メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 9494
昨日 : 457457457
総計 : 393179393179393179393179393179393179
投稿者 : church 投稿日時: 2019-07-28 07:43:18 (48 ヒット)

 本日の聖書  使徒言行録3章2〜8節

生まれながら足の不自由な男が運ばれて来た。神殿の境内に入る人に施しを乞うため、毎日「美しい門」という神殿の門のそばに置いてもらっていたのである。彼はペトロとヨハネが境内に入ろうとするのを見て、施しを乞うた。ペトロはヨハネと一緒に彼をじっと見て、「わたしたちを見なさい」と言った。その男が、何かもらえると思って二人を見つめているとペトロは言った。「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」そして、右手を取って彼を立ち上がらせた。すると、たちまち、その男は足やくるぶしがしっかりして、躍り上がって立ち歩きだした。そして、歩き回ったり躍ったりして神を賛美し、二人と一緒に境内に入って行った。

宣教題「人頼みから神頼みへ」  牧師 新保雅雄

ペトロとヨハネは、神殿の「美しい門」で、足の悪い男が物乞いをしているのを見た。彼は門のそばにいたが、一度としてその門をくぐって神殿に入り礼拝を奉げ、神を讃美することは無かった。

門のそばに座り、わずかな施しのお金で、その日を生きるのである。それは人の支えによって生きる40年であった。しかし、二人のキリスト者に出会うことによって、まったく新しい人生へと方向転換して行くのである。彼は、生きる意味と生きる力、生きる目標を与えられた。「人頼みから神頼みへ」と変えられたのであった。

その変化を呼び起こしたのが、「ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい」と呼びかけたペテロの祈りの様な言葉である。彼の望んだ物は金銀、そして今日のパンであった。彼の命は人頼みである。ペトロは、人にすがるのではなく、神の御子イエスの生きたパンを求めていきなさい、と呼びかけたのである

そのとき奇跡が起きる。彼は自分の足で、自分の人生を歩き出したのです。彼の信仰ではなく、ペトロの祈りで救いが起きるのです。今日、私達が不純な動機で、教会に来たとしても、神は全てをご存知である。私達の願いや信仰よりも、神の救いが先にあるのである。


投稿者 : church 投稿日時: 2019-07-21 08:57:04 (43 ヒット)

 本日の聖書  ルカによる福音書17章11〜14節

イエスはエルサレムへ上る途中、サマリアとガリラヤの間を通られた。村に入ると、重い皮膚病を患っている十人の人が出迎え、遠くの方に立ち止まったまま、声を張り上げて、「イエスさま、先生、どうか、わたしたちを憐れんでください」と言った。イエスは重い皮膚病を患っている人たちを見て「祭司たちのところに行って、体を見せなさい」と言われた。彼らは、そこへ行く途中で清くされた。

宣教題「決心と救い」  牧師 新保雅雄

主イエスと弟子達がエルサレムへ向かう途中の村でのことです。重い皮膚病を患っている十人の人たちが、遠くの方から、主イエス達に大声で癒しを願いました。彼らは、重い皮膚病を患っていたので隔離され、主イエスのそばに近づくことが出来なかったのです。

私たちはどうでしょうか。彼らと同じように、主イエスとの距離を感じることはないでしょうか。癒して欲しいと願いながらも、そこに行くには自分が相応しくない、こんな私みたいな者が教会に行ってもいいのだろうか? クリスチャンでいいのだろうか。

こうしたことを教会に来た最初の時に、思ったことはないでしょうか。私たちもこの十人と同じ様に、始めに主イエスとの間に大きな距離をもっていたのです。遠くの方で心の中で呼びかけた。

この十人は、声を張り上げて、主イエスに憐れみを願いました。「イエスさま、先生、どうか、わたしたちを憐れんでください。」すると、主イエスは「祭司たちのところへ行って、体を見せなさい」と言われました。彼らは主イエスの言う通りにしました。

彼らは、祭司の所へ行く途中、十人全員が癒されました。主イエスは「皮膚病が癒されよ」と言ったのではなくただ「祭司たちのところへ行って、体を見せなさい」と言われただけなのです。

彼らは、まだ癒されていない。でも主イエスのお言葉に従った。そのとき癒されたのです。まさに決心の時、癒しが始まるのです。主イエスは皆さんに御声をかけておられます。勇気をもって従ってください。あとはあなたの決心で救いは訪れます。


投稿者 : church 投稿日時: 2019-07-14 07:38:23 (41 ヒット)

 本日の聖書  ルカによる福音書17章1、2節

イエスは弟子たちに言われた。「つまずきは避けられない。だが、それをもたらす者は不幸である。そのような者は、これらの小さい者の一人をつまずかせるよりも、首にひき臼を懸けられて、海に投げ込まれてしまう方がましである。」

宣教題「つまずかせる人」  牧師 新保雅雄

「つまずく」とは、信仰の人生を歩んでいる人が、その道からはずれてしまうことを言います。キリスト教会も肉を持つ人間の集まりである以上、必ずしも理想的なことばかりは起こりません。

信仰を同じくすると思っていた兄弟姉妹の、ささいな言葉や行いによって、傷付けられたり、信仰を揺さぶられ迷う事が起こります。主イエスが「つまずきは避けられない」と言われる通りです。

主イエスは、つまずきを起こさせる兄弟姉妹を戒めているのですが、その中でも特に、「小さい者の一人」をつまずかせることを戒めています。ここで言う小さい者とは、具体的には、弱い人、貧しい人、病気の人、困難や試練を抱えている人、あるいは、自分を守る力のない子どもたち、また肉的な欲求の強い人もそうでしょう。

信仰的に強い人を中心にして教会があるとしたら、新来者はどうでしょうか。いろいろな宗教を渡り歩き、いろいろな人に相談をしたが、救われなかった。そんな人が最後にすがる様な思いで、教会の門をたたいた。自身の弱さゆえに、教会に居場所を見付けることが出来ず、また迷い落ちこぼれる。教会は、小さい者、弱い者、自分を守れない者こそが、中心であり最も大切にされる場所なのです。

だからこそ主イエスは、信仰の強い兄弟の言行で小さな者をつまずかせる人々に向かって「そのような者は、首にひき臼を懸けられて、海に投げ込まれてしまう方がましだ」と厳しく言われます。

私たちは、弱い兄弟姉妹にとって、その信仰の情熱ゆえにかえって「つまずきの石」になっていないでしょうか。教会は赦すところです。批判し裁くところではありません。私たちは、求道者の方のよき兄姉になっているでしょうか。心に留めたいお言葉です。感謝。


投稿者 : church 投稿日時: 2019-07-07 07:07:18 (46 ヒット)

 本日の聖書  ルカによる福音書16章26節

「わたしたちとお前たちの間には大きな淵があって、ここからお前たちの方へ渡ろうとしてもできないし、そこからわたしたちの方に越えて来ることもできない。」

宣教題「大きな壁」  牧師 新保雅雄

高価な服を着て、毎日ぜいたくに遊び暮らす金持ちがいました。毎日、宴会が行われていた。その家の門の前にラザロというできものだらけの物乞いが横たわっていました。彼は、あまりの空腹から、宴会の残り物でもいいから腹を満たしたいと思っていました。

しかし金持ち達は、誰一人ラザロに食べ物をくれる人はいません。ラザロは、弱り切って犬ができものをなめても追い払えません。金持ちとラザロとの間には、超えることの出来ない貧富の差という壁があります。門の中と外では、全くちがう世界がありました。

世においてどんなに貧富の差が大きくとも死は平等に訪れます。しばらくしてラザロと金持ちに死が訪れました。死から目覚めると、ラザロは天の国で宴席にいるアブラハムのそばに連れて行かれました。この世の地獄の様な世界から一転して、天の国に入ることが出来、信仰の父アブラハムと宴席についていたのです。

一方、金持ちは、ラザロとは対照的に、炎の中で熱さと苦しみのあまり目を覚ましたのです。苦しさの中で天を見上げると、はるか遠くにアブラハムと宴会をしているラザロが見えました。

彼は苦しさの中で言います「ラザロをよこして、指先を水に浸し、わたしの舌を冷やさせてください」しかしアブラハムは言います「わたしたちとお前たちの間には大きな淵があって越えて来ることができない。」

金持ちは、有り余る自分の財産の、ほんの一部を分け与えることで助かるラザロを助けませんでした。世に壁があり天にも壁があるのです。この壁は、あなたの自己中心な心で築かれるのです。


投稿者 : church 投稿日時: 2019-06-30 08:05:23 (48 ヒット)

 本日の聖書  ルカによる福音書14章24節

「言っておくが、あの招かれた人たちの中で、わたしの食事を味わう者は一人もいない。」

宣教題「主はあなたを招かれる」  牧師 新保雅雄

ある主人が宴会を開こうとしました。そして宴会の日になりました。主人は、招いておいた人々の所へ僕を遣わして「用意が出来ましたので、おいでください」と知らせに行かせました。

主人は、招待した人々の到着を楽しみに待っていました。しかし、招待した人達は、全員断ってきたのです。主人は怒って僕に命じました。「急いで町の広場や路地に出て行き、貧しい人、体の不自由な人、目の見えない人、足の不自由な人を連れて来なさい。」

さらに、「通りや小道に出て行き、無理にでも人々を連れて来て、この家を一杯にしてくれ」と命じたのでした。誰でも良いから無理にでも連れて来いと主人は命じたのです。

この喩えは、神の国に入れる人は誰かということです。神の国に入れる人は、神の招きを断らない人たち、用事や都合があったとしても、神の招きに応じる人たちなのです。

更に神は、神の国へ誰でも招いておられることが解ります。もし、神の国に入ることが出来ない人がいるならば、その人は、神から招かれなかったからではなく、せっかく神に招かれているのに、様々な理由を付けて、招きに応じようとしなかった人なのです。

では私たちは、どうでしょうか。神の招きに素直に応じているでしょうか。神は、私たちを神の国へと招くために、主イエスを、神の招きのメッセージを携えて、知らせに来てくださったのです。

主イエスを通して語られる神の招きの言葉を、私たちは、どう受け止めているでしょうか。今日、この礼拝の席に座っていることは、神の招きに応じていることの証なのです。


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 79 »