メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 105105105
昨日 : 457457457
総計 : 393190393190393190393190393190393190
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2019年7月21日「決心と救い」
投稿者 : church 投稿日時: 2019-07-21 08:57:04 (44 ヒット)

 本日の聖書  ルカによる福音書17章11〜14節

イエスはエルサレムへ上る途中、サマリアとガリラヤの間を通られた。村に入ると、重い皮膚病を患っている十人の人が出迎え、遠くの方に立ち止まったまま、声を張り上げて、「イエスさま、先生、どうか、わたしたちを憐れんでください」と言った。イエスは重い皮膚病を患っている人たちを見て「祭司たちのところに行って、体を見せなさい」と言われた。彼らは、そこへ行く途中で清くされた。

宣教題「決心と救い」  牧師 新保雅雄

主イエスと弟子達がエルサレムへ向かう途中の村でのことです。重い皮膚病を患っている十人の人たちが、遠くの方から、主イエス達に大声で癒しを願いました。彼らは、重い皮膚病を患っていたので隔離され、主イエスのそばに近づくことが出来なかったのです。

私たちはどうでしょうか。彼らと同じように、主イエスとの距離を感じることはないでしょうか。癒して欲しいと願いながらも、そこに行くには自分が相応しくない、こんな私みたいな者が教会に行ってもいいのだろうか? クリスチャンでいいのだろうか。

こうしたことを教会に来た最初の時に、思ったことはないでしょうか。私たちもこの十人と同じ様に、始めに主イエスとの間に大きな距離をもっていたのです。遠くの方で心の中で呼びかけた。

この十人は、声を張り上げて、主イエスに憐れみを願いました。「イエスさま、先生、どうか、わたしたちを憐れんでください。」すると、主イエスは「祭司たちのところへ行って、体を見せなさい」と言われました。彼らは主イエスの言う通りにしました。

彼らは、祭司の所へ行く途中、十人全員が癒されました。主イエスは「皮膚病が癒されよ」と言ったのではなくただ「祭司たちのところへ行って、体を見せなさい」と言われただけなのです。

彼らは、まだ癒されていない。でも主イエスのお言葉に従った。そのとき癒されたのです。まさに決心の時、癒しが始まるのです。主イエスは皆さんに御声をかけておられます。勇気をもって従ってください。あとはあなたの決心で救いは訪れます。


印刷用ページ