メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 142142142
昨日 : 218218218
総計 : 306999306999306999306999306999306999
ニュースレター : 自己受容・・・〜変わらない愛が一緒だから〜
投稿者 : church 投稿日時: 2018-09-16 08:10:14 (40 ヒット)

 2018.9.16きんたメール第624号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「自己受容・・・」〜変わらない愛が一緒だから〜

  敬愛する皆様、いつも、ありがとうございます。自然災害で被害を受けましたお一人ひとりの上に安心と安全が確保されますように。心身に負荷がかかっていますから、不安とストレスの中にあるすべての人の上に主の癒しと平安が共にありますように。

  さて、見た目にはわからない内面に、いつも不安で胸が締め付けられるという辛さを抱えている人がいます。とてもきつい状態です。私も神さまの愛を知るまでは同じように感じていました。不安が支配するとき、焦りやら、失敗への恐れなどが、掻き立てるように煽ってきますので、対処できない自分はダメな奴だと自己嫌悪になり、自分に自信がまったくもてませんでした。

  わたしはこの世が生み出した変動する基準しか知らなかったので、何かと比較して一喜一憂しながら劣等感といつも一緒にある生き方をしてきました。この生き方はとてもつらい生き方です。なぜならば自分自身をそのままで受け止めることができないからです。自分がきらいという生き方は、当然幸せではありませんでした。

  しかし、そのような状態しか知らないので、そこにとどまり、そこから抜け出すこともできませんでした。まさに心は牢獄。奴隷状態です。このときの私の心には神さまが入る隙間がまったくありませんでした。しかし、私の心の一番奥では言葉にならないうめきと共に救いを求めていたのです。

  その声を神さまが聞き逃すことはありません。思いもよらぬ不思議な方法で神さまの愛を知った時、私は自分で自分を嫌がっていた生き方から、そんな自分を受け入れる生き方へと変えられました。なぜならば神さまがこんな私を「よし」として丸ごと受け止めてくださったからです。それで徐々にわたしも自分で自分を受け止めていくことができるようになったのです。そのためにイエスさまが十字架にかかってくださったことを知り、本物の愛にふれたのです。

「何よりもまず、心を込めて愛し合いなさい。愛は多くの罪を覆うからです。」ペトロの手紙一4:8

  ぜひ、ご一緒に教会で神さまの愛を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へお越しください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福が豊かにありますように。主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・今週は礼拝後、交わりの時があります。

祈り:導かれた新来者の救いのために。のだ姉の歩みの上にいつも主が共にいてくださり主の平安が共にありますように。またあかや兄の歩みを祝福してください。なかじま兄の健康が護られますように。新保牧師、つのえ兄、なかや兄、なかがわ姉、なかじま兄、たつみ兄、よこやま姉、みやもと姉の健康が護られますように。子供たちの上に主が共にいてください。あしや兄、たなか兄の働きを祝してください。もり兄、ふじむら姉の歩みの上に、祝福が豊かにありますように。常盤台教会の上に、母教会である東京西教会の上に祝福が豊かにありますように。

それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝します。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。  

ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


印刷用ページ