メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 8282
昨日 : 405405405
総計 : 525778525778525778525778525778525778
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2011年7月17日  「神はあなたを待っている」
投稿者 : church 投稿日時: 2011-07-17 16:57:47 (1355 ヒット)

聖 書 ルカによる福音書15章20節


宣教題 『神はあなたを待っている』    


二人の息子を持つ裕福な父親がいました。弟の方が、父親に財産の分け前をくれるように願いました。どうせ父の跡継ぎは兄だろうからと思ったのでしょうか。


父親は財産の半分を弟に分けました。弟は、財産を持って遠い国に旅立ちました。そして異国で放蕩の限りを尽くし財産を全て使い果たしてしまったのです。


そのとき飢饉が起こり、食べ物もなく、さまよい歩きました。あまりの空腹に豚の食べるいなご豆を食べてでも、空腹を満たしたいと思いました。豚は、ユダヤ人が不潔と嫌う動物です。その豚の餌でもいい。ユダヤ人としてのプライドを捨てたのです。


こうした悲惨な状況の中で、弟は、ようやく目が開き、幸せとは何かに気が付いたのです。父親のもとにいたときの生活を思い出し、家に帰ることを決断しました


放蕩の限りをし尽くし全財産を使いはたし、天に対しても、父親に対しても罪を犯しました、息子と呼ばれる資格は無い、雇い人の一人として働かせてくれるように言う覚悟を決め、父親のもとへ向かいました。すると、まだ遠く離れているのに、父親は、弟を見つけ、憐れに思い、走り寄って迎え入れ、何も聞かず只思いっきり抱き締めたのです。


ここに、神の愛が示されています。天の父は、立ち帰る者に何も言わず、無条件で迎え入れてくださるのです。「何をしていたのか、このばか者めが!」と非難することもなく、説教する事もなく、とがめもしない。心からの祝福をくださるのです。

 


印刷用ページ