メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 277277277
昨日 : 342342342
総計 : 499353499353499353499353499353499353
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2020年6月14日「御心に生きる」
投稿者 : church 投稿日時: 2020-06-14 07:18:13 (17 ヒット)

 本日の聖書 マタイによる福音書7章21節


「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけではない。わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである。」

宣教題「御心に生きる」 牧師 新保雅雄

主イエスを救い主として信じ教えを守ったとしても、必ずしも全員が天の国に入ることが出来るのでは無い、「神の御心を行う者だけが天の国に入るのだ。」と主イエスは言われています。

「かの日」(22節)すなわち終わりの日、裁きの時です。主イエスによって一人一人が、天の国に入ることが出来るかどうか、最終的に選別されるのです。

この時、大勢の者が、主イエスに向かって「主よ、主よ、わたしたちは御名によって預言し、御名によって悪霊を追い出し、御名によって奇跡をいろいろ行ったではありませんか。」こうして、彼らは、自分たちの信仰生活における実績を持ち出して、天の国へ入る権利を訴えます。

しかし主イエスは、「あなたたちのことは全然知らない。不法を働く者ども、わたしから離れ去れ」と言われるのです。

何故、彼らは、これほどまでに厳しく言われなければ、ならないのでしょうか? それは、彼らが天の父の「御心を行わなかった」からです。いくら実績を積み上げても、神の御心とは、異なることをしていたのです。自分の思いに従って行動していたのです。

努力は必要なことです。しかし残念ながら、「クリスチャンとはこうあるべきだ。」という、愛よりも出来るか出来ないか、守れるか守れないか。を問うクリスチャンが多い。教会から裁きが始まる。

では天の父の御心とは何でしょうか?それは、「隣人への愛」です。

「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法と預言者である」(7:12)これは、「自分自身のように隣人を愛しなさい」つまり弱い者に寄り添うことです。


印刷用ページ