メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 2626
昨日 : 704704704
総計 : 793561793561793561793561793561793561
ニュースレター : 『本物を見分けるために・・・』〜知恵を求めていきましょう〜
投稿者 : church 投稿日時: 2022-08-07 07:00:27 (52 ヒット)

 2022.8.7きんたメール第826号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『本物を見分けるために・・・』〜知恵を求めていきましょう〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。天候不順で大雨の影響を受けたエリアの安全が守られますように。気温の変化も大きいので、どうかご自愛くださいますように。熱中対策しながら、コロナ感染対策もしていきましょう。それぞれお1人ひとりの必要をご存知の主が満たしてくださいますように。


 さて、8月に入り最初の日曜日です。8月の月日も守られますように。月2回の子どもメッセージ1回目の今回は、本物の神さまについて、一緒に考えていきたいと思います。


本物の神さまについて 使徒17:16-34


 みんなは図工の時間に、紙粘土で何か作ったことがありますか。たとえば神さまをイメージして作品をつくっても、それは神さまではなく、人がつくった作品になりますよね。


 今日のお話しは、同じように人が作ったものを神さまだと言っていた人たちがたくさんいるアテネの町での出来事です。


 みんなは人が作った作品を神さまだと思いますか。いくら金や木や石でうまく作っても、またいくら大きく作ったとしても、それは人の作ったもの(作品)ですね。


 作品だから自分で動くことも、話すこともできません。本物の神さまではないので何のチカラもありません。


 でも、この町の人たちは、誰も本物の神さまのことを教えてくれる人がいなかったので、人が作ったものを神さまにしていたのです。神さまが必要なのは知っていたのです。


 本物の神さまは、宇宙や地球をおつくりになり、わたしたち1人ひとりを大切な人として、いのちを与えてくださるお方です。わたしたちが生きるのに必要な愛や知恵や空気や水や食べ物などを用意してくださいます。


 だから、わたしたちは神さまの愛と恵みの中に生かされています。神さまを知らない時はそのことに気づかないで自分のチカラで生きているとかんちがいしてしまいます。


 そこでパウロさんたちは、神さまがどれだけあなたを大切に思っているのか、本物の神さまについてわかりやすく伝えたのです。


 そのためイエスさまの十字架のお話しを聞いた人の中には、十字架にかかるような神さまなんて弱いとバカにする人たちもいましたが、神さまから離れていた状態(罪)から救い出すために十字架にかかってまで愛を教えてくれる神さまを信じる人たちも増えていきました。


 同じように自分にとっては、おもしろくないようなことの中に、実はすごく大事なこともかくれていますので、神さまにただしく理解できる知恵を求めていきましょう。


 なぜならば知恵は、神さまの恵みにあふれていることに気づかせてくださいます。そして本物の神さまを見分けるこころも与えてくださいます。


 人が作ったものは神さまではなく、わたしたちをつくってくださった御方が神さまなのです。夏休みの時も神さまの愛と知恵で満たされますように。


「「イエス様は私たちを救うために死んでくださった」ということばが、滅びゆく人々にはどんなに愚かに響くか、私にはよくわかっています。しかし、救われた私たちは、これが神の力そのものであると認めるのです。」


コリント人への手紙‬ ‭1:18‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/1co.1.18.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


印刷用ページ