メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 444444444
昨日 : 653653653
総計 : 544714544714544714544714544714544714
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2020年9月13日「鳩のように、蛇のように」
投稿者 : church 投稿日時: 2020-09-13 07:25:04 (15 ヒット)

本日の聖書 マタイによる福音書10章 16節

「わたしはあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに羊を送り込むようなものだ。だから、蛇のように、賢く、鳩のように素直になりなさい。」

宣教題「鳩のように、蛇のように」   牧師 新保雅雄

主イエスは、ご自分が選ばれた12弟子を、福音伝道に遣わすに当たり、様々な注意を与えられました。福音伝道は、決して簡単ではありません。弟子達を待ち受けているのは「狼の群れに羊を送り込むようなもの」なのです。では何故そのような中に、弟子たちを遣わすのでしょうか。

弟子たちを派遣するきっかけとなったのは、「群衆が飼う者のいない羊のようであった」からなのです。飼う者がいない羊は、狼や猛獣の餌食になっているのです。そこから一人でも多くの羊を救うためなのです。

だからそこへ遣わされる弟子達も、狼や猛獣の群れの中に入っていくことになるのです。しかも彼ら自身も弱い羊なのです。だからこそ主イエスは「蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい」と言われている。

では蛇のように賢くとは何か。このあと主イエスは「一つの町で迫害されたときは、他の町へ逃げて行きなさい」と言われます。ここに蛇の賢さがあります。蛇が危険を察知して逃げていくように、逃げることも賢さなのです。相手が嫌がり敵対しているのに、何とかねじ伏せようとする。自分の行っていることは正義、真理なのだ。それではダメなのです。

主イエスの教えは、本当に素晴らしい。だから誰もが喜んでそれを受け入れてくれるはずだ。それはとても素晴らしい考えかたです。しかし、実際に福音伝道を行うとき、そう簡単ではないことに気づくでしょう。

当時、主イエスに対する熱狂的な信仰が群衆の中にありました。しかし、それ以上に、主イエスに対する反感も多々ありました。信仰が熱すぎるあまり、福音伝道が行き過ぎてしまう、そして余計に反感を高めてしまう。だからこそ弟子たちには、「蛇のように賢く、鳩のように素直になる」ことが求められているのです。


印刷用ページ