メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 165165165
昨日 : 194194194
総計 : 285667285667285667285667285667285667
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2012年4月15日 「主イエスを感じる」
投稿者 : church 投稿日時: 2012-04-15 07:29:14 (1027 ヒット)

本日の聖書 ヨハネによる福音書21:4、12 

「既に夜が明けたころ、イエスが岸に立っておられた。だが、弟子達は、それがイエスだとは分からなかった。イエスは、「さあ来て、朝の食事をしなさい。」と言われた。弟子達はだれも、「あなたはどなたですか。」と問いただそうとはしなかった。主であることを知っていたからである。」

宣教題  「主イエスを感じる」   牧師 新保雅雄

主イエスの十字架の死からしばらくして、ペテロとほかの6人の弟子たちは、昔のように故郷のガリラヤ湖で漁に出ていました。この時のペテロは、とても傷ついていました。主イエスが捕らえられた時、大祭司の屋敷で「イエスなど知らない」と3回も否定してしまったことを、ペテロは思い出していました。

そんな状態ですから、漁のほうもうまくいくはずはありません。一晩中何度も網を下ろしてみるが、魚は一匹も取れないのです。これはペテロ達の、このときの心の様子を、そのままに現しています。

今、彼らは主を無くし、これからの自分の人生を不安の中で生きています。神を知るクリスチャンであっても、時として生きることに不安や恐れを持つ事があります。生きる望みを無くし、孤独の中に陥る事があります。

彼らは、夜通し漁をしましたが、魚は一匹も取れませんでした。疲れもピークになり、夜も明けてきたので、もうしまいにしようかと思っていた時、声をかけてきた人がいます。

その人は、言いました「舟の右側に網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ。」彼らは、言われるまま網を打ってみました。すると驚くほど沢山の魚が取れ、網が引き上げられないほどでした。

彼らに笑顔が戻りました。その声は、主イエスだったのです。彼らは、「主が共にいてくださる」という喜びを心の中から感じていました。自分の思いで生きている時、主イエスが見えませんでした。  

しかし、主イエスの御声に聞き従う時、平安と祝福を取り戻したのです。悲しい時、迷う時こそ、主イエスの御声をを感じて下さい。


 


印刷用ページ