メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 3737
昨日 : 240240240
総計 : 302706302706302706302706302706302706
投稿者 : church 投稿日時: 2012-09-16 07:50:34 (901 ヒット)

2012.9.16 きんたメール第317号です。 ※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「心を一つに・・・」

敬愛する皆さま

 北九州小倉からお届けします。展示会で小倉に出張中です。沖縄・九州は台風16号の影響を受けています。今週も主が共にいてくださいますように。

 さて、板橋教会の料理長こと渡辺兄が体調を崩されて入院しました。また信仰の父である松田兄も手術のために入院しました。それから、いつも板橋教会と教会員一人ひとりを覚えて祈っておられる新保牧師も咽喉の調子がよくないとのことです。こういう時こそ主との対話が必要です。弱っているときこそ「強い」と言われたパウロに倣いたいと思います。それぞれ、愛する兄弟を覚えながら、癒されるように「祈りの支援」をお願いします。

「また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」

主が共にいてくださいますことを感謝します。朝起きたら主に一人ひとりを覚えて祈ってください。板橋教会が心を一つにして祈ることができるように助けてください。

【詩編91編1〜16節】

いと高き神のもとに身を寄せて隠れ   全能の神の陰に宿る人よ  主に申しあげよ

「わたしの避けどころ、砦    わたしの神、より頼む方」と。

神はあなたを救い出してくださる  仕掛けられた罠から、陥れる言葉から。

神は羽をもってあなたを覆い  翼の下にかばってくださる。 神の真は大盾、小盾。

夜脅かすものをも  昼、飛んでくる矢をも、恐れることはない。

暗黒の中を行く疫病も  真昼に襲う病魔も

あなたの傍らに一千の人  あなたの右に一万の人が倒れるときすら    あなたを襲うことはない。

あなたの目が、それを眺めるのみ。神に逆らう者の受ける報いを見ているのみ。

あなたは主を避けどころとし  いと高き神を宿るところとした。

あなたには災難もふりかかることがなく  天幕には疫病も触れることがない。

主はあなたのために、御使いに命じて  あなたの道のどこにおいても守らせてくださる。

彼らはあなたを手にのせて運び  足が石にあたらないように守る。

あなたは獅子と毒蛇を踏みにじり  獅子の子と大蛇を踏んで行く。

彼はわたしを慕う者だから   彼を災いから逃れさせよう。

わたしの名を知るものだから、彼を高く上げよう。

彼がわたしを求めるとき、彼に答え  苦難の襲うとき、彼と共にいて助け

  彼に名誉を与えよう。

生涯、彼を満ちたらせ   わたしの救いを彼に見せよう。

  皆様の上に主の祝福が豊かにありますように。


投稿者 : church 投稿日時: 2012-09-09 07:32:12 (909 ヒット)

2012.9.9 きんたメール第316号です。 ※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「恵み会・・・」

敬愛する皆さま

板橋からお届けします。約40日ぶりの東京です。東京の方が蒸し暑い感じがしましたが、気のせいでしょうか。残暑が続いていますので、水分補給、塩分補給など心掛けてくださいますように。どうぞ、ご自愛くださいますように。今週も主が共にいてくださいますように。

さて、本日は予定を変更して、恵み会を実施します。いつもなら第3週なのですが、私が中々第3週に参加できないので第2週に変更しました。「こころを聴く」の著者:三永恭平さんの序章部分に、「人は人と出会うことによって。はじめて人間になる」と言う言葉を紹介しています。つまり 、いろいろな人々とふれあい、お互い同士交わりあうことによって、人間として健康で幸福な、充実した人生を送ることが出来るからです。

ところが現実は、そうではありません。どちらかと言えば、いろいろな基準に縛られて「肌のぬくもり」を感じさせない、住みにくい社会になっていると言われます。だから、一人ひとりは孤独な魂を抱いて、暖かいふれあいに飢えながら、都会の雑踏を歩いているような状況です。

ほんとうにどうしたらいいのでしょうか。 

こういうニーズに少しでも応えようといことで、生まれたのが「カウンセリング」です。「カウンセリング」と聞くと、自分とは無縁のように思ってしまうのですが、教会で一緒に、学びた いのは、素人だからこそできるものです。病み、疲れている人の人間関係を癒し、修復して、一人ひとりが、もっと充実した生き甲斐のある生活ができるように、また、日々の生活の中で具体的な問題や悩みを解決して、幸福な人生を送れるように。という願いをもって登場した新しい援助方法を、冒頭で紹介した三永恭平著:「こころを聴く」から学んでいきます。ぜひ、一緒に学びましょう。

皆様の上に主の祝福が豊かにありますように。

【板橋教会】・・・今週9月9日(日)は、礼拝前に恵み会、礼拝後にこども映画会があります。必要な学びを与えてください。どうぞ、ご覧ください。ご意見・ご要望は北村までお寄せください。

今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように。栄光在主

 


投稿者 : church 投稿日時: 2012-09-02 07:44:31 (883 ヒット)

【子ども映画会のお知らせ】


板橋キリスト教会では、毎月第一日曜日 午後14:00〜映画会をしていますが、9月の第2週は、子どものための映画会を開催します。


日時:2012年9月9日(日) 午後14:00〜15:00


内容:「トムとジェリーの大冒険」


場所:板橋キリスト教会


映画会はすべて 無料 です。お友達どうしで、親子で、お一人でもお気軽にお越しください。待ってます。


 


 


 


投稿者 : church 投稿日時: 2012-09-02 07:18:53 (1019 ヒット)

2012.9.2 きんたメール第315号です。 ※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「知恵のはじめ・・・」

敬愛する皆さま

 福岡からお届けします。8月の月日を護ってくださりありがとうございました。9月に入り秋の気配を感じつつ、いくらか暑さも落ち着いてきたような今日このごろです。とは言え残暑が続いていますので、水分補給、塩分補給など心掛けてくださいますように。どうぞ、ご自愛くださいますように。9月の月日も主が共にいてくださいますように。

 さて、本日は東京西教会と板橋キリスト教会の合同夏期研修会です。場所は東京西教会で行いますので、板橋教会会堂での礼拝はお休みします。合同夏期研修会が豊かに祝福されますように。神さまから何が一番ほしいか?と問われたソロモンが、正しく判断する知恵がほしいと応えたように、この研修会を通して主が豊かに働いてくださり、主の知恵に満たされますように。

 ちなみに知恵のはじめは、「主を畏れること」と箴言に書かれています。主を畏れるとは、主を尊敬し信頼することです。聖書には知恵が豊かに詰まっていますので、それぞれに与えられた恵みを豊かに分かち合えますように導いてください。

 一寸先は闇と言われるように、人生何があるかはわかりません。目的地を目指していても迷うこともあるでしょう。迷ったときはナビが必要ですし、暗い道には明るく照らす光が必要です。そのように私たちには、よき導き手が必要です。主を畏れる人は、いつも主が共にいてくださることを、ことごとく知ることになります。「主を畏れること」それが知恵のはじまりです。


主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。

主はわたしを青草の原に休ませ

憩いの水のほとりに伴い

魂を生き返らせてくださる。


主は御名にふさわしく

  わたしを正しい道に導かれる。

死の陰の谷を行くときも

  わたしは災いを恐れない。

あなたがわたしと共にいてくださる。

あなたの鞭、あなたの杖

それがわたしを力づける。


わたしを苦しめる者を前にしても

あなたはわたしに食卓を整えてくださる。

わたしの頭に香油を注ぎ

わたしの杯を溢れさせてくださる。


命のある限り

恵みと慈しみはいつもわたしを追う。

主の家にわたしは帰り

生涯、そこにとどまるであろう。

        【詩編23編】


 皆様の上に主の祝福が豊かにありますように。

【板橋教会】・・・今週9月2日(日)は、東京西教会にて合同夏期研修会です。東京西教会、板橋教会が成長し豊かに用いられますように、必要な学びを与えてください。次週は予定変更して恵み会が開かれます。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように


投稿者 : church 投稿日時: 2012-08-26 06:50:17 (935 ヒット)

2012.8.26 きんたメール第314号です。。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「バプテスマの恵み・・・」

敬愛する皆さま

 福岡からお届けします。まだまだ暑い日が続いていますので、水分補給、塩分補給など心掛けてくださいますように。どうぞ、ご自愛くださいますように。

 さて、先週は福岡新生教会に息子と二人で参加しました。福岡新生教会では3人の男の子のバプテスマ式がありました。「ぼくの代わりに十字架にかかってくださったイエス様をぼくの主と信じて、神さまの子どもとして生きたいです。」という証がありました。参列していた息子に「バプテスマ式に参列してみてどうだった?」と聞いてみると、息子は「ぼくもバプテスマを受けて神さまの子どもになりたい」と言いました。すごくうれしかったです。息子の中の壁が内側から崩れ落ちていくように、神さまの恵みが働かれていることを感じました。

 板橋教会でも9月29日に2名の兄弟のバプテスマ式が行われます。バプテスマを受ける兄弟の上に主の祝福が豊かにありますように。主の恵みが豊かに働かれますように。バプテスマ式は荒川の玉淀にて行います。ぜひ、ご参加ください。

また、本日は福岡新生教会の教会学校にて子どもメッセージをヨシュア記6章からさせていただきます。イスラエルがエリコの町を占領するところから、神様が先だって、神さまを信じないで心の壁を作っているエリコの町を、神様を信じる人で満たすために戦われます。エリコの町はまるで私たちの心、私たちの社会を写す鏡のようです。人々が互いに不信感を持ち、ひきこもりやいじめ、心の病など、心を硬く閉ざして、隣人との関係を持つことに対する極度の恐れを持っている姿です。そのような私たちの間の城壁がなくなるように、私たちの心が神さまの愛でいっぱいになるように、覚えてお祈りください。そのために戦ってくださっている主に感謝します。 一人でも多くの方が主の愛を知って、「信仰」をもって生きていくことができますように助けて導いてください。

 皆様の上に主の祝福が豊かにありますように。

【板橋教会】・・・今週は礼拝前に聖書教育があります。また次週9月2日(日)は、東京西教会にて合同夏期研修会です。東京西教会、板橋教会が成長し豊かに用いられますように、必要な学びを与えてください。板橋キリスト教会ホームページ ⇒ ご意見・ご要望は北村までお寄せください。

 今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。特に被災地の方々の上に主の癒しと慰めが、救援にあたっている方々の働きの上に主の支えが豊かにありますように。栄光在主


 


« 1 ... 63 64 65 (66) 67 68 69 »