メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 4141
昨日 : 158158158
総計 : 296355296355296355296355296355296355
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2018年6月3日「主よ、憐れんで下さい」
投稿者 : church 投稿日時: 2018-06-03 05:54:21 (50 ヒット)

 本日の聖書  ルカによる福音書4章18,19節

「主の霊がわたしの上におられる。貧しい人に福音を告げ知らせるために、主がわたしに油を注がれたからである。主がわたしを遣わされたのは、捕らわれている人に解放を、目の見えない人に視力の回復を告げ、圧迫されている人を自由にし、主の恵みの年を告げるためである。」 イエスは巻物を巻き、係の者に返して席に座られた。会堂にいるすべての人の目がイエスに注がれていた。そこでイエスは、「この聖書の言葉は、今日、あなたがたが耳にしたとき、実現した」と話し始められた。

宣教題「主よ、憐れんで下さい」 牧師 新保雅雄

主イエスは、バプテスマのヨハネからバプテスマを受けられた。その後荒野での40日間に渡る悪魔の誘惑を終えられ、ガリラヤ地方で神の御国について宣教されていました。そして故郷のナザレにおいても会堂で神の御国について教えられました。

その第一声は、旧約聖書のイザヤ書を朗読され、このイザヤ書の預言が実現する。と言われた。その内容とは、「旧約聖書で約束されている救い主は私である。世からの解放、神への回復、欲望からの自由をもたらすために今日私はここに来たのだ。この預言の言葉は、私によって成就(実現)するのだ。」というものでした。

主イエスが使わされた人々は「貧しい人、捕らわれている人、目の見えない人、圧迫されている人、」などであり、社会的な成功者や地位を持った人、不自由を感じない恵まれた人ではありませんでした。世の中の見方で「成功」「満足」している人たちに、主イエスの救いは、なかなか信じにくく、また必要性を感じにくいものでした。かえって自分達の生活に主イエスの教えは、不自由を感じるものであり腹立たしくさえ思うのです。

皆さんは、自分自身を「貧しい人、捕らわれている人、目の見えない人、圧迫されている人」の問いかけにうなずけるでしょうか?

「こんなどうしょうもない私です。主よ私を憐れんでください。」と言えた時、主イエスの救いは、あなたのすぐ近くにあります。


印刷用ページ