メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 125125125
昨日 : 251251251
総計 : 776667776667776667776667776667776667
ニュースレター : 『寄り添う心・・・』〜安心の場所に〜
投稿者 : church 投稿日時: 2022-03-27 06:59:28 (71 ヒット)

 2022.3.27きんたメール第807号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。


 『寄り添う心・・・』〜安心の場所に〜


 敬愛する皆さま、いつも、ありがとうございます。春の前は気温の温もりと寒さを行ったり来たりしますが、春の訪れをたしかに感じることができますね。ウクライナにも早く春が来ますように。患難辛苦の中にいます1人ひとりの上に癒しと希望で満たされますように。お1人ひとりの必要をご存知の主が豊かに導いてくださいますように。


 さて、この時期は、卒園卒業、入園入学、進級進学、異動など環境の変化の時期でもあります。おわりとはじまり、別れと出会い、不安と期待などそれぞれ置かれた場所でさまざまなですね。もうすぐイースターです。どんな時も共通して必要なのは『寄り添う心』です。


 情報統制みたいに、いつも同じ情報だけ、都合の良い情報だけ、いつもと同じパターンの方が安心だと思いますが、気づかない内にそれ以外は聴く耳がなくなってしまう可能性があります。


 寄り添うことは、相手の声に聴こうとする姿勢からはじまります。


 そのままの自分を、そして相手を受け止められるようになるために、わたしたちは知らず知らずの内に、さまざまな関わりから学んでいます。


 寄り添うことは、わたしたちに必要なことだと実感しています。だから、寄り添えないような時は心が不安定になりますよね。場合によっては不安定を受け止められなくて荒れてしまうなんてことにもなります。


 自分中心に軸を置いているのがわたしたちの姿ですが、その軸が少しでも自由になれると違う景色が見えてきます。


 いろいろなことがあり、キズついて、人との関わりができない人もいます。でも本当は人と関わりたいのではないでしょうか。でもまたキズつくと自分に自信がなくなるようで不自由な状態になっているのです。そのような状態の時は寄り添う心が自由にするチカラになります。キズが深ければ時間はかかりますが、だからこそ寄り添う心が必要です。


「重い束縛を受けて、疲れはてている人たちよ。さあ、わたしのところに来なさい。あなたがたを休ませてあげましょう。」‭‭マタイの福音書‬ ‭11:28‬ ‭JCB‬‬ https://bible.com/bible/83/mat.11.28.JCB


 ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。


 どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へご連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


印刷用ページ