メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 160160160
昨日 : 329329329
総計 : 301432301432301432301432301432301432
礼拝説教要旨
礼拝説教要旨 : 2015年8月2日「主イエスの十字架を誇る」
投稿者 : church 投稿日時: 2015-08-02 06:13:35 (446 ヒット)

本日の聖書 ルカによる福音書16章15〜17節

イエスは言われた。

「あなたたちは人に自分の正しさを見せびらかすが、神はあなたたちの心をご存じである。人に尊ばれるものは、神には忌み嫌われるものだ。律法と預言者は、ヨハネの時までである。それ以来、神の国の福音が告げ知らされ、だれもが力ずくでそこに入ろうとしている。しかし、律法の文字の一画がなくなるよりは、天地の消えうせる方が易しい。」

宣教題「主イエスの十字架を誇る」  牧師 新保雅雄

ファリサイ派の人々に対して、主イエスは語られました。「あなたたちは人に自分の正しさを見せびらかすが、神はあなたたちの心をご存じである。人に尊ばれるものは、神には忌み嫌われる」(15節) 

これは、人目に付く所でだけ、自分の信仰、行い、正しさを、見せびらかして誇ろうとするファリサイ派の人々に、悔い改めを迫っている御言葉です。私達も教会の内と外での顔は違っていませんか。

続けて「律法と預言者は、ヨハネの時までである」と主イエスは語られました。ここで言われる「律法と預言者」とは、旧約聖書のことです。バプテスマのヨハネが悔い改めのバプテスマを授けて以来、「神の国は近付いた。」という福音が語られました。そして、新しい時代、人々に求められるのは「悔い改め」です。

悔い改めとは、人生の方向転換です。今までの生きかたを改め、神の方へと生き方を転換することです。ところが、実際には、正反対のことが起きました。それは、「だれもが力ずくでそこに(神の国)入ろうとしている」ということです。自分の信仰、自分の善行、自分の力によって、神の国の扉を開けようとしているというのです。

しかし自分の力では誰一人、神の国へ入ることは出来ません。自己を低くして、主イエスの十字架に悔い改めることが、唯一神の国へ通じる道であると認め、謙虚に生きるとき神の国は開かれるのです

この後行われる聖餐式で、主イエスの十字架で流された血を思うとき、私たちが神から愛されていることが確心できます。感謝・・


印刷用ページ