メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 414414414
昨日 : 2066206620662066
総計 : 1001330100133010013301001330100133010013301001330
ニュースレター : 『十字架の愛の秘密・・・』〜変わらない神さまの愛〜
投稿者 : church 投稿日時: 2024-04-21 07:30:26 (58 ヒット)

 2024.4.21きんたメール第916号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


『十字架の愛の秘密・・・』〜変わらない神さまの愛〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。台湾に続いて四国を中心に大きな地震がありました。被災されましたお一人ひとりに主の癒しと温もりで満たされますように。見えないところで、それぞれが抱えています気持ちに寄り添うことができますように。また世界のお一人ひとりが争い合うことから自由にされて、むしろ尊重し合う心を求めることができますように。わたしたちを助けて導いてください。すべてをご存知の主がお一人ひとりに愛を示してくださいますことに感謝いたします。


 さて、「十字架の愛の秘密」について、考えてみたいと思います。


 まず十字架とは、罪人をはりつけにする刑具のことですよね。当時は罪の代価として処刑の刑具とし使用されていたのです。つまり「救いのない絶望の象徴または代名詞」とも言えます。


 しかし絶望の象徴であった十字架を、まったく違う見方に変えてしまったのが、神さまの救いのご計画だったのです。


 それだけ、わたしたちの見方、視点は狭いのです。だから視点が変わったり、広がったりするとガラリと受け止め方も変わってしまうのです。大なり小なり、そのような経験をされたことがあるのではないでしょうか。


 ここで共有したいポイントは、わたしたちはそれぞれ視点が狭いと言うことです。狭いと表現すると反発したくなりますよね。ごめんなさい。ただ自分にとっては当たり前になっている見方なので、気づかないことが多いのですが、ほかの人と確認し合うと同じものを見ても、感じ方も受け止め方も、そのように感じてしまうそれぞれの背景も全然違うことがわかります。


 このように確認し合う場があると自分の視点には限りがあるので、さまざまな視点に出会うと面白いのです。違うと言っても、自己否定するためではありませんし、ほかの人を否定するためでもありません。自分のような見方もできるし、ほかの人の見方に触れて、そんな見方もあるんだと視野が広まると、また新たな見方が養われることを楽しめるようになるからです。尊重し合いながら違いを楽しみたい、視野を広げたいと言う目的があると素敵だと思います。


 そう言うわけで、「絶望の象徴」の十字架が、イエスさまによって「愛と希望といのち」の象徴にガラリと変わってしまうように、わたしたちの普段の思いこんでいる見方からも自由にされて楽しめるように心を耕されていきたいと思います。


 ゆえに「十字架の秘密」は、わたしたちそれぞれに完全な居場所となる「救い」があるのです。ご一緒に「神さまの愛」を受けていきましょう。あなたは大切な存在です。


「神の愛から私たちを引き離すことができるものは何一つない、と確信しています。死もいのちも、そんなことはできません。天使にもできません。地獄の全勢力が結集しても、神の愛から私たちを遠ざけることはできません。恐れも、不安も同様です。」‭‭ローマ人への手紙‬ ‭8‬:‭38‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/rom.8.38.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


印刷用ページ