メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 163163163
昨日 : 341341341
総計 : 336198336198336198336198336198336198
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2019年4月14日「御心のままに」
投稿者 : church 投稿日時: 2019-04-14 06:59:02 (11 ヒット)

 本日の聖書  ルカによる福音書22章42節

「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、御心のままに行ってください」

宣教題「御心のままに」 牧師 新保雅雄

主イエスは、十字架に付かれる前夜、弟子たちと過越しの食事「最後の晩餐」を終えられるとオリーブ山のゲッセマネへ行かれた。

主イエスは、ゲッセマネに着くと一人で祈り始められました。

「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。」

「杯」というのは、「十字架の死」を意味しています。

神の子イエスが、このように祈られたことを、皆さんは意外に思われるかも知れません。「神の子なのに、まるで弱い私たち人間のように祈るのか?」と思うからです。

しかし私たちは、この主イエスの祈りによって救われるのです。主イエスの人間としての弱さ、優しさに触れるとき安心するのです。私たちの苦難を主イエス自身も、ご存知であると思うからです。

主イエスが、そうであった様に、私たちも自分の苦しみを素直に、神に祈れること、そう神は私たちの父であるからです。律法学者の様に模範的な、キリスト者だから、信仰者だから、そんな祈りを作り出さなくともいいのです。

恥ずかしい弱い自分を素直に、現してもいいんです。痛ければ痛い、苦しければ苦しい、ありのままの祈りを聞き届けて下さるのが、父なる神なのです。

しかし、祈りは独りよがりではいけません。信じて祈ることを忘れてはいけません。神の愛を信じることです。今苦しいかもしれない、しかし苦しみだけで、決して終わることはないのです。最後は、神にすべてをゆだねることです。御心のままに、なりますように。


印刷用ページ