メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 489489489
昨日 : 653653653
総計 : 544759544759544759544759544759544759
ニュースレター : 支え・・・〜から目を離さないようにしよう〜
投稿者 : church 投稿日時: 2020-09-13 07:29:05 (20 ヒット)

2020.9.13 きんたメール第728号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「支え・・・」〜から目を離さないようにしよう〜

  敬愛する皆様、いつもありがとうございます。天候も不安定で局地的雷雨などが発生しています。最新情報を確認しながら安全対策を心がけてください。秋を感じる気候になってきましたが残暑もあります。熱中症とコロナ禍対策をしながら、思いやりの心は忘れないように皆様が元気に乗り越えていけますよう心からお祈りします。それぞれの状況に合わせて主が必要で満たされますように。

  さて、私には4つ下の弟が1人います。彼は生まれて3週間後にベッドから落ちてしまい、打ち所が悪かったために脳内出血がひどく一時生死をさまよう重体となりました。地元の小児科では手に負えず、大きな病院を紹介してもらい大手術の末、命は守られました。しかし、その後右半身不随であることがわかり、就学前まで入退院を繰り返し治療とリハビリをしていました。そのため知能にも影響があり、運動能力も低いこともあり、小学校は特殊学級にお世話になりました。とにかく知能と運動能力が低いので、当時はこういった状態や背景をなかなか理解してもらうことも、その状態を伝える知恵も知識もない状態でした。

リハビリで生活はできるくらいまで改善しましたが、右と左では握力が全然違うので、両手でものをもたなくてはならない場合、どうしても右側の力がないので落としてしまうのです。だから背景や状態がわからないと「何やってんだ」と責められてしまうのです。心にも相当負荷になっていたと思います。義務教育中も学校では手に負えないとなぜか更正施設に入所させられることもあり、「無理解」と言う中で生きてきたのです。

ですので進学もできず、16歳からバイトをはじめます。そんな状態ですから長続きしないで引きこもる時期もありましたが、それでもできそうなバイトを探して、働いても誤解されては辞めるを繰り返し、どれだけ転職したのか本人もわからないほど理解のある居場所はありませんでした。しばらくは「自分なんか価値がない」と荒れてしまいましたが、主が支えてくださり、そのような中で身に着けたのは「何を言われても気にしない」ということでした。本当は平気ではないはずだし、落ち込んでもおかしくない状況なのに、なぜか、どんどん明るくて能天気な性格になっていったのです。一緒にいると楽しくなるのです。

そんな弟も7〜8年前から理解のある職場で楽しく仕事をしています。こんなに長く続けられるのは私からみるとギネス級です。障害をもった人が安心して働けるのと、個々への理解があるということが「居場所」となり、天国のように神さまの恵みで溢れている職場です。もっとビックリしたのは、同じ職場で出会った方と昨年結婚し温かい家庭を築いています。経済的には決して楽ではないけど、「一緒にいる」こと、「理解し合える」ことという「愛の支え」があることで、ますます明るく能天気な弟が微笑ましいです。

弟を通して「無理解」への理解と「一緒にいる」ことのすごい恵みと、「理解し合える」という関係の温かさがどれだけ大切なことかを学ばせていただいています。神さまは不思議な方法で支えてくださっています。

「主は倒れようとする人をひとりひとり支え/うずくまっている人を起こしてくださいます。」詩編145:14

  ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へ連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福と勇気が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・コロナ禍の影響による不安がありますので、安全対策しながら礼拝を行っています。手洗い・うがい・アルコール消毒・マスク・ソーシャルディスタンスなどの細心の注意と対策を心がけましょう。不安に思う方は無理せず、それぞれの場所から神さまに賛美と祈りと感謝の礼拝をしましょう。お問い合わせは教会までお願いします。

祈り:被災された一人ひとりの上に、癒しと平安で満たされますように。新型コロナウィルスによって様々な不安とストレスを抱えています一人ひとりの上に健康が守られますように。罹患されました方やご家族の上に主の癒しが豊かに注がれますように。そのほかにもいろいろな背景を抱えているお一人ひとりの上に主の癒しと平安で満たされますように。むろい姉、よねやま姉、おんだ姉、すずき兄、のざき姉、ひろき兄の上に主が共にいてくださり、いつも助けて導いてくださいますように。のだ姉の歩みの上にいつも主が共にいてくださり主の平安が共にありますように。またあしや兄、たなか兄、あかや兄の働きを祝福してください。新保牧師、つのえ兄、なかや兄、なかがわ姉、なかじま兄、たつみ兄、よこやま姉、みやもと姉、アルマ姉の母の健康が護られますように。子供たちの上に主が共にいてください。もり兄、ふじむら姉の歩みの上に、かおり姉の上に主の祝福が豊かにありますように。バプテスト連盟の諸教会の上に、常盤台教会の上に、母教会の東京西教会の上に、すべての教会とすべての人の上に祝福が豊かにありますように。

それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝します。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。

ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


印刷用ページ