メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 192192192
昨日 : 277277277
総計 : 328407328407328407328407328407328407
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2013年5月19日「教会の誕生」
投稿者 : church 投稿日時: 2013-05-19 06:57:37 (895 ヒット)

本日の聖書 使徒言行録2章4節

「一同は聖霊に満たされ、猯″が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。」


宣教題 「教会の誕生」   牧師 新保雅雄

ユダヤ教の三大祭の一つである五旬祭の日のことです。〔五旬祭/小麦の収穫の初穂、初めての実りを神に献げる感謝の日〕

本日の出来ごとは、この五旬祭の日の朝のことです(15節)。弟子たちが一つに集まり、祈っていました。すると突然、激しい風が吹いて来て、大きな音が天から聞こえ、家が揺れ響きました。

そして炎のような舌が分かれ分かれに現れ、弟子たち一人一人の上にとどまりました。すると、その家にいた弟子たちは、皆、聖霊に満たされ、聖霊が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話し出したのです。

まるでその姿は「あの人たちは、新しいぶどう酒に酔っているのだ」(13節)と言われたように、周りの人から見ると酔っぱらいに見えたほどでした。

これが、聖霊降臨(ペンテコステ)の出来事です。それは、主イエスが十字架の死から復活して50日目、主イエスが天に昇られてから10日目のことです。この時に初めての福音宣教が起こりました。これがこの世における最初のキリスト教会の誕生の時です。

教会は人間の計画、意思、決心、思いで、始まったわけではありません。聖霊に満たされた弟子たちによって、教会は生み出されたのです。では何故、聖霊は、弟子たちを導いて、世界中の言葉で、神の偉大な業を語らせたのでしょうか。

それは、神が、言葉を大切にされているからです。しかも、一人一人の心に響くように、分かりやすい言葉で、神の偉大な業が語られることを、神が望んでおられるからなのです。本日のペンテコステ、聖霊降臨の日、語る力が与えられたのです。

どうか皆様の上に聖霊が降りますように、そして神の愛が、それぞれの言葉で語れますように、お祈りいたします。

 


印刷用ページ