メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 159159159
昨日 : 468468468
総計 : 543776543776543776543776543776543776
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2020年7月26日「犠牲」
投稿者 : church 投稿日時: 2020-07-26 00:23:05 (56 ヒット)

本日の聖書 マタイによる福音書8章34節

「イエスを見ると、その地方から出て行ってもらいたいと言った」

宣教題「犠牲」   牧師 新保雅雄

主イエスたち一行が、ガリラヤ湖の向こう岸、ガダラ人の地方に着いた時のことです。主イエスを迎えたのは、悪霊に取りつかれた二人だけです。舟で渡る前は、主イエスたちは、大勢の群衆に取り囲まれていました。ところが渡った岸では、歓迎されませんでした。

主イエスを出迎えたのは、墓場から出て来た、悪霊に取りつかれた二人でした。彼らは、非常に凶暴なので、墓場に隔離された状態になっていたのです。

悪霊たちは、餌をあさっていた豚の群れを指して、主イエスに、こう願い出ました。「我々を追い出すのなら、あの豚の中にやってくれ」「我々を追い出すのなら、あの豚の中にやってくれ。」

主イエスは、この悪霊の願いを聞き入れられました。そして、悪霊に向かって、主イエスは、「行け」と言われたので、悪霊たちは、抵抗することもなく、二人から出て、豚の中に入り、豚はみな、崖を下って湖になだれ込み、死んでしまったのです。

これを見ていた豚飼いたちは、町に行って、このことを知らせました。このいきさつを知った町の人は、主イエスに、この地から出て行ってもらいたいと言ったのです。せっかく、主イエスは、悪霊を追い出し、町に平和をもたらしたのです。それなのに、町の人たちは、主イエスを追い出そうとしているのです。

この町の人々は、悪霊に取りつかれ、苦しんでいる人がいても、犠牲を払ってでも、何とか悪霊を追い出し、その人を救おうという心を持っていません。自分たちの利益が優先するのでした。

一方、主イエスは、苦しむ人をほうっておくことはされません。自己を犠牲にしてまでも私たちを救われる。ここに神の愛があります。 


印刷用ページ