メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 5959
昨日 : 154154154
総計 : 307605307605307605307605307605307605
ちょっと温まる話 : 思いやりの話
投稿者 : admin 投稿日時: 2011-07-05 22:21:18 (1072 ヒット)

ある人が、神様に「天国が見たい」とお願いした。
神様は、「いいよ、見て来てごらん」と言ったので、
きっと、すばらしいところなんだろうなぁーと思い、 その人は天国を見に行った。
そこには、大きなテーブルに おいしそうな食事が並んでいた。

その人は、「では地獄はどうなんだろう」と思って、 神様に「地獄も見せてほしい」とお願いした。
神様は「いいよ、見て来てごらん」と言ったので、 その人は、地獄も見に行った。

目をそむけたくなるように、ひどいところ なんだろうなぁと思っていたが・・・・・

そこには、大きなテーブルに おいしそうな食事が並んでいた。
あれれ???「天国も地獄も同じじゃないか」 その人は、神様に文句を言った。

すると神様は「よく見てごらん」と言った。

よく見ると、天国にも地獄にもたくさんの人がいた。
そして、どういうわけか、みんな手に とてもなが~い箸がくくりつけられていた。

 

地獄の方のテーブルについている人は、 並んでいるおいしそうな食事を箸でつまむけど、
みんな 自分の口に入れることばっかり考えていた。
それで、箸がながすぎるので結局、口にする ことができずに、みんな飢えていた。

天国の方のテーブルについている人は 同じように、おいしそうな食事を 箸でつまむけど、
みんな自分の口には入れずに、 隣の人の口に入れ合って、
楽しそうに、
おもいやりをおいしく味わっていた。

 

「天国と地獄」は、いまの心の状態のことで、 自分のことばっかり考えてしまう時は、
実は自分の心が地獄みたいなんだって!

だけど、どんな時も「相手を思いやる」とき 心の中は天国みたいなんだって。

忙しかったり、あせってしまったり、 イライラしてしまうときなどもあって、
思いやることがむずかしいときもあるけど、 いつでも、だれでも、どんなところでも
天国の食事には自由に与ることはできるんだよ。 という「おはなし」です。

 

心の食事いかがですか?

分けたら、ふえるのが 「おもいやり」 あなたが、ハッピーでありますように。


印刷用ページ