メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 233233233
昨日 : 369369369
総計 : 412002412002412002412002412002412002
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2019年11月24日「お言葉通り、この身に成りますように」
投稿者 : church 投稿日時: 2019-11-24 07:37:44 (17 ヒット)

 本日の聖書 ルカによる福音書1章38節

「マリアは言った。『わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。』 そこで天使は去って行った。」

宣教題「お言葉通り、この身に成りますように」牧師 新保雅雄

次週は待降節、今日は、クリスマスツリーの飾りつけ、いよいよ教会はクリスマスへ。そんな中のメッセージは、天使が、乙女マリアに御子の誕生を告げ知らせる「受胎告知」のところからです。

ここには「恵み」と言う言葉が2回語られています。「おめでとう恵まれた方」「あなたは、神から恵みをいただいた」(1:28,30) マリアに神の御子が宿るということは、人間と神の恵みが出会う接点、つまり人類に、「神の恵みが訪れた」、ということです。

しかし、マリア自身からすれば、子供を宿るということは、必ずしも喜べないことなのです。未婚のマリア(婚約中)にとって、子供を宿すということは、世間から見れば、不貞の女として身持ちの悪さを疑われることです。婚約者ヨセフも、ひそかに離縁しょうかと思い悩んでいました(マタイ1:19)、まさに夫婦にとっては試練です 

人間的に(世的)見れば、それは悩み深い苦難です。しかし、信仰的(霊的)に見れば、それは恵みなのです。誰でも悩み苦難は、ないほうがいいと思っています。出来ることなら、苦難は取り除いて欲しい。しかし、その苦難は、時に人知を超えたところにあります。それが奇跡、神の恵み、私たちを悩ますでしょう。 

しかし、神(恵み)との出会いは、苦難に合っても、その中から神を見ることが出来てくるのです。苦難を排除することだけではなく、苦難の中にあっても希望をもつことが出来るのです。

世は、悩みの連続です。そこから逃げ出すことだけを考えるより、悩みを悩みとして受け入れることが出来れば、必ず光が見えてきます。マリアが全てを受け入れられたのは「お言葉どおり、この身に成りますように」この一言の祈りが、苦難を恵みに転換させていきます。


印刷用ページ