メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 339339339
昨日 : 424424424
総計 : 343936343936343936343936343936343936
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2019年4月21日「主にもう一度会いたい」
投稿者 : church 投稿日時: 2019-04-21 07:25:38 (56 ヒット)

 本日の聖書  ルカによる福音書24章11〜12節

「使徒たちは、この話がたわ言のように思われたので、婦人たちを信じなかった。しかし、ペテロは立ち上がって墓へ走り、身をかがめて中をのぞくと、亜麻布しかなかったので、この出来事に驚きながら家に帰った。」

宣教題「主にもう一度会いたい」 牧師 新保雅雄

安息日(土曜日)が終わり、週の初めの日(日曜日)になると、女性たちは、朝早く、主イエスの遺体を清めるために、香料を携え主イエスの墓に行きました。ところが、墓に着いてみると、墓の穴を覆っていた石が、わきに転がされていて、主イエスの遺体が墓の中に見当たらなかったのです。主イエスは、日曜日の朝早く復活されたのです。(この日を記念してキリスト教会の礼拝日が日曜日に)

女性達は、そのことを弟子達に伝えました。ところが弟子たちには、女性達の話が信じられませんでした。しかしペトロは、女性達の話を確かめる為、主イエスの墓に向かって一目散に走り出したのです

大祭司の屋敷で主イエスを三度も知らないと言ったペトロは、人一倍、主イエスのことが気になっていました。主イエスが復活されたのなら、「そんな人は知らない」と裏切ってしまった自分を、もう一度、やり直せるかも知れない。主イエスの復活に望みを抱きながら一生懸命に墓へと走って行ったのです。

主イエスは言われる「あなたの罪は赦された。悔い改めて、神に立ち帰りなさい。」今や、主イエスの十字架によって、私たちは罪を赦されました。そして私たちは「主よ、私は罪深い者です。」と告白する。そこに十字架と復活に示された神の愛がある。

自分の罪と向き合う勇気がないと、主イエスの十字架によって、罪が赦されている、恵みと喜びを、心から味わうことは出来ません。

主イエスの十字架を見上げ、自分の罪を正直に認める時に、主イエスご自身が、私たちに近付いて来てくださり、復活して、今も生きておられることを知らせてくださいます。そして「あなたの罪は赦された」と声をかけてくださるのです。


印刷用ページ