込めて、奏でる手話ソングのときを持ちます。


奏楽者:入江 正栄先生


手話ソング:うるう〜るの仲間たち


奏楽曲目:ムーン・リバー、ある愛の詩、愛情物語、上を向いて歩こう他


手話ソング曲目:さんぽ、手のうた、世界に一つだけの花、君は愛されるために生まれた他


ぜひぜひ、お気軽にお越しください。そして、すてきなときをご一緒できたら幸いです。


あなたの上に主の祝福が豊かに豊かに豊かにありますように!


※先着100名様に限り、「思いやりの話」プレゼントします。


 


投稿者 : church 投稿日時: 2012-09-30 04:52:41 (824 ヒット)

2012.9.30 きんたメール第319号です。 ※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「祈りを合わせて・・・」

敬愛する皆さま

 板橋からお届けします。板橋教会のバプテスマ式は、原始的に川で行います。場所は関越自動車道の花園インター下車して、5kmくらいにある玉淀近辺になります。電車だと東武東上線の玉淀駅近辺です。今日は2名の兄弟がイエス様を主と告白し受洗します。どうぞ、バプテスマを受ける森兄、中島兄の上に主の祝福が豊かにありますように。そして、いつも主が共にいてくださいますように。何にもまして、主こそ我が救い、我が宝である恵みに与り、信仰によって戦い続けることができますように、豊かに護り導いてくださいますように、覚えてお祈りください。

 また、渡辺兄の治療計画が示されました。10月1日より抗がん剤治療が開始されます。1週間投与、3週間休み、1週間投与、3週間休みという2クールとなっています。腫瘍の様子を見ながら次の治療へと進みます。抗がん剤は身体に負担がかかり副作用もあります。個人差はあるのですが、1週間は相当辛いことが予想されます。このすべての治療が祝されて、辛い時に護られますように、そして主の癒しが豊かにありますように覚えてお祈りください。心からお願いします。

「小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は喜んで神の国をくださる。」ルカによる福音書12章32節

   皆様の上に主の祝福が豊かにありますように。

 




 


投稿者 : church 投稿日時: 2012-09-22 22:47:44 (867 ヒット)

【板橋キリスト教会 バプテスマ式のご案内】


2012年9月30日(日)、荒川玉淀にて礼拝およびバプテスマ式を行います。2名の兄弟(森兄、中島兄)が、バプテスマを受けます。


板橋キリスト教会午前8:50集合。午前9:00出発。※板橋キリスト教会会堂での礼拝はありません。


 わたしの罪のために主が十字架にかかってくださり死なれました。そのことによってこのような罪深いわたしが赦されました。はかり知れない主の愛を知りました。そして、3日目に復活された主によって、死から命へと導びき入れられました。わたしの人生の光です。イエス様こそわたしの救い主であり主であることを告白します。ぜひ、ご参加ください。また覚えてお祈りください。


 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」ヨハネ3章16節


 「神は、ご自分の大きなあわれみのゆえに、イエス・キリストが死者の中からよみがえられたことによって、私たちを新しく生まれさせて、いける望みを持つようにしてくださいました。」ペテロの手紙第一1章3節


 「あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです。」エペソ人への手紙2章8節                                                                  


 「もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえられてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。」ローマ人への手紙10章9節


「しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。」ローマ人への手紙5章8節


投稿者 : church 投稿日時: 2012-09-16 07:50:34 (861 ヒット)

2012.9.16 きんたメール第317号です。 ※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「心を一つに・・・」

敬愛する皆さま

 北九州小倉からお届けします。展示会で小倉に出張中です。沖縄・九州は台風16号の影響を受けています。今週も主が共にいてくださいますように。

 さて、板橋教会の料理長こと渡辺兄が体調を崩されて入院しました。また信仰の父である松田兄も手術のために入院しました。それから、いつも板橋教会と教会員一人ひとりを覚えて祈っておられる新保牧師も咽喉の調子がよくないとのことです。こういう時こそ主との対話が必要です。弱っているときこそ「強い」と言われたパウロに倣いたいと思います。それぞれ、愛する兄弟を覚えながら、癒されるように「祈りの支援」をお願いします。

「また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」

主が共にいてくださいますことを感謝します。朝起きたら主に一人ひとりを覚えて祈ってください。板橋教会が心を一つにして祈ることができるように助けてください。

【詩編91編1〜16節】

いと高き神のもとに身を寄せて隠れ   全能の神の陰に宿る人よ  主に申しあげよ

「わたしの避けどころ、砦    わたしの神、より頼む方」と。

神はあなたを救い出してくださる  仕掛けられた罠から、陥れる言葉から。

神は羽をもってあなたを覆い  翼の下にかばってくださる。 神の真は大盾、小盾。

夜脅かすものをも  昼、飛んでくる矢をも、恐れることはない。

暗黒の中を行く疫病も  真昼に襲う病魔も

あなたの傍らに一千の人  あなたの右に一万の人が倒れるときすら    あなたを襲うことはない。

あなたの目が、それを眺めるのみ。神に逆らう者の受ける報いを見ているのみ。

あなたは主を避けどころとし  いと高き神を宿るところとした。

あなたには災難もふりかかることがなく  天幕には疫病も触れることがない。

主はあなたのために、御使いに命じて  あなたの道のどこにおいても守らせてくださる。

彼らはあなたを手にのせて運び  足が石にあたらないように守る。

あなたは獅子と毒蛇を踏みにじり  獅子の子と大蛇を踏んで行く。

彼はわたしを慕う者だから   彼を災いから逃れさせよう。

わたしの名を知るものだから、彼を高く上げよう。

彼がわたしを求めるとき、彼に答え  苦難の襲うとき、彼と共にいて助け

  彼に名誉を与えよう。

生涯、彼を満ちたらせ   わたしの救いを彼に見せよう。

  皆様の上に主の祝福が豊かにありますように。


« 1 ... 57 58 59 (60) 61 62 63 64 »