メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 9494
昨日 : 301301301
総計 : 955185955185955185955185955185955185
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2023年9月3日「御言葉の種を蒔き続ける」
投稿者 : church 投稿日時: 2023-09-03 05:09:24 (104 ヒット)

 本日の聖書   マルコによる福音書42627


イエスは言われた「神の国は次のようなものである。人が土に種を蒔いて、夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。」


宣教題 「御言葉の種を蒔き続ける」  牧師 新保雅雄


主イエスは、神の国について喩えで語られた。


最初の喩えは、人が畑に種を蒔いた時のことです。蒔いた人が、夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長する。どうして種が成長するのか、種を蒔いた人には分からない。ある時、種は成長し葉をつけ、そして実を結ぶようになる。まるで種が、ひとりでに実を結ばせたように思える。


この種をまくとは、御言葉の種を蒔くことを言われています。私たちが御言葉の種を蒔く、ある時まかれた人の中で、葉をつけ実をつける。なぜそうなるのか、私たちにはわからない。


御言葉の種が実を結んだ時に、共に喜びを収穫する。人が出来る事は、雑草を取り、水を灌ぐことぐらいだ。しかしまかれた種は、何倍何十倍にもなる。種に力があるからである。


しかし種を蒔かなければ、実は成らないのです。でも、成長させ実を結ばせてくださるのは、神です。人は、蒔くという手伝いをするだけです。育てることよりも、蒔くことが、私たちにとって大切な事なのです。


そのことをからし種のたとえで語られています。からし種は、直径が1ミリ程度、種の中では最も小さな種です。しかし成長すると2メートル以上にもなり、葉の陰に空の鳥が巣を作れるほどに大きな枝を付けます。


私たちのまく御言葉の種も、最初は、小さな種として人の心の中に蒔かれます。たとえ最初は、気が付かないほどに小さな種であっても、いつしか成長して大きな枝をつけるように成長していくのです。


今日伝道の成果が与えられなくとも、コツコツと、御言葉の種を蒔いて行くことが大切です。後は神が大きな群れに成長させて下さる。


印刷用ページ