メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 127127127
昨日 : 218218218
総計 : 306984306984306984306984306984306984
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2018年9月2日「天と地を分ける壁」
投稿者 : church 投稿日時: 2018-09-01 23:55:59 (38 ヒット)

 本日の聖書  ルカによる福音書16章26節

「わたしたちとお前たちの間には大きな淵があって、ここからお前たちの方へ渡ろうとしてもできないし、そこからわたしたちの方に越えて来ることもできない。」

宣教題「天と地を分ける壁」   牧師 新保雅雄

高価な服を着て、毎日ぜいたくに遊び暮らす金持ちがいました。毎日、宴会が行われていた。その家の門の前にラザロというできものだらけの物乞いが、力なく横たわっていました。彼は、あまりの空腹から、宴会の残り物でもいいから腹を満たしたいと思ってた。

しかし金持ち達は、誰一人ラザロに残飯でさえもくれる人はいません。ラザロは、弱り切って犬ができものをなめても追い払えません。金持ちとラザロとの間には、超えることの出来ない貧富の差という壁があります。門の中と外では、全くちがう世界がありました。

世においてどんなに貧富の差が大きくとも死だけは、平等に訪れます。しばらくしてラザロと金持ちに死が訪れました。死から目覚めると、ラザロは天の国の宴席でアブラハムのそばにいます。この世の地獄の様な世界から一転して、天の国に入ることが出来、信仰の父アブラハムと宴席についていたのです。楽しげな声が聞こえます

一方、金持ちは、ラザロとは対照的に、炎の中で熱さと苦しみのあまり目を覚ましました。苦しさの中で天を見上げると、はるか遠くにアブラハムと楽しげに宴会をしているラザロが見えました。

彼は苦しさの中で言います「ラザロをよこして、指先を水に浸し、わたしの舌を冷やさせてください」しかしアブラハムは言います「わたしたちとお前たちの間には大きな淵があって越えて来ることができない。」

金持ちは、有り余る自分の財産の、ほんの一部を分け与えることで助かるラザロを助けませんでした。世に壁があるように天にも壁があるのです。この壁は、あなたの自己中心な心で築かれています。


印刷用ページ