メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 3131
昨日 : 153153153
総計 : 279966279966279966279966279966279966
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2018年5月6日「神の宿る宮」
投稿者 : church 投稿日時: 2018-05-13 05:22:32 (29 ヒット)

 本日の聖書  ヨハネによる福音書2章19〜21節

「イエスは答えて言われた。『この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる。』それでユダヤ人たちは、『この神殿は建てるのに四十六年もかかったのに、あなたは三日で建て直すのか。』と言った。イエスの言われる神殿とは、ご自分の体のことだったのである。」

宣教題「神の宿る宮」   牧師 新保雅雄

ユダヤ人にとって最も大切な過越しの祭りが近づいてきた。地方からも外国からも沢山の人々が、ここエルサレムの神殿へと集まる。

主イエスもペテロ達弟子を引き連れエルサレムの神殿に上られた。そこで見たものは、神に献げる献げ物を売る商人、神殿に献げるお金を両替する両替商の群れであった。そしてそれを買い求め満足する人々、それを受け取り祝福があると説教する祭司達。

その様子をしばらく見ていた主イエスは、商人達の屋台をひっくり返し、お金を撒き散らし、売られている動物を逃がした。

そして「このような物はここから運び出せ。わたしの父の家を商売の家にしてはならない。」と叫ばれた。

物やお金を献げることで満足する人々。またそれを公然と当たり前に教える祭司達。健康を手に入れるために、罪の赦しを得るために、永遠の命の保証を確保する為に、そして今年こそは経済の向上を願う。そのために遠くから来て物、金を惜しげもなく献げる。満足を買う者。満足を売る者。でごった返している。

この情景は、私達の周りにも腐るほどある宗教と、それに群がる人々の関係に少しも変わらない。神の家が世俗的な宗教になり下がってしまっている。こんなに献げた。じゃ神は何をしてくれる?  

まさしく神殿の崩壊である。主イエスは「この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる。」と言われました。ユダヤ人たちは「この神殿を建てるのに四十六年もかかったのに、あなたは三日で建て直すのか。」彼らは、目の前にある見える建物としての神殿を思い描いている。しかし主イエスは、心の中にある神の宿る宮としての神殿を言われている。三日で建て直すと言われた神殿とは、十字架による死からの三日目の復活のキリストのことである。


印刷用ページ