メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 231231231
昨日 : 7373
総計 : 372338372338372338372338372338372338
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2016年3月27日「おはよう!マリア」
投稿者 : church 投稿日時: 2016-03-27 07:06:44 (414 ヒット)

 本日の聖書 マタイによる福音書28章5,6節

天使は婦人たちに言った。「恐れることはない。十字架につけられたイエスを捜しているのだろうが、あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい」

宣教題「おはよう!マリア」  牧師 新保雅雄

週の初めの日(日曜日)の明け方、マグダラのマリアともう一人のマリアは、悲しみの中、主イエスが葬られた墓を見に行きました。

主イエスの墓は、この二人にとって十字架で死んでしまった、主イエスとの思い出に、悲しみ、寂しさ、無念さを誘うものでした。

ところが、墓にいた天使は、この場所が悲しみと絶望に満ちた、命の行き止まりの最終地点では無いことを告げたのです。

「あの方は、ここにはおられない」という天使の言葉と共に、主イエスの納められていた墓は、マリアたちにとって、そこから新たな命へ続く、折り返し地点へと変えられたのです。

このマリアたちの経験は、この世に生きる私たちにとって、実に大きな希望を与えてくれます。主イエスが、十字架の死から復活されたことは、この世の命に行き止まりがあり、命が終わる。行き止まりがあるものではなく、天の御国への通過点に過ぎないことを、明らかにしているからです。

もはや、死は、私たちの人生の最終地点ではありません。通過する地点なのです。勿論、私たちは、まずは、そこへ向けて、この世の人生を進めます。でも、そこがゴールではなく、天の御国への通過点であり、それは、主イエスの十字架によって開かれたのです。

新たな歩みへと向かい始めた時に、二人の歩みの先に、立っておられる方が見えました。何と主イエスが、二人のマリアの行く手に、彼女を導くように立っておられたのです。

そして主イエスは、マリアたちに「おはよう」と声を掛けられました。  この朝の挨拶は、復活の命の始まりを告げておられるのです。


印刷用ページ