メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 118118118
昨日 : 371371371
総計 : 762677762677762677762677762677762677
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2022年4月24日「御言葉が十字架と共に」
投稿者 : church 投稿日時: 2022-04-24 06:58:54 (110 ヒット)

本日の聖書  ルカによる福音書243032


一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンをとり、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。「二人は『道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか』と語り合った」


宣教題「御言葉が十字架と共に」  牧師 新保雅雄


主イエスが十字架につけられた三日後の日曜日 、二人の弟子がエルサレムからエマオへ向かって歩きながら、主イエスの十字架と復活について熱く語り合っていました。


そこに主イエスが近付いて来て一緒に歩かれたのです。しかし、二人の弟子達には、その方が主イエスだと気づかなかったのです。


エオマの近くまで来ましたが、夕方になり日が沈みかけてきたので、彼らは主イエスを引き止め、一緒に泊まることにしたのです。


その夕食の席で主イエスは、パンを取り、讃美の祈りを唱え、パンを裂いて、この二人の弟子達に、お渡しになりました。


その瞬間、二人の弟子たちは目が開き、その人が主イエスだと分かったのです。そしてエマオに向かう道中で、主イエスと語り合った時、自分たちの心が燃えていたことを思い起こしました。


エオマへ向かうとは、人生の旅路を意味します。主イエスは、あなたの人生の旅路を、あなたと共に歩み、聖書を説き明かして下さる。


いま私たちは、主イエスを見ることはできません。しかし、聖書を読む時、礼拝の時、祈りの時、そして聖餐式によって、生きた信仰になり、人生の指針になるのです。主、我と共にあり。


主イエスは、あなたと共に、あなたの人生を歩んでおられます。次週は聖餐です。主イエスは、あなたの心の目が開くのを待っておられます。心から祈って求めて下さい。主イエスの御声があなたの心に響くでしょう。


印刷用ページ