メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 230230230
昨日 : 369369369
総計 : 411999411999411999411999411999411999
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2019年11月17日「主を待つ準備」
投稿者 : church 投稿日時: 2019-11-16 22:47:38 (17 ヒット)

本日の聖書 ルカによる福音書1章13、18節


「天使は言った。『あなたの願いは聞き入れられた。あなたの妻エリザベトは男の子を産む。その子をヨハネと名付けなさい。』  そこでザカリアは天使に言った。『何によって、わたしはそれを知ることができるのでしょうか。わたしは老人ですし、妻も年をとっています」

宣教題「主を待つ準備」 牧師 新保雅雄

天使は、ザカリアの妻エリサベトが男の子を産むこと、その名をヨハネと名付けるようにと告げました。ザカリアとエリサベトの夫婦は、既に二人とも年をとっていましたから、もう、自分たちの間には、子どもが生まれないだろうと、考えていたのです。

天使の突然の知らせを聞いたザカリアは、あまりに唐突な内容に、信じることが出来ません。それで彼は、「何によって、わたしはそれを知ることができるでしょうか」と、天使に尋ね返したのです。

世の常識では、子どもを設けることなど出来ない年齢なので、ザカリアは、天使に言葉を裏付ける証拠を求めたのです。

すると天使は、ザカリアの口を封じてしまいました。彼が天使の言葉を信じなかったことで、その口を利けなくしたのです。

私たちも、神に対して「あうでもない、こうでもない」と自分勝手なことを言う事があります。「姿をみれば信じる。奇跡が起きれば信じる」信じるための証拠を求める事はないでしょうか。

そのとき神の恵みは、このザカリヤのように封じられてしまうのです。自分の頭の理解や都合のみで、神の恵みを論じ考えることは、時として、神の計画を妨げることにも成りかねません。

しばしば、神の計画は、私たちの現実の社会での理解を超えることがあります。まずは、じっくりと、心を静め、へらず口を閉じて、神の救いの御業に、思いを集中することから、救い主イエス・キリストを待つ心の備えを始めたいものです。

 


印刷用ページ