メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 7373
昨日 : 405405405
総計 : 525769525769525769525769525769525769
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2020年7月12日「苦しみの主」
投稿者 : church 投稿日時: 2020-07-12 07:32:44 (36 ヒット)

本日の聖書 マタイによる福音書8章17節

「彼は わたしたちの患(わずら)いを負い、

わたしたちの病を担った」

宣教題「苦しみの主」  牧師 新保雅雄

主イエスが、ペトロの家に行った時のことです。ペトロの、しゅうとめが、熱を出して寝込んでいました。主イエスは、しゅうとめの手に触れられると、熱が去って、起き上がることが出来るようになり、しゅうとめは、主イエス達一行をもてなし始めたのです。

その日の夕方、うわさを聞きつけた人々が、悪霊に取りつかれた人を大勢、主イエスのもとに連れて来ました。主イエスは、同じく言葉で悪霊を追い出し、病人を皆癒されました。

病気が全て、悪霊に因るのではありませんが、悪霊に対して、無頓着であってはなりません。目には見えなくとも、確かに存在するからです。  

この悪魔は、手を変え、品を変え、神から、私たちを引き離そうとします。つまり祈ることを止めさせ、教会や信仰を批判し、神の力を否定し、救いなどはないと言う。肉に頼るべきとする思いを助長させるのです。

主イエスの病人への癒し、一見、ご自身は、いささかも傷付くことなく、痛むこともなく、悪霊を追い出し人を癒す神の子、救い主イエス・キリストの姿が示されているように思われます。

しかし、マタイは、苦難の僕として、人を救う主イエスの姿をイザヤ書から引用して明らかにしています。それは、「わたしたちの患いを負い、わたしたちの病を担った」主イエスの姿です。

実に、主イエスは、人の病、患い、痛みを、自らの身に引き受けてくださいました。自らが代わりに、その痛みを引き受けてくださることで人を癒されたのです。病の中に苦しむ人の苦しみは、主イエスはご存じである。

 ここに、神の愛があります。それは十字架による身代わりの死で示された愛です。


印刷用ページ