メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 5959
昨日 : 218218218
総計 : 306916306916306916306916306916306916
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2918年5月27日「生きた木につながる」
投稿者 : church 投稿日時: 2018-05-27 20:40:23 (62 ヒット)

 本日の聖書  ヨハネによる福音書15章5節

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。

人がわたしにつながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。

わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。」

宣教題「生きた木につながる」 牧師 新保雅雄

本来人間とは、私たちが想像する以上に、すばらしい能力と可能性に満ちた、栄光の冠をかぶるすばらしい存在であると伝えています。(詩篇8:6〜9)

しかしまた神から離れた人間は、弱く醜く、知恵を誇り偶像を追い求める存在であるとも伝えています。(ローマ1:21〜23)

つまり人間は神の作り上げた最高の尊い作品であるにもかかわらず、愛に満ちた神の秩序を破壊し堕落したものである、というのが事実なんです。

主イエスは、人間の中にある二面性をブドウの木と枝の喩えで教えられました。

「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。」(ヨハネ15:5)。

もし1本の枝が木につながっていれば、その枝はただの木の棒と違って生きている証しとしての芽をつけ実を結びます。さらにその実は、さらなる命を宿し次の命につなげていきます。本来枝は大変大きな能力を持っている

しかし木につながっていない枝(棒)だけでは、せっかく大きな能力を持っていても、いづれ腐って土になるだけなんです。命の実りを付けることは、不可能なことなんです。結局、生きていけない。

この枝と同様に私たちにも、本来大きな能力が与えられています。それを発揮できるのは、命の源である神と信仰で結ばれることで初めて可能になるんです。枝は自分の力だけでは、必ずや決定的な死という限界にぶつかるんです。神につながっていない人間は、結局腐り堕落して滅びという土くれに向かって行かざるを得ません。


印刷用ページ