メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 173173173
昨日 : 329329329
総計 : 301445301445301445301445301445301445
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2012年4月8日 「永遠の命の旅」
投稿者 : church 投稿日時: 2012-04-08 16:17:25 (989 ヒット)

本日の聖書 ヨハネによる福音書20:1 

天使たちは、墓の外にいるマリアに向かって、「なぜ泣いているのか」と尋ねました。すると、マリアは、こう答えたのです。 「わたしの主が取り去られました。どこに置かれているのか、わたしには分かりません。」

宣教題 『永遠の命の旅』   牧師 新保雅雄

イースターの出来事は、日曜日の朝早くに始まりました。まだ夜が明け切っていない暗いうちに、マグダラのマリアは、主イエスが葬られた墓へと向かいました。この墓には、入り口を塞ぐための石が置かれている筈でした。ところが、ある筈の石が、取りのけられていたのです。そして、墓の中に主イエスの遺体はありませんでした。

捜していた主イエスは、墓の外でマリアの後ろに立っていました。しかし、マリアは、それが主イエスだとは分かりませんでした。マリアは、主イエスは十字架にかかり死んでしまい、もはや生きてはいないと思っていたからです。それでマリアは、後ろに立っておられるのが、主イエスだとは分からなかったのです。

そんなマリアに主イエスは、こう言われました。「なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか」 既に主イエスは、死から復活して、マリアの後ろに立っておられます。しかし、マリアは、死の世界の中に、主イエスを捜しているのです。過去にとどまっているのです

その時、主イエスが、「マリア」と呼び掛けられました。この時、初めて、この声に、マリアは、ようやく主イエスだと分かりました。

ともすると、私たちは、マリアが墓の中に目を向けていたように、過ぎ去った過去にばかり、自分の思いを向けることがあります。

主イエスの十字架の死と復活は、私たちを過去から未来へ、死から生へと招いてくださるのです。人は死で終わるのではない。私達の命の旅は、天の国へと続いているのです。ですからいつまでも過去にとらわれて、クヨクヨしてはいけません。主イエスの復活を信じて、主イエスと共に歩みたい。永遠の命の旅は、まだ始まったばかりです。


印刷用ページ