メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 226226226
昨日 : 7373
総計 : 372333372333372333372333372333372333
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2016年3月20日「今日あなたとパラダイスにいる」
投稿者 : church 投稿日時: 2016-03-20 15:23:37 (444 ヒット)

 本日の聖書 ルカによる福音書23章

「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください。」 すると、イエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる。」と言われた。

宣教題「今日あなたとパラダイスにいる」  牧師 新保雅雄

主イエスが処刑場へと引かれていきます。他に二人の犯罪人も同じく処刑場へ引かれて行きます。「ゴルゴダ」と呼ばれている丘に着くと、主イエスの左右に、この二人も十字架に付けられました。

その時、主イエスは言われました「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」 驚くことに主イエスは、ご自分を十字架に付けた人達を赦して欲しいと神に祈るのです

ここに主イエスの深い愛があります。しかし、このことを理解できない人がいます。主イエスと共に十字架に付けられた犯罪人の一人が言います。「お前はメシアではないか。自分自身と我々を救ってみろ」そして議員や兵士たちも同じこと言います。

同じく十字架に付けられた、もう一人の犯罪人は、同じく十字架にかけられている犯罪人に言いました。「お前は神をも恐れないのか、同じ刑罰を受けているのに。我々は、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ。しかし、この方は何も悪いことをしていない。」

自分自身の罪を告白し悔い改め、主イエスが世の罪の身代わりになったと祈るとき、十字架による救いが与えられるのです。

罪を悔い改めた犯罪人は、さらに続けて言います。「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」すると主イエスは、言われた。「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園(パラダイス)にいる」

自分の罪を認めて主イエスに告白するなら、誰にでも主イエスの十字架の救いは与えられます。「今日あなたとパラダイスにいる」


印刷用ページ