メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 109109109
昨日 : 371371371
総計 : 762668762668762668762668762668762668
投稿者 : church 投稿日時: 2022-05-15 06:42:19 (68 ヒット)

 本日の聖書   使徒言行録135


「イエスは苦難を受けた後、御自分が生きていることを、数多くの証拠を持って使徒たちに示し40日にわたって彼らに現れ、神の国について話された。そして、彼らと食事をされていたとき、こう命じられた。「エルサレムを離れず、前にわたしから聞いた。父の約束されたものを待ちなさい。ヨハネは水で洗礼を授けたが、あなたがたは間もなく聖霊によるバプテスマを授けられるからである。」」


宣教題 「準備の時」  牧師 新保雅雄


4月〜5月にかけて新緑の時、秋に樹木の葉が枯れて抜け落ち、長く寒い冬の間、枯れていたように見えた樹木から、若葉、青葉が美しく新芽を出す。人の目にうつる樹木は、一見死んでしまったかのように見える。、静かに春への命の準備がされています。自然界に一時目を留めて見て下さい。命の尊さ弱さ強さが見える。


神の働きも、この自然界における命の準備に例える事が出来る。神の国は主イエスの十字架の死後、木の葉が枯れ落ちてなくなるように見える。弟子達は、全てが終わってしまった絶望の中にいた。しかし、そこには次の時代へ続く準備がされていたのでした。


主イエスは、十字架の後、復活され40日間にわたって弟子達にその姿を確かな証拠を持って現されました。確かな証拠とは、手や足やわき腹の傷の跡を見せられ、神の国について宣教されました。


そして言われた「エルサレムを離れず前にわたしから聞いた、父の約束されたものを待ちなさい。ヨハネは水で洗礼を授けたが、あなたがたは間もなく聖霊による洗礼を授けられる」(使1:4)


主イエスの復活の後の40日間は、弟子達に神の国について教える40日でした。では神の国とはどういう国でしょうか? 


「神の国は、見える形では来ない。「ここにある」「あそこにある」と言えるものでもない。実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ。」(ルカ17:20)


あなたの間とは、あなたの心の中にあるということです。復活の後、主イエスは聖霊となられ、あなたの心の中を神の国として宿られるのです。祈りつつ主イエスが宿られる準備をしたい。


投稿者 : church 投稿日時: 2022-05-08 06:05:05 (70 ヒット)

 本日の聖書 使徒言行録23738


「ぺテロは彼らに言った「悔い改めなさい。めいめいイエスキリストの名によって洗礼を受け罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。」」


宣教題「リヴィバル」


聖霊に満たされたぺテロは語ります。主イエスこそ約束された、死の苦しみから復活されたメシア、キリストである。


それを聞いた人々は「私たちはどうしたらいいのですか」ぺテロは言われる「悔い改めなさい」 三千人もの人が洗礼を受け群れに加わった。こうして初代教会が立ち上がる。悔い改めは自身の意志と努力ではなく、聖霊の働きなしには起こらない。


投稿者 : church 投稿日時: 2022-05-01 05:35:35 (85 ヒット)

 本日の聖書 使徒言行録11315


「彼らは都に入ると、泊まっていた家の上の部屋に上がった。彼らは皆、婦人たちやイエスの母マリア、またイエスの兄弟たちと心を合わせて熱心に祈っていた。そのころ、ぺテロは兄弟たちの中に立って言った。百二十人ほどの人々が一つになっていた。」


宣教題「一つ祈りの教会」 牧師 新保雅雄


主イエスの十字架のあと弟子たちは人目を避けるようにひっそりと寄り添っていた。最初の教会は弱い群れから始まった。


しかし彼らには祈りがあった。心を合わせて祈った。主イエスは言われる「心を一つにして、私の名によって祈り集まる所に私もその中に私もいる」


その後、弱い群れから外に出て行く強い群れへと変わって行く、この先人たちの祈りが今日の全世界の教会になって行く。


投稿者 : church 投稿日時: 2022-04-24 06:58:54 (109 ヒット)

本日の聖書  ルカによる福音書243032


一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンをとり、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。「二人は『道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか』と語り合った」


宣教題「御言葉が十字架と共に」  牧師 新保雅雄


主イエスが十字架につけられた三日後の日曜日 、二人の弟子がエルサレムからエマオへ向かって歩きながら、主イエスの十字架と復活について熱く語り合っていました。


そこに主イエスが近付いて来て一緒に歩かれたのです。しかし、二人の弟子達には、その方が主イエスだと気づかなかったのです。


エオマの近くまで来ましたが、夕方になり日が沈みかけてきたので、彼らは主イエスを引き止め、一緒に泊まることにしたのです。


その夕食の席で主イエスは、パンを取り、讃美の祈りを唱え、パンを裂いて、この二人の弟子達に、お渡しになりました。


その瞬間、二人の弟子たちは目が開き、その人が主イエスだと分かったのです。そしてエマオに向かう道中で、主イエスと語り合った時、自分たちの心が燃えていたことを思い起こしました。


エオマへ向かうとは、人生の旅路を意味します。主イエスは、あなたの人生の旅路を、あなたと共に歩み、聖書を説き明かして下さる。


いま私たちは、主イエスを見ることはできません。しかし、聖書を読む時、礼拝の時、祈りの時、そして聖餐式によって、生きた信仰になり、人生の指針になるのです。主、我と共にあり。


主イエスは、あなたと共に、あなたの人生を歩んでおられます。次週は聖餐です。主イエスは、あなたの心の目が開くのを待っておられます。心から祈って求めて下さい。主イエスの御声があなたの心に響くでしょう。


投稿者 : church 投稿日時: 2022-04-17 00:14:18 (61 ヒット)

 本日の聖書 ヨハネによる福音書651


わたしは、天から降って来た生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。わたしが与えるパンとは、世を生かすためのわたしの肉のことである。」


宣教題「わたしは復活であり命である」  牧師 新保雅雄


主イエスは言われた。「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。」(11:25


私達の神は、死んで人の手で石や木に刻まれたり、紙に墨で書かれた神ではありません。それらは、人間の手によって造られた作品です。ましてや太陽や月、山河といったようなものでもありません。 


それらは神ではなく、神によって創造された被造物、作品なのです。被造物や人の手の作品を信じて何の益があるでしょうか。


神の作品を信じるのではなく、神そのものを信じるとき人知では計り知れない益があるのです。それが奇跡といわれるものです。私達の神は、死んだ神ではなく、死んで甦られた生きた神なのです!


八百万の神といわれるように、世には、その数だけの沢山の苦しみや悩みがあります。しかし、本当の神を知らない人間は、様々な偶像を作り出し益々悩みの中に、入り込んでいくのです。そして救いが肉の欲望の満たしのようになっていくのです。まことの救いとは、人の努力では手に入らない、神によるあなた自身の命なのです。


主イエスは言われます「人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。」(マタイ16:26)神は、天上高くから「こうしろあうしろ、わたしを信じなさい。ここに昇って来なさい」とは言われません。神御自身が天から世に降られて人となられ、自らが「神を信じる生き方とは、こういう生き方だよ。」とわたし達に真の神を示されたのです。ここに神の愛があります。


「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」(ヨハネ3:16)生きるとは、何か? それはキリストが示されました。


« 1 (2) 3 4 5 ... 94 »