メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 148148148
昨日 : 424424424
総計 : 343745343745343745343745343745343745
投稿者 : church 投稿日時: 2012-12-23 07:26:54 (863 ヒット)

2012.12.23 きんたメール第331号です。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「メリークリスマス・・・」

敬愛する皆さま 

  メリークリスマス! 皆さんの上にすてきなクリスマスの時となりますように祈ります。

  板橋からお届けします。先週一週間沖縄に出張で行ってました。ちょうど月曜日の夜は沖縄の普天間基地のノダケゲート前で平和運動をされているクリスチャンによるクリスマスコンサートがありましたので一緒に参加させていただきました。そして、水曜日は那覇新都心キリスト教会の水曜祈祷会に参加させていただき、岡田牧師はじめ教会の方々と交わりの時を与えれ、なべさんの回復のために一緒に祈っていただきました。感謝です。

 そして、金曜日帰京するために那覇から福岡に戻り、福岡から飛行機を乗り換えて東京(羽田)に行くための航空券を予約購入していましたが、空港の窓口で、「本日ではなく明日の最終便にて予約されていますが」と言われたものの、「そんなはずはない」と確認してもらったけど、私が間違って予約していることがわかりました。変更できないか確認すると早期予約なのでキャンセル料は半分。さらに航空券は正規の値段。正規の値段よりも逆に高くなるので払えません。家族には今日帰ると伝えていたので、変更の連絡して、大きな荷物と一緒にがっかりしながら福岡の部屋に戻りました。しかし、そのことによって、一人寂しく過ごしていると、主との交わりもあって、クリスマスメッセージを見直す機会を与えてくださり、すっかり感謝の心に変えられました。

  さて、2012年12月21日に世界は滅びるというマヤの終末論で自分を見失った青年が、小学校に侵入し、無差別に子どもたちにナイフの刃を向ける事件がありました。約2000年前にもユダヤのヘロデ王がまことのメシアである王様がお生まれになると聞いて、そのころに生まれた赤ちゃんを無差別に虐殺したことが聖書にしるされています。何が彼らの心を支配していたのでしょうか。このようなニュースを聞くと、ありえないような思いで受け取りますが、私たちの中にも同じものがあると聖書は鋭く指摘します。神さまから離れさせようとする力が罪の支配する世界です。

  そんな罪の(自分を守ることに縛られている)世界でうめいている私たちを、神さまとの関係が祝福された本来の姿に修復して取り戻されるために来て下さった御方が主メシア(イエス様)です。「神さま以外のもの」の支配する世界から、「神さまの愛を中心とした神さまの支配する世界」に変わるのが、本来の終末論ですから、とにかく多くの人にクリスマスの意味を知ってもらいたい。そうすれば、無意味な終末論に惑わされることはないのです。だから、クリスマスの本当の意味を知ってたもらいたいのです。神さまの愛のすごさに本当にびっくりすると思います。

  クリスマスは、神さまの愛そのものであるイエス様を心に迎えることで、その神さまの恵みを喜びお祝いすることです。すごく単純明快なのに、なぜかそれを見えなくするもの、惑わすものが罪の支配する世界です。しかし、主がすでに勝利されていますので、主を信じる者が一人も滅びないで永遠の命を得ると信じます。すべての人が一人ももれることなく神さまに愛されています。だから、どんなに困難に見える中にあっても、すべての人が主を知って、ひたすら主を信じ、主によって前進していく者として、与えられた希望の光を一人でも多くの方と分かち合いたいと願っています。このクリスマスのとき、これをご覧の皆様の心に「小さなみどりご」をお迎えくださいますように。この御方が私たちの救い主です。

 クリスマスは教会へお越しください。一緒にクリスマスをお祝いしましょう。あなたの上に主の祝福が豊かにありますように。

 【板橋教会】・・・今週は、クリスマス礼拝です。ぜひ、お越しください。また渡辺兄は17日(月)、8時間かけて食道を切除する大きな手術でした。一日も早く回復しますように覚えてお祈りください。またクリスマスの時にすべての人に主の愛が届きますように祈りを合わせていきましょう。ご意見・ご要望は北村までお寄せください。

 今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2012-12-16 06:50:29 (809 ヒット)

2012.12.16 きんたメール第330号です。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「関心・・・」

敬愛する皆さま 

 福岡からお届けします。アドベント第3週目ですが、板橋キリスト教会は本日イブ礼拝です。夕方17時からとなっています。朝の礼拝はありませんのでお間違いのないようにお願いします。キャンドルサービス、礼拝後はケーキを用意しています。ぜひ、お誘い合わせの上、ご参加ください。

 さて、先日の木曜日は、福岡の大橋駅前にて福岡新生キリスト教会の皆さんに交じってキャロリングに参加してきました。久しぶりに駅前にてクリスマス賛美とクリスマス案内チラシを配布。「こんばんは。教会のクリスマス案内です。よかったら、どうぞ〜。」チラシ配布は受け取ってもらえると嬉しいし、拒否されるとつらいものがあります。クリスマス賛美に支えられながら、楽しく賛美と配布が護られました。賛美に参加する通りすがりの人もいたり、「チラシをください」とわざわざ取りにきてくれた学生もいたり、「ツリーの一番上の星はどんな意味があるんですか」なんて声をかけてくれた方もいました。ちょっとしたことで、繋がりが生まれることは、とっても嬉しくなりました。

 板橋教会でも教会が新座・志木にあったころは、よく志木駅前でチラシ配布を行いました。そのときに先代の故新保清山牧師は、このチラシ配布経験を通して、チラシを配っているところに出くわすと必ず受け取るようになった、というお話を聞いたことを思い出しました。その立場になってみてはじめてわかる気持ちをとても大事にされていたので、とても心に残っています。それで私も受け取るようにしています。

 いつもの当たり前だと、通り過ぎていたことも、ちょっと足を止めて、「関心」をもってみると、その見えないところにいろいろな気持ち、思いがあることに気付かされます。周りへの「関心」が薄まっている時代だけに、このクリスマスの時に身近なところでこそ、隣人に「関心」をもってみてはいかがでしょうか。きっと、そこにイエス様が見えるかもしれませんよ。クリスマスのすごいところは、もっとも見過ごしてしまいそうな場所にイエス様がきてくださったことです。羊飼いや、東方の博士たちが見たその光景を一緒に確認し、共にクリスマスをお祝いしましょう。クリスマスはお近くの教会にお越しください。

 皆様の上に主の祝福が豊かにありますように。

【板橋教会】・・・今週は、イブ礼拝です。夕方17時からです。ぜひ、お越しください。また渡辺兄は明日17日(月)、食道を切除する大きな手術です。主の御手がふれてくださるように覚えてお祈りください。また中島兄は昨日15日(土)退院しました。お祈りに感謝します。すべての人に主の愛が届きますように。ご意見・ご要望は北村までお寄せください。

 今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2012-12-09 07:27:37 (946 ヒット)

2012.12.9 きんたメール第329号です。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「本当の評価・・・」

敬愛する皆さま 

 福岡からお届けします。アドベント第2週目です。毎回毎回繰り返しお伝えしますが、ノロウィルスによる感染性胃腸炎が流行中です。外から帰ったら手洗い、うがいを、まず大人が子どもたちの見本となって励行されますように。どうぞ、ご自愛ください。本日は板橋キリスト教会では礼拝後にクリスマスコンサートがあります。ぜひ、お誘い合わせの上、ご参加ください。わたしは福岡新生キリスト教会で子どもメッセージをさせていただきます。主が共にいてくださいますように覚えてお祈りください。

 さて、もう少しでクリスマスですね。私たちの生活しているこの世界は、評価の原理が支配している世界でもありますから、いろいろな人に評価されて私たちは生きています。子どものときは、いい子であるかどうかとか、言うことを素直に聞く子であるかどうか、勉強ができるかどうか、などなど、評価する人の基準によって、愛されたり、蔑まれたりしました。大人になっても、よい評価であれば歓迎され、そうでなければ拒絶される。そんな経験を重ねてきています。私たちもそのように人を評価しながら生きています。しかし、そのことによって深く傷ついてしまう人が増えているのが現状です。

 ところが、ところがですよ、イエス様に出会った人は、全然違う経験をします。つまり、長所によって歓迎されもしなければ、短所や欠点によっても拒絶されない。そのままの自分がそのままの一人の人として認められて、受け入れられる、という経験です。このことは、とっても大事なことです。

 人は一人の人として尊重されることで生き返るのです。そして、本来あるべき姿勢(心)を取り戻すことができるのです。だから、いつも神さまに心を向けることが大事です。そうすると、神さまは、どの人も大切な人として愛しておられることがわかります。弱い私にはできないことですが、イエス様によらなければわからない事実です。あまりのすごさに、主の御名を賛美せずにはいられなくなるほどです。

 評価の世界で疲れている人はたくさんいます。もし、そのように疲れておられるのでしたら、ぜひ、教会にお越しください。クリスマスを共にお祝いましょう。そして、これをご覧の ”あなた”が存在していることを共に喜びあいたいものです。  

 皆様の上に主の祝福が豊かにありますように。

 【板橋教会】・・・今週は、礼拝後にクリスマスコンサートがあります。R`sミュージックスタジオの皆様によるすばらしい声楽に包まれた時を過ごします。ぜひ、お越しください。また渡辺兄は先日、手術のために再入院されました。食道を切除する大きな手術です。主の御手がふれてくださるように覚えてお祈りください。また中島兄も血糖値が高くなり入院しました。一週間の治療予定です。癒しがありますように覚えてお祈りください。すべての人に主の愛が届きますように。ご意見・ご要望は北村までお寄せください。

 今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2012-12-02 07:16:08 (767 ヒット)

2012.12.2 きんたメール第328号です。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「恵みのプレゼント・・・」

敬愛する皆さま 

 福岡からお届けします。12月に入りました。12月の月日も皆さんが主に護られますようにと祈ります。ご心配かけました右ふくらはぎの肉ばなれも回復し、普通に歩けるようになりました。また、ノロウィルスによる感染性胃腸炎が流行の兆しとのことです。トイレで用を足して流す時もふたを閉めて流さないと菌が浮遊して感染するとのことですので、ちょっとした配慮をしあうことも大切です。また外から帰ったら手洗い、うがいを、まず大人が子どもたちの見本となって励行されますように。どうぞ、ご自愛ください。

 さて、脅しみたいなことを言ってますが、誰だって人を苦しめるプレゼントよりも、生かすプレゼントの方がいいですよね。クリスマスは、神様が「みなさん一人ひとりを愛しています」という事実である最高のプレゼントを確認する時でもあります。プレゼントは「あげる」よりも「もらう」方が得したように思いますが、自分自身の受け取り方でも大きく変わってきます。たとえば、「してあげる」を「させてもらう」という言葉にするだけで、いつも「もらう」ことができます。そのように、私たちは、神さまの恵みの中で生かされていることがわかります。あなたを愛してやまない神さまの愛をお受けください。クリスマスは、ぜひ教会へお越しください。   

   皆様の上に主の祝福が豊かにありますように。

 【板橋教会】・・・今週は、礼拝の中で聖餐式があります。礼拝後、映画会、クリスマストラクト配布があります。また渡辺兄は一時退院されましたが、今月中旬に手術を控えています。覚えてお祈りください。今、病の中にある方々、苦難の中にある方々、孤独の中にある方々、どうにもならない思いの中にある方々の上に主の慰めと癒しが豊かにありますように。そのために一人ひとりが成長し豊かに用いられますように、必要な学びを与えてください。どうぞ、ご覧ください。ご意見・ご要望は北村までお寄せください。

 今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように。栄光在主


 


投稿者 : church 投稿日時: 2012-11-25 06:46:57 (903 ヒット)

2012.11.25 きんたメール第327号です。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「_もうすぐクリスマス・・・」

敬愛する皆さま 

 板橋からお届けします。3連休なので帰京し息子とサッカーのリフティング練習をしていたら、運動不足のために、なんと右ふくらはぎが肉離れしてしまいました。参りました。運動不足はこんなところで露呈しました。適度な運動は意識しないとできませんので、今できることと言えば、歩くことなので、できるだけ歩くようにしていきたいと思います。外から帰ったら手洗い、うがいを、まず大人が子どもたちの見本となって励行されますように。どうぞ、ご自愛ください。

 さて、もうすぐクリスマスですね。2012年の板橋キリスト教会のクリスマスのご案内です。

 ●12月  9日(日)pm14:00〜  クリスマスコンサート。昨年に続きR,sミュージックスタジオによる声楽の美しいクリスマスコンサートです。

  ●12月 16日(日)pm17:00〜  クリスマスイヴ礼拝。キャンドルサービスがあります。

  ●12月 23日(日)am11:00〜  クリスマス礼拝。愛餐会。

 クリスマスは、救い主イエス・キリストの御降誕を覚えてお祝いする日です。そして、このクリスマスのメッセージは、ずばり、神さまから「あなたを愛してる」という知らせでもあります。神さまの独り子であるイエス様(愛と喜びと安らぎ)が私たちのところに来てくださいました。このプレゼントはお金では買えない本物の宝ものです。不安で落ち着かない時も安らぎをがあり、疲れ果てている時も休みと力を与えられ、恐れや不安に飲み込まれそうな時は平安を、絶望のどん底の時には勇気を与えられる。病気の時も、精神的に疲れてしまった時も必要な癒しが与えられる。誰もが無関心でいる時も、あなたに理解を示し、誰もが冷たく心を閉ざしている時にも、優しさ を忘れず、悲しい時、孤独な時は、あなたは慰められ、落ち込んだ時には力づける。いつでも、どこでも、どんなところでも、あなたに注がれるもの。あなたを救うためなら、どんな障害も乗り越え、どんなところにもいく。ものすごい「愛」と「信頼」と「希望」に満ちたプレゼントです。神さまからの無償のプレゼントをあなたもお受けください。ぜひ、クリスマスは教会へお越しください。   

   皆様の上に主の祝福が豊かにありますように。

 【板橋教会】・・・今週は、礼拝前に定例役員会があります。礼拝後、クリスマス飾り付け、クリスマストラクト配布があります。また渡辺兄が一時退院されました。健康が護られますように覚えてお祈りください。今、病の中にある方々、苦難の中にある方々、孤独の中にある方々、どうにもならない思いの中にある方々の上に主の光が恵みが愛が豊かに豊かに豊かに注がれますように祈ります。そのために一人ひとりが成長し豊かに用いられますように、必要な学びを与えてください。ご意見・ご要望は北村までお寄せください。

 今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように。栄光在主




 


« 1 ... 65 66 67 (68) 69 70 71 ... 75 »