メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 163163163
昨日 : 178178178
総計 : 832138832138832138832138832138832138
投稿者 : church 投稿日時: 2022-11-20 07:07:56 (57 ヒット)

 2022.11.20きんたメール第841号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『生涯学習・・・』〜分かち合い〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。寒くなってきましたね。それぞれの置かれました場にて、いろいろあるとは思いますので、良いときもそうでない時も何に頼ることが大事なのかに気づくことができますように助けて導いてください。それぞれお一人ひとりのすべてをご存知の主が、それぞれの必要を満たしてくださいますように。


 さて、教会の研修として、TCU(東京基督教大学)のオンライン連続公開講座「どこでもTCUエクステンション」の中の「聖書の地理と考古学序説I」(講師:菊池 実先生)を受講させていただきました。


 発掘されたものは、いつの時代のものか、その時代の背景や文化が確認できるので、背景を確認しながら聖書が学べました。講師の菊池先生は、現地で実際に発掘されていますので、現地ならではのトピックがさらに興味を駆り立てられて、話しに引き込まれてしまうくらい楽しい内容でした。わかりやすいから、本当に嬉しくなる講義でした。


 イスラエルの地理、地政学、気候、層、発掘調査などの特徴から、世界の中心になっている重要な地であること、多くの民族が行き交うため「緊張」と「危機」が常にあることなど、「争いが絶えない地」である理由がより理解できました。


 また、緊張する時、危機の時、または豊かな時、何に頼りますか。人生は山あり、谷あり、いろいろなことがあります。特に争いが絶えないような、怒りモードの時、何に頼りますか。アブラハムやソロモンなどの姿勢からも確認できました。


 そんな争いが絶えない地のど真ん中にイエスさまが来られたことも感慨深いものを感じました。争いがなくならないから信じられないと言う声もありますが、そんな場所に来られて、互いに愛し合うこと、赦し合うことのできる心の耕しと成長のために、身代わりとなって十字架にかかられた計りきれない愛の深さ、広さ、大きさに包まれる恵みに感謝します。


 ちなみに、そんなイスラエルの地は、毎年5億羽の渡り鳥が最期の休憩地(休まる場所)として利用する地でもあります。これもビックリしました。神さまはすごいですね。


 いろいろな学びの、講義があります。生涯学習として、そんな興味深い学びが、誰でも受講ができますので、学びたい方は、ぜひ、以下TCU 東京基督教大学のHPをご確認くださいね。https://www.tci.ac.jp/events/dexttop


「主は国々の間を裁き/多くの民のために判決を下される。/彼らはその剣を鋤に/その槍を鎌に打ち直す。/国は国に向かって剣を上げず/もはや戦いを学ぶことはない。 」イザヤ書2:4


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2022-11-13 08:04:21 (72 ヒット)

 2022.11.13きんたメール第840号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『気持ち・・・』〜和解への道〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。紅葉の時期ですが、いかがお過ごしでしょうか。また今月の27日からアドベントになります。世界中のあちらこちらでクリスマスを感じる時期になってきますね。それぞれお一人ひとりのすべてをご存知の主が、それぞれの必要を満たしてくださいますように。


 さて、「気持ち」について、少し考えてみました。「気持ち」はとてもデリケート(感受性が強く、繊細)なものですよね。


 だから、状況や状態によっては見た目の言動と「気持ち」が違う場合もありますので、「気持ち」の確認をしないと、行き違いをしてしまうなんてこともあります。そのままにすると、取り返しのつかないことになる場合もあるからです。


 感情にふれるとむずかしいけど、まずは否定せずに向き合うことを忘れないようにしたいものです。


 なぜならば、感じ方、受け止め方、影響を受けている背景など、本当にさまざまなので、同じ場所で同じことに関わっても、自分と同じように感じたとは限らないからです。


 だから、わかり合うためには、尊重する姿勢が大事ですし、「理解しよう」「聴こう』とする姿勢が求められますし、安心するまでに「時間」も「関わり」も重ねていくことも大事になるのではないでしょうか。


 また「気持ち」には、自分の「気持ち」もあるし、相手の「気持ち」もあります。自分の気持ちだけに偏ると、自分の気持ちがスッキリすることに主体がおかれやすいので、無意識に相手の気持ちは「ないがしろ」になりやすくなります。その逆も然りです。


 だから、むずかしいことですが、自分の気持ちを大事にしながら、相手の気持ちも大事にすることを求めていけるといいのではないでしょうか。そこを目指していきます。


 基本的にどの人も、「わかってほしい」「そのままを受け止めてほしい」と言う「気持ち」が根っこにはありますよね。


 なのに、相容れないと感じると、なんとむずかしいことなのでしょうか。感情論だけになってしまうと、当たり前ですが、自分の気持ちだけになりますので、この時は相手の気持ちはないがしろになりやすくなりますよね。だからむずかしいと感じています。


 また気持ちは見えにくいし、自分でも自分の気持ちをごまかしてしまうなんてこともありますので、素直になれないこともあれば、理解しにくい場合もあるので、安心して吐き出せる場所、相談できる場所、冷静になるために整理できる場所が必要なのではないでしょうか。


 そんな場所を知っている人は幸いです。それが知恵になるのです。安心の場所(わかってもらえる場所)があると、悔い改めることもできるのではないでしょうか。わかってもらえると、同じように相手の気持ちもわかろうと働らくからです。これが和解への道のように思います。学んでいきたい知恵になります。


「どのようなときにも、友を愛すれば/苦難のときの兄弟が生まれる。 」箴言17:17


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2022-11-06 07:16:39 (73 ヒット)

  2022.11.6きんたメール第839号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『いざと言う時に頼るのは・・・』〜自分を知る〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。11月に入りました。11月の月日もそれぞれお一人ひとりのすべてをご存知の主が、それぞれの必要を満たしてくださいますように。


 さて、毎月2回の子どもメッセージ1回目です。わたしたちはいざと言う時に、何に頼っているのでしょうか。それぞれの振り返りの時となれば幸いです。


ヒゼキヤ王のように II列王18-19


 みんなは、どうしていいのかわからないとき、どうしますか。何にたよりますか。


 今回はヒゼキヤ王のお話しです。ソロモン王のあと、イスラエルは2つの国(北王国と南王国)にわかれてしまいましたね。その後ヒゼキヤ王は南王国の13代目の王さまになりました。


 そのとき、世界一ケンカの強いアッシリア国がいばって、言うことを聞かない国は、ほろぼしてやるぞーとおどしていました。


 北王国の王さまはこわくなって、神さまではなくエジプトにたよってしまい、ほろぼされてしまったのです。


 南王国のヒゼキヤ王も、同じように言うこと聞かないとほろぼすぞとおどされました。


 大変です。「ヒゼキヤ王の神さまは何もできない。アッシリアはどの神さまよりも強いのだ。ほかの国の神さまも何もできなかった。お前の神さまも同じだ。お前だけ助かると思うのか、」と神さまをバカにしたのです。


 こまったヒゼキヤ王はどうしたでしょうか。神さまの言葉をあずかっているイザヤさんに相談しました。


 するとイザヤさんは、「こわいのはわかるよ。でも、神さまは必ず助けてくださいます。」と言われたのです。神さまは、何が一番大事なのか気づかせてくださいました。


 それで、ヒゼキヤ王は神さまに助けてくださいと祈りました。神さま一番で、神さまだけにたよったのです。


 すると、アッシリアは南王国に来ることもできなくなり、アッシリア軍はチカラが取りあげられてほろんでしまったのです。神さまが救いだしてくれたので、ヒゼキヤ王は心から神さまに感謝しました。


 わたしたちは、どうしていいのかわからない時、どうしますか。何にたよりますか。ヒゼキヤ王のように、いざと言う時も神さま一番にできますように、神さま助けてくださいと祈っていきましょう。


「苦しいことに出会うたび、私はあなたを呼び求めます。 すると、あなたは助けてくださるのです。」‭‭詩篇‬ ‭86‬:‭7‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/psa.86.7.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2022-10-30 06:13:19 (74 ヒット)

 2022.10.30.きんたメール第838号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


『平和って何だろう・・・』〜本当の安心の居場所はどこ〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。早いもので、10月も終わりますね。守られましたことに感謝します。それぞれお一人ひとりのすべてをご存知の主が、それぞれの必要を満たしてくださいますように。


 さて、世界が平和になるためには、どうしたら良いのでしょうか。


 世界には、いろいろな価値観や背景がありますので、とてもむずかしいことですが、これだけは間違いなく違う考え方だとわかるのは、「自分さえ良ければ他の人は関係ない」みたいな考え方ですね。


 なぜならば、上記の考え方だと、自分の思い通りにするためには、「チカラで支配するしかない」と言うことが、平和のゴールみたいになっているからです。


 でも、事実チカラは不動ではないですよね。サル山のボスみたいに基準がチカラだけになると、チカラ関係で立ち位置が変わるように、永遠ではないことが、聖書からも歴史からも学べます。独裁者をたてる組織はカタチとしてはサル山のボス型と言えるかも知れません。言論の自由はなく、独裁者の都合悪い声は排除されてしまうからです。


 では、どうしたら本当の平和を目指していけるのでしょうか。


 たとえば、クラスで考えてみると、リーダーが法律だと言うクラス。いつも顔色を伺いながら独裁者に取り入るしかないみたいになりますか、それとも対立して争いするかみたいですかね。ここでの秤は何でしょうか。


 また、極端になりますが、多様性で価値観はバラバラだけども、思いやりのあるリーダーがいて、個々が尊重されるクラス。ここでの秤は何でしょうか。


 チカラが一番のクラスか、思いやりのあるクラスか。どちらのクラスに入りたいでしょうか。わたしたちを取り巻く環境は、まだ、チカラが一番のような現実ですが、本当は思いやりのある場を求めているのではないでしょうか。


 入りたいクラスの土台になっているものが、あなたの目指したい生き方になるのかもしれないですね。チカラも使い方によってはすごい働きにもなりますから、思いやりが土台にあると素晴らしいチカラになります。


 極端なたとえでしたが、「人としての温もり」があるところに安心の居場所があり、平和もあるように感じますが、みなさんはいかがでしょうか。そのために十字架の愛が必要です。思いやりの根源だからです。


「なぜなら、あなたがたが接するのと同じ態度で、相手も接してくるからです。」‭‭マタイの福音書‬ ‭7‬:‭2‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/mat.7.2.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2022-10-23 05:29:43 (163 ヒット)

 2022.10.23きんたメール第837号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


『バトンタッチ・・・』〜思いやりのココロ〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。世界は不安でいっぱいですね。大義のないウクライナ侵略にロシア国民も気づいているのに、「力」が神さまになっている国家体制の前に何もできないのか。とさえ思わされる中、武力が削がれてくると、国民よりもメンツ一番の権力者は何をするのかが、注目されてきている状況になってきました。


 まずは「ウクライナの皆さま、また何だかんだと理由をつけて、一部をチカラづくでロシア化している、すべての国の皆さま、ごめんなさい。すぐ撤退します。償いきれないけど、ずっと補償していきます。」と潔く撤退するしかないのに、ロシアの司教も強盗みたいなやり方を支持しないで、十字架の愛の前で目を覚ましてほしいところです。


 さて、月2回の子どもメッセージ2回目です。メンツのバトンタッチではなく、思いやりのココロのバトンタッチをしてほしいと願いながら、自分もプーチンやロシアの司教の立場にいたら、同じことをするかもしれないので、メンツよりも大事なことを目指していけるようにと、言い聞かせています。それぞれの必要をご存知の主が豊かに導いてくださいますように。


バトンタッチ I列王19:19-21II列王2:1-18


 みんなは伝言ゲームやリレーをしたことがありますか。次の人に「よろしく」とバトンをわたしますよね。バトンをわたされた人は、自分の役割と目的を忘れないようにして、次の人にバトンタッチします。


 今日は神さまの伝言(神さまの愛を忘れないでね〕をあずかっていたエリヤさんから、バトンタッチされたエリシャさんのお話しですが、ビックリするくらい、たくさんの時代をこえて、神さまの言葉を伝言する人がバトンタッチしてきました。


 今の教会にもバトンを受けた牧師さんや教会の方々が、神さまの愛を伝えてくれるので、毎週日曜日に教会に集まって礼拝をしています。すごいでしょう。実はみんなも、神さまの愛のバトンをうけているんですよ。


 では、なぜ? 神さまの言葉を伝える人が必要だと思いますか。大事なことが3つあります。


,修譴呂錣燭靴燭舛神さまを忘れないためですね。それだけ忘れやすいからです。


△泙仁呂笋金が一番だったり、木や石や金で作ったものを神さまだと言う人もいますので、わたしたちがかんちがいしないで、いつも本当の神さまに心がむけられるように見分ける目と知恵を学ぶためです。


そして、一番大事なのは、わたしたちの罪のために十字架にかかってくださいましたイエスさまを忘れないためですね。


 この十字架の愛は、人としてのココロをとりもどすことができるからです。ココロがあると、相手を思いやるココロがはたらくからです。


 それでもわたしたちは、忘れやすいので、神さまの言葉を伝えてくれる牧師さんやココロのある人をその時代に合わせて、神さまは与えてくださいます。


 エリヤさんから神さまの愛を学んでひきついだエリシャさんのように、わたしたちも、十字架の愛を忘れないように、まわりの人に思いやりのバトンタッチしていきたいと思います。


「主に仕えたために、今こうして牢獄につながれている私からお願いします。このようにすばらしい神の祝福を受けるために選ばれたあなたがたは、それにふさわしく生活し、行動してください。 謙遜で柔和な人になってください。愛をもって互いの欠点を思いやり、互いに忍耐してください。」‭‭エペソ人への手紙‬ ‭4‬:‭1‬-‭2‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/eph.4.1-2.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 114 »