メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 120120120
昨日 : 301301301
総計 : 955211955211955211955211955211955211
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2023年7月2日 「この喜びを多くの人々に語りたい」
投稿者 : church 投稿日時: 2023-07-02 05:27:56 (115 ヒット)

 本日の聖書   使徒言行録410節〜


あなたがたもイスラエルの民全体も知っていただきたい。この人が良くなって、皆さんの前に立っているのは、あなたがたが十字架につけて殺し、神が死者の中から復活させられたあのナザレの人、イエス・キリストの名によるものです。この方こそ、『あなたがた家を建てる者に捨てられたが、隅の親石となった石』です。ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです。わたしたちは、見たことや聞いたことを話さないではいられないのです。


宣教題 「この喜びを多くの人々に語りたい」 牧師 新保雅雄


先週からの続きです。エルサレム神殿の「美しい門」で「生まれながらに足の不自由な人」を癒したペトロとヨハネは、「祭司、神殿守衛長、サドカイ派の人々」、つまりユダヤ人指導者に逮捕され、留置場に一晩、留置されてしまいました。 


逮捕の理由は、十字架にかけられた主イエスの復活を、神殿で堂々と語っていたからでした。


「しかし、二人の語った言葉を聞いて信じた人は多く、男の数が五千人ほどになった」(4節)。ユダヤ当局からの逮捕、留置という出来事にもかかわらず。聞いていた人々は、益々「イエス・キリストによる救い」を信じてキリスト者になっていくのです。


神の言葉に聞き従い、イエス・キリストの福音を信じる信仰に基づく大胆な宣教、そして行いが、この世のどんな権力の力にも勝っていく。ペテロ達、宣教者は大胆に語ります。「わたしたちは、見たことや聞いたことを話さないではいられないのです」(20)


立つことも歩くことも出来ず、人生をあきらめて、長きに渡って苦しんできた人が立ち上がり、自身の人生を希望へ向かって生きていく。キリストの使徒達によってもたらされた福音の大きさを知る。その力は、私達が十字架にかけたイエス・キリストから来るのです。ああこの喜びを、恐れず多くの人々に語り告げたい。


印刷用ページ