メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 160160160
昨日 : 329329329
総計 : 301432301432301432301432301432301432
投稿者 : church 投稿日時: 2013-02-17 07:21:10 (918 ヒット)

2013.2.17 きんたメール第339号です。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「板橋キリスト教会の話(きんた編)・・・」

敬愛する皆さま 

2013年7回目のきんたメールです。福岡からです。先週は沖縄に出張してました。沖縄の気温はあったかく23度以上あったのかな。東京、福岡とも10度以下ですから、結構な温度差です。温度差と言えば、人の意識の仕方も物事の受け取り方なども、見えないけど温度差があったりします。気温もそうですが、人との間にあるいろいろな温度差も実際にふれてみないと気づかないことの方が多いですよね。だから、ふれて感じることはとっても大事なことだということが理解できます。

さて、沖縄出張の時は水曜の夜は那覇新都心キリスト教会の祈祷会に参加させていただいているのですが、成り行きで板橋キリスト教会のルーツについてふれる機会がありました。私も久しぶりにそんな話をしましたが、宿に戻ってからの方が記憶に次々に思い起こされてきたので以下簡単にまとめてみました。

板橋キリスト教会は、ヤクザの親分がイエス様の弟子に変えられたことからはじまった教会です。22〜3年前のことです。初代牧師(故新保清山師)は、もとヤクザの親分ですから、体中が刺青で覆われていました。まだイエス様に出会う前は、刑務所の懲りない面々でもあったわけですが、杯を交わした兄弟の中に死刑囚の方がいて、その兄弟は牧師との接見を通して回心し、その回心した兄弟を通して教会に導かれたのです。

その後、動脈瘤が破裂し、3日間死と背中合わせになっていた時に、夢の中でイエス様とサタンが身柄引き取りの話し合いをして、結果イエス様が引き取ることになったのです。

パウロが回心したのと同じように、3日後に死の淵から生還したとたん、イエス様が自分の親分となり、イエス様の弟子となったのでした。親分の言うことは死守ですから、退院後、北海道から戻り、東京の中野教会に所属しながら、当時大久保にあった東京バプテスト神学校に通いました。まもなく主の召命を受けて、埼玉の志木にある自宅を開放して伝道を開始しました。

中野教会公認の伝道所として総会にて申請しましたが、理解を得られず、結局承認されませんでした。しかし、主の召命ですから、承認されても、されなくても、自宅を開放して伝道する気持ちにまったくブレはありませんでした。親分はイエス様という言葉が流行るずっと前ですから、当時ヤクザの親分がイエス様を伝道するなんて考えられないので、仕方がありませんでした。しかし、その見解の温度差によって聖書の理解は深まっていきました。

死と隣り合わせの状態にも関わらず、信仰は燃え盛り、ヤクザ時代に鍛えられた口上は伝道の武器に変えられていましたので、福音の言葉に力が宿っていました。自宅には入りきれないくらい人が集まりはじめました。そこで、新座に会堂を借りて、単立新座キリスト教会として新座の地で伝道がはじまりました。ちなみに私は、ちょうど志木から新座に場所が変わるという時期に導かれたのでした。新保牧師との出会いは私のそれまでの人生を大きく変える出来事となったのです。とにかく、清山先生の話が聴きたくて、毎日毎日足しげく通いました。

その時の清山牧師は、信徒を増やすよりも伝道者を増やすという使命を担っており、結果4名の牧師の産みの親となったのです。

信仰は燃え盛る一方で、肺がんなど命に係わる病を7つも与えられていましたので身体は限界にきていました。自分の使命を果たすと、驚いたことに新座キリスト教会から、弟子たちを追い出し、新座キリスト教会を閉鎖しました。追い出された兄弟によって、弟子の一人であり、実子であった新保雅夫牧師を招聘し、本蓮根の地にて板橋キリスト教会が誕生したのです。つまり、親から追い出されて誕生した教会。それが板橋キリスト教会です。

その後、会堂の関係で本蓮根から、板橋本町、中板橋、中板橋(現在)と続いています。また小さな群れである板橋キリスト教会が日本バプテスト連盟に所属させていただいているのも、青梅あけぼの教会が母教会となって引き受けてくださったからです。この御恩はずっと忘れることがありません。心から感謝しています。しかし認識の温度差によって関係が解消され、一時単立教会となりましたが、その後、東京西教会が母教会となって引き受けてくださって、現在に至っています。主に心から感謝しています。

振り返ると主がいつも支えてくださっていることに気づかされます。またいろいろな温度差を経験することもできました。そういった温度差があることを理解して、互いに理解し合うために、みことばに養われる群れとして成長させていただきたいと切に願います。そして、板橋キリスト教会が抱えている傷が、宝に変えられて、伝道の糧となったときに大きな働きへと導いてくださると確信しています。

これは、私(きんた)の目線から、みたり、きいたりした板橋キリスト教会の話を簡単にまとめてみましたが、他の方の目線から見るとまた違った板橋キリスト教会が写し出されます。そのように分かち合いたいと思います。

今週もあなたの上に主の祝福が豊かにありますように。そして、どのような時も正しく判断する知恵に満たしてくださいますように。あなたの上に主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・2013年7回目の礼拝です。本日は礼拝前に聖書教育があります。ぜひ、お越しください。また3月10日より手話教室がはじまります。ぜひ。お誘い合わせの上お越しください。なべ兄、じま兄の治療とリハビリが祝されますように、まつだ兄、しんぽ牧師の健康が護られますように。あらた兄の上に主の平安が共にありますように。それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝しつつ、覚えてお祈りください。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。ご意見・ご要望は北村までお寄せください。

今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2013-02-10 06:43:20 (718 ヒット)

2013.2.10 きんたメール第338号です。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「日ごとの糧・・・」

敬愛する皆さま 

2013年6回目のきんたメールです。板橋からです。土曜日の朝一番で帰京しました。ちょうど息子の学友が数名我が家に合宿に来ており、サッカーに、勉強に、そして遊びに、お風呂など寝食を共にすることで互いの友情を深めています。生涯の友として互いに切磋琢磨しながら友情が深まるようにと願っています。

さて、板橋キリスト教会では「みことば」によって心を一つにするために、聖書教育(日本バプテスト連盟発行)の聖書日課に基づいて毎日、携帯メールにて配信するようになり2週間経ちました。しばらくは私が配信することになっていますが、話し合いを重ねながら、「みことばに養われる群れ」として、どんな方法が一番よいのかを話し合っていきます。とにかく、皆さんが毎日食事をするのと同じように、「こころ」と「たましい」も栄養が必要です。「みことば」によって繋がる群れとして、それぞれが、神さまからいただいている賜物を感謝して活かし合い、人として成長し続けていくために、その根っこにある「十字架の愛」を忘れないように生きることが大事です。

栄養が不足すると力がなくなるのと同じように、「みことば」が不足すると、私たちは神さまを忘れてしまいます。神さまを忘れると、自分中心になって、「思いやる心」も力がなくなってしまいます。そうして、自分の「こころ」と「たましい」が飢えていることにも気づかなくなってしまいます。

私たちの「こころ」と「たましい」を生かし、養うのは「神のことば」です。マタイ4:4に「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる」とあり、ペテロ第一2:2に「生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋な、みことばの乳を慕い求めなさい。それによって成長し、救いを得るためです」とあるように、「みことば」はなくてならないたましいの糧です。「みことば」はまさに、どの人にとっても欠かすことのできない「日ごとの糧」なのです。 

  今週もあなたの上に主の祝福が豊かにありますように。そして、どのような時も正しく判断する知恵に満たしてくださいますように。あなたの上に主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・2013年6回目の礼拝です。本日は礼拝前に恵み会の予定でしたが、聖書教育に変更します。ぜひ、お越しください。なべさん、じまさんの治療とリハビリを祝福してくださいますように、まつださん、しんぽ牧師の健康が護られますように。あらたさんの上に主の慰めが共にありますように。それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝し、覚えてお祈りください。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。ご意見・ご要望は北村までお寄せください。

今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように。栄光在主


 


投稿者 : church 投稿日時: 2013-02-03 06:30:30 (692 ヒット)

2013.2.3 きんたメール第337号です。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「繋がり・・・」

敬愛する皆さま 

2013年5回目のきんたメールです。福岡からです。2月に入りました。2月の月日も皆さんと共におられます主に感謝しつつ過ごしてまいりたいと思います。全世界の主の教会の礼拝が祝福の内にありますように。栄光在主。

  さて、板橋キリスト教会ではみことばによって心を一つにするために、聖書教育(日本バプテスト連盟発行)の聖書日課に基づいて毎日、携帯メールにて配信するようになりました。それを順番で配信しませんか。と提案しましたところ、義務感になるのではないかと心配される方もいましたので、みんなで意見を出し合い、どのようにすることがよいのか決まるまで、しばらくは私が配信することで先週の日曜日からスタートしました。毎朝、祈りの課題と共に聖句を配信しています。できるだけ声を出して拝読してほしいとおすすめしています。ちなみに、聖句を携帯で入力するのは大変なので、新共同訳聖書のサイトを引用すると便利です。必要な箇所を検索、コピーして貼り付けることができるので、作業としては簡単です。⇒ http://www.bible.or.jp/vers_search/vers_search.cgi

   今後どのように進展していくのかはわかりませんが、とても楽しみです。毎日、みことばにふれる機会を共有する、そんな「繋がり」が大事だと考えています。一緒に同じみことばにふれる共有経験です。それぞれ別々の生活リズムがあり、日曜日にしか会えない場合もありますから、みことばによって「繋がる」群れでありたいと願っています。さらに、それぞれの祈りの課題も共有できます。一緒に祈ることは大きな力になります。そのような経験を通して、主が共におられることを確認し、新しく導かれた兄弟姉妹と共に「主に繋がる群れ」として成長させてほしいと思います。

今日の聖書日課は、マタイによる福音書7章21〜23節 神さまの心を生きる人

「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけではない。わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである。かの日には、大勢の者がわたしに、『主よ、主よ、わたしたちは御名によって預言し、御名によって悪霊を追い出し、御名によって奇跡をいろいろ行ったではありませんか』と言うであろう。  そのとき、わたしはきっぱりとこう言おう。『あなたたちのことは全然知らない。不法を働く者ども、わたしから離れ去れ。』」 

板橋キリスト教会が主によって成長していけますように、毎日、ゝГ襪海函↓∪蚕颪ら聴くように読むこと、そしてF常の生活でこそ、御心を求めていくこと。を目指して生きたいと願います。

今週もあなたの上に主の祝福が豊かにありますように。そして、どのような時も正しく判断する知恵に満たしてくださいますように。あなたの上に主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・2013年5回目の礼拝です。本日は礼拝前にバイブルクラスがあります。英語に楽しくふれる学びです。ぜひ、お越しください。なべさん、じまさんの治療とリハビリを祝福してくださいますように、まつださん、しんぽ牧師の健康が護られますように。あらたさんの上に主の慰めが共にありますように。それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝し、覚えてお祈りください。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。ご意見・ご要望は北村までお寄せください。

今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2013-01-27 07:24:18 (724 ヒット)

2013.1.27 きんたメール第336号です。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「みこころを求めて・・・」

敬愛する皆さま 

2013年4回目のきんたメールです。板橋からです。先週は沖縄出張でした。沖縄が20度くらいですから、温度差は10度以上あります。水曜日は那覇新都心キリスト教会http://www9.ocn.ne.jp/~ucc/の祈祷会に参加させていただいています。課題があると一緒に祈ってくれるので、とてもありがたいです。今回は板橋教会の子供たちの歩みを祝福してくださるように一緒に祈りました。感謝です。また、今週は新保牧師は東久留米教会にて宣教奉仕です。東久留米教会での礼拝と交わりが祝福されますように、そして東久留米教会の上に主の恵みと平安が共にありますように覚えてお祈りください。

  さて、板橋キリスト教会でも心を一つにするためにも、そんな交わりが当たり前になるように、そのために何ができるのかを考えています。一人の人のために一緒に祈る。そのような当たり前のことを当たり前とし続けていけるようにしたいと願っています。私たち自身が、もっとも小さく弱くされている時、見えないところが弱ったり、痛んだりしている時には、周りの人に中々理解してもらえにくいということを知っています。さらに、そんな時は、いつもよりも感じ方も敏感になるものです。わかってもらいたいけど、伝える力もないこともあります。(主はすべてご存じですが)

そんな時に、どうしてもらえたら、嬉しいでしょうか。

私たちが自分の都合を優先するときは、自分に利益がある人なら親切にしようと考えます。見返りが目的だからです。ということは、自分に利益がないと判断した時には、見向きもしない。そんなことが日常茶飯事に起きています。

しかし、聖書の言われることは、その逆でどの人にも一人の人として心を使うことを言われています。たとえ自分に利益にならない人であっても、関わったことで、自分に負担や面倒なことが降りかかってきたとしても、主だと思って心を使うこと。そのことが天に富を積むことだと教えられます。自分にとって大事な人だと思えば自然にできることです。そういうわけで、いつも主に心を向けて、人として当たり前のことをすればいいのですが、これがまた難しいので、自分がイエス様にしてもらったことを忘れないように、そのような心を求めていきたいのです。

従って、それぞれが自分のことでいっぱいいっぱいになりそうな時こそ、板橋キリスト教会が主によって成長していけますように、毎日、ゝГ襪海函↓∪蚕颪ら聴くように読むこと、そしてF常の生活でこそ、御心を求めていくこと。を目指して生きたいと願います。

今週もあなたの上に主の祝福が豊かにありますように。そして、どのような時も正しく判断する知恵に満たしてくださいますように。あなたの上に主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・2013年4回目の礼拝です。本日は礼拝後に定例役員会があります。教会の子供たちを、日本の子供たちを、世界の子供たちの上に、それぞれの場所でそれぞれの現実の中で、主の祝福に満たされて希望で満たしてくださいますように。なべさんの治療とリハビリを祝福してくださいますように、じま兄、まつだ兄、新保牧師の健康が護られますように。あらた兄の上に主の慰めが共にありますように。それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝し、覚えてお祈りください。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。ご意見・ご要望は北村までお寄せください。

今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2013-01-20 06:47:43 (742 ヒット)

2013.1.20 きんたメール第335号です。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「働きやすいように・・・」

敬愛する皆さま 

2013年3回目のきんたメールです。寒いですね。福岡でも雪が降りました。寒い時、なべさんは大丈夫かな。と気になります。退院したもののかなり体力が落ちていますから、本人にとっては、病気をする前の生活リズムの感覚がありながら、そうできないジレンマと共に新しいリズムに慣れていかなければならないからです。これは私たちが想像する以上に辛いのではないかといます。現状にあったよいリズムに少しでも早く慣れますように、どうぞ、引き続き覚えてお祈りください。また、じまさんも15日(火)にカテーテル手術が無事に終わり、なんと術2日後に退院されました。今の医療はすごいですね。完治ではありませんので、通院しながらのリハビリとなるとのこと。健康が護られますように覚えてお祈りください。皆様の祈りの支援ありがとうございます。主が共にいてくださいますこと深く感謝します。

さて、板橋キリスト教会の役員の方々には、毎日勝手にメールを送っています。なぜならば、教会の皆さんと祈りを共にしたいからです。教会の祈りとして心を合わせたいからです。いつも、会える距離にいるわけではないので、単身赴任となった私にできることは何かを考えて、祈ることと迷惑かもしれないけど毎日メールを送ることにしたのです。そういうわけで、教会の一人ひとりを覚えて祈り、家族に朝練し、なべさんにメールして、じまさんにメールして、役員の方にメールをすることが朝の日課となっています。こうすることで、離れていても身近に繋がっているように感じるのです。ただ私が寂しがり屋ではないかと思われますが、否定しません。それでもいいから、「繋がり」をもつことを大事にしたいのです。もちろん、受け取る側にもそれぞれの思いがあると思いますが、なべさんからは、手術前後とか、抗がん剤治療によって、一番つらい時などは、もちろん返信すらできる状態ではないけど、毎日来るメールが支えになっていました。「ありがとう」などと返信されただけで、続けてて良かったなぁと思いました。

もちろん、私の力によってなべさんが癒されるのではありませんが、私を通してイエス様が働かれるときに、皆さんを通してイエス様が働かれるときに、人は癒されるのだと確信しました。私は自分の中には完全な愛を持ち合わせていない不完全な者ではありますが、そんな私でも主が用いてくださるなら、偽善者でもなんでもいいから、イエス様が働きやすいようにと切に求めます。そのように板橋キリスト教会を通して主が働かれますことを切に求めます。覚えてお祈りください。

今週もあなたの上に主の祝福が豊かにありますように。そして、どのような時も正しく判断する知恵に満たしてくださいますように。あなたの上に主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・2013年3回目の礼拝です。本日は礼拝前に聖書教育があります。ぜひ、お越しください。なべさんの治療とリハビリを祝福してくださいますように、じま兄、まつだ兄、しんぽ牧師の健康が護られますように。あらた兄の上に主の慰めが共にありますように。それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝し、覚えてお祈りください。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。ご意見・ご要望は北村までお寄せください。

今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように。栄光在主




 


« 1 ... 58 59 60 (61) 62 63 64 ... 69 »