メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

住所変更のお知らせ
新住所
板橋区仲町23−17
東武東上線 
中板橋駅徒歩12分
連絡先
090-8801-0111
(新保牧師携帯)
アクセスカウンタ
今日 : 365365365
昨日 : 529529529
総計 : 558002558002558002558002558002558002
投稿者 : church 投稿日時: 2020-10-25 06:38:53 (5 ヒット)

2020.10.24きんたメール第734号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

『 継続は・・・』〜力なり〜

  敬愛する皆様、いつもありがとうございます。秋も深まってきた今日このごろです。感染対策を継続しながらも、それぞれのストレスが癒されますように。思いやりの心は忘れないように皆さまが乗り越えていけますよう心からお祈りします。それぞれの状況に合わせて主が必要で満たされますように。

  さて、コロナ禍の中、人通りの少ない夜にマスクを外してウォーキングを続けてきましたが、次第に超ゆっくりですが3kmジョギングになり、ここ2,3ヵ月5kmジョギングにまで発展してしまいました。自分の時間、また汗をかくのも走れたことも嬉しいし、気持ちがいいですね。

 「継続は力なり」というように、はじめはしんどいのですが、面白いことに脳も身体も順応しようとしてくるのがわかります。

 だから、1kmくらい走って身体が温まってくると身体がジョギングモードになってきます。またジョギングアプリも活用しているので、達成すると拍手してくれるし、走ったコースや速度、高低差までわかります。記録が残るので確認できて続けやすいのです。

 人は習慣で生きるのがわかりますね。だから、行動も継続すると脳も身体もそのように順応して習慣化するのでしょうか。ちなみにわたしは喘息持ちで、気管拡張薬を持ち歩いていたのですが、癒されたのか、体質が改善されたのか、ここ何年もまったく発作がでなくなりました。生活習慣の影響は大きいと感じます。

 と言うことは、人はよい習慣にも悪い習慣にも順応しやすいのがわかります。よい習慣はいいのですが、連続持続の法則のように何も考えなくなるのもよくないので、流されやすいわたしは「目的」と「意味」の確認は常に心がけたいと思います。

 また、いつまで続けられるのかわかりませんが、与えていただいた恵みの中でできること、できなくなってくるものを受け止めながら、「継続は力なり」を味わっていきたいと思います。

「だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの『外なる人』は衰えていくとしても、わたしたちの『内なる人』は日々新たにされていきます。」コリント二4:16

  ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へ連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福と勇気が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。

  ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2020-10-18 07:10:49 (14 ヒット)

2020.10.18きんたメール第733号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

『 聴くことは・・・』〜体温を感じること〜

  敬愛する皆様、いつもありがとうございます。少し前まで夏だったの?と、すっかり忘れてしまうくらいに肌寒くなっています。ご自愛くださいますように。コロナ禍によるそれぞれのストレスが癒されますように。思いやりの心は忘れないように皆様が乗り越えていけますよう心からお祈りします。それぞれの状況に合わせて主が必要で満たされますように。

 さて、先日は「聴くこと」の勉強会に参加させていただきました。「聴く人になりたい」を目指している私にとって、「聴くこと」は一生のテーマです。

  今回の学びで感じたことは、聴くことは、体温を感じることなんだと言うことです。つまり「温もり」です。個人差はありますが、その人の心の体温が平熱なのか、そうではないのかを感じることに似ているからです。

  普通に身体が冷え切ってしまったら温まろうとしますよね。温まれないと風邪をひいてしまいます。だから寒い時は温もりが必要なように、心も寒いときは強制ではなく共感という「温もり」が必要なのです。

  人生には思いがけない出来事もあります。大切な人を亡くされ、毎日泣いて過ごして5年経ち、周りも心配でそろそろ立ち直ってほしいといろいろ声をかけます。するとその人は、『大切な人を思うと胸が痛む』と泣きながら言うのです。さらに、『この痛みがなくなってしまうのはもっと辛いことなのです』とも言います。

  聴くことは、問題解決することよりも、その人に寄り添うことを最優先します。『まだ泣いていたい』と言う心に寄り添うことなのです。その心を否定しないことです。それほどの深い痛みなのですから、何年だろうと泣きたいだけ泣いていいのです。その上で大切な人はあなたにいつか笑ってほしいと思っていることをお伝えします。

  「わかってもらえた」と感じたその人がどうするのかは、その人が決めていいのです。

  そのように「聴く」ことは「体温を感じる」ことと言う視点も共有させていただきます。以下、同じように誰にも理解されなかった女性が「温もり」に触れて癒されたお話です。皆さまの上に必要な「温もり」が注がれますように。

「さて、ここに十二年間も出血の止まらない女がいた。多くの医者にかかって、ひどく苦しめられ、全財産を使い果たしても何の役にも立たず、ますます悪くなるだけであった。イエスのことを聞いて、群衆の中に紛れ込み、後ろからイエスの服に触れた。「この方の服にでも触れればいやしていただける」と思ったからである。すると、すぐ出血が全く止まって病気がいやされたことを体に感じた。マルコ5:25〜29

  ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へ連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福と勇気が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。


 ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2020-10-11 00:30:47 (20 ヒット)

2020.10.11 きんたメール第732号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言

「前をみる・・・」〜いつも主に心を向ける〜

  敬愛する皆様、いつもありがとうございます。肌寒くなっていますのでご自愛くださいますように。コロナ禍によるそれぞれのストレスが癒されますように。思いやりの心は忘れないように皆様が乗り越えていけますよう心からお祈りします。それぞれの状況に合わせて主が必要で満たされますように。

さて、平均台を覚えていますでしょうか。綱渡り感覚でバランス力を養うために、片足くらいの幅サイズの細長い棒で長さ3〜5mくらいの平均台。子どもの頃、体育の時間などでよくやったのではないでしょうか。

コツは「前を見る」こと。なぜならば「不安」になるのは「足もと」をみてしまうからですね。落ちたらどうしようと考えて足がすくんでしまうと心が不安でいっぱいになるからです。

では、下ではなく前を見るとどうでしょうか。人は進むほうを見るのが道理ですよね。よそ見しながら前に進むのはこわいのが普通です。だから前を見るほうが視野も広がってバランスよく歩けるようになります。そうすると達成感に誘われるようにうれしくなってきますし、バランスもよくなってきますから信頼と安心で心はいっぱいになります。不安の入る場所がありません。

聖書にも同じようなことが書いてあります。マタイ14:22-34です。暴風で荒れている中、波立つ湖の上をペテロさんが歩くのです。ありえないような話ですが、ペテロさんは前にいるイエスさまだけを見てる時は湖上を歩いて前に進めたのです。しかし、足もとを見たとたん(イエスさまから目を離したとき、心の中に不安が一気に入ってきて)怖くなって溺れそうになったのです。思わず「主よ助けて」とイエスさまに求めました。わたしも、ペテロさんのように何かあるとすぐに溺れそうになりますが、大事なことは前をみるように、どんな時も主に心を向けることを学び続けていくことですね。今回は「前をみる」、いつでも「主に心を向ける」ことを共有させていただきます。

「私が主を尋ね求めると/主は私に答え/あらゆる恐怖から助け出してくださった。主を仰ぎ見る人は輝き/辱めに顔を伏せることはない。」詩篇34:5−6

  ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へ連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福と勇気が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。

ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2020-10-04 07:00:27 (20 ヒット)

2020.10.4 きんたメール第731号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言

『弱いのに・・・』〜強い〜

  敬愛する皆様、いつもありがとうございます。秋らしい気候ですね。昼夜の寒暖差がありますのでご自愛くださいますように。コロナ禍による意識変化の中、それぞれのストレスが癒されますように。思いやりの心は忘れないように皆様が乗り越えていけますよう心からお祈りします。それぞれの状況に合わせて主が必要で満たされますように。

さて、毎月第一日曜日は子どもメッセージの当番をさせていただいています。今回はアブラハムさんはなぜ祝福されたのかな。を一緒に考えてみたいと思います。

 信仰の父とされたアブラハムさん。信仰とは、神さまと自分の関係からどんなことがあっても神さまに心を向けて信じることですね。だから、アブラハムさんの人生のさまざま場面の姿勢からわたしたちはたくさんの示唆を学ぶことができます。

 アブラハムさんの「心の器」が、人生の「転機」や「変化」を通して成長していくことに気づくのではないでしょうか。わたしたちにも、たくさん転機や変化がありますよね。そんな時にアブラハムさんに倣って、「本当の強さ」を身につけていきたいものです。ではアブラハムさんは完全で強い人だったから祝福されたのでしょうか。いいえ、その逆だったのです。以下子どもメッセージです。

「心のうつわを成長させてくださる神さま」創世記11:27-12:9

 みんなは「弱い」のと「強い」のとどちらがいいですか。普通に考えたら「強くなりたい」と思うよね。では「強い」とはどんなことでしょうか。みんなはどう思いますか。

 足をくじいた人に走れとは言わないでしょう。まずは手当てが必要です。同じように「本当の強さ」は「弱さ」を仲間はずれにするのではなく「守る」ことだよね。アブラハムさんが祝福されたのは、強いからではなく、「自分の弱さ」も「お友だちの弱さ」も、「神さまにおまかせします」と「そのまんま」を「受け止めた」からだよ。私たちの成長は、自分が強くなっていくよりも、自分の弱さを知って神さまにおまかせして、お友だちの弱さも受け止められるようになっていくこと。神さまは私たちもアブラハムさんのように「いつも神さまがいっしょ」の人へと「心のうつわ」を少しずつ大きく成長させて用いてくださるのですね。

「わたしたち強い者は、強くない者の弱さを担うべきであり、自分の満足を求めるべきではありません。」ローマ15:1

  ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へ連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福と勇気が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・コロナ禍の影響による不安がありますので、安全対策しながら礼拝を行っています。手洗い・うがい・アルコール消毒・マスク・ソーシャルディスタンスなどの細心の注意と対策を心がけましょう。不安に思う方は無理せず、それぞれの場所から神さまに賛美と祈りと感謝の礼拝をしましょう。お問い合わせは教会までお願いします。

祈り:被災された一人ひとりの上に、癒しと平安で満たされますように。新型コロナウィルスによって様々な不安とストレスを抱えています一人ひとりの上に健康が守られますように。罹患されました方やご家族の上に主の癒しが豊かに注がれますように。そのほかにもいろいろな背景を抱えているお一人ひとりの上に主の癒しと平安で満たされますように。むろい姉、よねやま姉、おんだ姉、すずき兄、のざき姉、ひろき兄の上に主が共にいてくださり、いつも助けて導いてくださいますように。のだ姉の歩みの上にいつも主が共にいてくださり主の平安が共にありますように。またあしや兄、たなか兄、あかや兄の働きを祝福してください。新保牧師、つのえ兄、なかや兄、なかがわ姉、なかじま兄、たつみ兄、よこやま姉、みやもと姉、アルマ姉の母の健康が護られますように。子供たちの上に主が共にいてください。もり兄、ふじむら姉の歩みの上に、かおり姉の上に主の祝福が豊かにありますように。バプテスト連盟の諸教会の上に、常盤台教会の上に、母教会の東京西教会の上に、すべての教会とすべての人の上に祝福が豊かにありますように。

それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝します。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。

ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


投稿者 : church 投稿日時: 2020-09-27 07:12:32 (30 ヒット)

2020.9.27 きんたメール第730号。※きんたメールとは、板橋教会の週報をメールで送っている際に添えている板橋教会ホームページ担当のきんた(北村)の独り言です。

「はじめから・・・」〜おわりまで〜

  敬愛する皆様、いつもありがとうございます。秋らしい気候ですね。コロナ禍による意識変化の中、マスクもし続けているとストレスになりますので、密にならないところでは上手に過ごしていきましょう。何より思いやりの心は忘れないように皆様が元気に乗り越えていけますよう心からお祈りします。それぞれの状況に合わせて主が必要で満たされますように。

  さて、キング牧師と言えば、「わたしには夢がある・・・」は有名ですよね。勘違いや無理解による人種差別が起きている現実の中で、本来の「あるべき姿」を思い起こさせる働きかけをされた方です。勘違いした意識でできあがった差別という強大な壁に向き合ったキング牧師の視点とキング牧師が見えないけど確かな支えがあったからこそ道しるべとなり言動の土台になっていたことがわかる名言です。

 間違った当たり前の文化や慣習は、そのことで都合の良い人からすれば変えたくないものなので力でねじ伏せようとします。権力や暴力などあらゆる手段を駆使して屈服させようとします。知恵があるつもりだけで実は知恵がないことをアピールしている姿にも気づかないのです。自分のなかにも同じような性質があるのは歴史からも自分史からも繰り返し学ぶことができます。

 だからこそ、本来のあるべき姿(どの人も価値ある存在)を思い描くことはすごく大事なことで、「現実」と「あるべき姿」のギャップを確認して、そこから「あるべき姿」「夢」「ビジョン」という目的地に向かっていくことが大事になるのです。

 険しい道のりでもあるので、感情に流されたり、嘆いたり、落ち込んだりするでしょう。しかし、目的地から目を離さずにそこに向かうことが「生きる」ことだし、また「喜びを見つける」ことだし、いつも「1人ではない」ことに気づくことなので「幸せ」だと思います。自分の人生をはじめからおわりまで向き合っていけたらいいですよね。

「あなたの重荷を主にゆだねよ/主はあなたを支えてくださる。主は従う者を支え/とこしえに動揺しないように計らってくださる。」詩編55編23節

  ぜひ、ご一緒に教会で神さまの「愛」と「知恵」を確認しましょう。あなたは愛されるために生まれた人です。私たちは不完全な者ですが、不完全ゆえに赦し合い、助け合いながら、神さまの愛に生きる人として成長していきたいものです。いつも主にこそ目を向けていく恵みで満たされますように。そのために十字架の愛を忘れることがないように助けて導いてください。

  どんなときも主が共にいてくださる人生は「新しい力」を受けます。よき理解者が「一緒にいるだけ」で人は「命」を得ます。ぜひお近くの教会(十字架が目印)へ連絡ください。一緒に祈りましょう。あなたの上に主の祝福と勇気が豊かに注がれますように。主が共にいてくださいますように。

【板橋教会】・・・コロナ禍の影響による不安がありますので、安全対策しながら礼拝を行っています。手洗い・うがい・アルコール消毒・マスク・ソーシャルディスタンスなどの細心の注意と対策を心がけましょう。不安に思う方は無理せず、それぞれの場所から神さまに賛美と祈りと感謝の礼拝をしましょう。お問い合わせは教会までお願いします。

祈り:被災された一人ひとりの上に、癒しと平安で満たされますように。新型コロナウィルスによって様々な不安とストレスを抱えています一人ひとりの上に健康が守られますように。罹患されました方やご家族の上に主の癒しが豊かに注がれますように。そのほかにもいろいろな背景を抱えているお一人ひとりの上に主の癒しと平安で満たされますように。むろい姉、よねやま姉、おんだ姉、すずき兄、のざき姉、ひろき兄の上に主が共にいてくださり、いつも助けて導いてくださいますように。のだ姉の歩みの上にいつも主が共にいてくださり主の平安が共にありますように。またあしや兄、たなか兄、あかや兄の働きを祝福してください。新保牧師、つのえ兄、なかや兄、なかがわ姉、なかじま兄、たつみ兄、よこやま姉、みやもと姉、アルマ姉の母の健康が護られますように。子供たちの上に主が共にいてください。もり兄、ふじむら姉の歩みの上に、かおり姉の上に主の祝福が豊かにありますように。バプテスト連盟の諸教会の上に、常盤台教会の上に、母教会の東京西教会の上に、すべての教会とすべての人の上に祝福が豊かにありますように。

それぞれのすべてをご存じの主が必要を与えてくださいますことを感謝します。祈りの課題がありましたら、お知らせください。一緒にお祈りします。

ご意見・ご要望は北村までお寄せください。今週も皆さまの上に主の祝福と平安が豊かにありますように。栄光在主


(1) 2 3 4 ... 90 »