メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 114114114
昨日 : 371371371
総計 : 762673762673762673762673762673762673
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2022年4月17日 「わたしは復活であり命である」
投稿者 : church 投稿日時: 2022-04-17 00:14:18 (62 ヒット)

 本日の聖書 ヨハネによる福音書651


わたしは、天から降って来た生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。わたしが与えるパンとは、世を生かすためのわたしの肉のことである。」


宣教題「わたしは復活であり命である」  牧師 新保雅雄


主イエスは言われた。「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。」(11:25


私達の神は、死んで人の手で石や木に刻まれたり、紙に墨で書かれた神ではありません。それらは、人間の手によって造られた作品です。ましてや太陽や月、山河といったようなものでもありません。 


それらは神ではなく、神によって創造された被造物、作品なのです。被造物や人の手の作品を信じて何の益があるでしょうか。


神の作品を信じるのではなく、神そのものを信じるとき人知では計り知れない益があるのです。それが奇跡といわれるものです。私達の神は、死んだ神ではなく、死んで甦られた生きた神なのです!


八百万の神といわれるように、世には、その数だけの沢山の苦しみや悩みがあります。しかし、本当の神を知らない人間は、様々な偶像を作り出し益々悩みの中に、入り込んでいくのです。そして救いが肉の欲望の満たしのようになっていくのです。まことの救いとは、人の努力では手に入らない、神によるあなた自身の命なのです。


主イエスは言われます「人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。」(マタイ16:26)神は、天上高くから「こうしろあうしろ、わたしを信じなさい。ここに昇って来なさい」とは言われません。神御自身が天から世に降られて人となられ、自らが「神を信じる生き方とは、こういう生き方だよ。」とわたし達に真の神を示されたのです。ここに神の愛があります。


「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」(ヨハネ3:16)生きるとは、何か? それはキリストが示されました。


印刷用ページ