メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 7272
昨日 : 405405405
総計 : 525768525768525768525768525768525768
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2020年7月5日「言葉を信じたとおりになる」
投稿者 : church 投稿日時: 2020-07-05 08:00:57 (59 ヒット)

 本日の聖書 マタイによる福音書8章8節


「主よ、わたしはあなたを自分の屋根の下にお迎えできるような者ではありません。ただ、ひと言おっしゃって下さい。そうすれば、わたしの僕は癒されます。」

宣教題「言葉を信じたとおりになる」  牧師 新保雅雄

ガリラヤ湖の北岸カファルナウムに、主イエスが入られると、百人隊長が主イエスに近付いて来て熱心に願いました。

「主よ、わたしの僕が中風で家に寝込んで、ひどく苦しんでいます。」

主イエスは、言われました。「わたしが行って、癒してあげよう。」

ところが、百人隊長は、「主よ、わたしはあなたを自分の屋根の下にお迎えできるような者ではありません。」と答えたのです。百人隊長は、自分自身が異邦人であることを意識して、主イエスに家に来ていただくことを断ったのです。

百人隊長は、自らの百人隊長としての経験を引き合いに出しました。兵士に向かって、「行け」と言えば行き、「来い」と言えば来るのです。また、部下に、「これをしろ」と言えば、そのとおりにするのです。権威が、百人隊長に託されているからです。

百人隊長は、主イエスの言葉には権威があり、その言葉が、言葉どおりに実現することを、百人隊長は知っていたのでしょう。主イエスは、この百人隊長に感心して言われました。

「はっきり言っておく。イスラエルの中でさえ、わたしはこれほどの信仰を見たことがない。」

これは私たちへの警笛でもあります。私たちは、救われている恵みに無頓着になり、恵みを感謝する素直な心を失っていないでしょうか。主イエスは、再び百人隊長に向かって言われました。

「帰りなさい。あなたが信じたとおりになるように。」

ちょうどその時、百人隊長の僕の病気は癒されました。百人隊長が主イエスの言葉を信じた時、僕は癒されたのです。


印刷用ページ