2011年9月18日 「神様の刻印バプテスマ」

投稿日時 2011-09-18 07:27:48 | カテゴリ: 礼拝説教要旨

聖書 マルコによる福音書1章12〜15節


「それから、”霊”はイエスを荒れ野に送り出した。イエスは四十日間そこにとどまり、サタンから誘惑を受けられた。その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた。ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、『時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい』と言われた。」


宣教題 『神様の刻印バプテスマ』

    

主イエスが、ヨルダン川でバプテスマを受けられてから、すぐのことです。バプテスマの時に天から降った狎士″が、主イエスを荒れ野へと送り出したのです。そして、この荒れ野で40日間に渡って、サタンからの様々な誘惑を受けられました。


荒れ野で様々な誘惑を受けている間、主イエスは、野獣と一緒におられたと聖書は言われています。しかし、主イエスは、野獣から危害を加えられるということはなかった。天使たちが主イエスに仕えていたからです。神の守りが共にあったからなのです。


この主イエスのバプテスマと、その直後のサタンの誘惑によって分かることは、私たちのバプテスマとクリスチャン人生です。


たとえ、バプテスマを受けたからといって、サタン(世)の誘惑から完全に解放される、あるいは欲望が無くなったという訳ではないのです。この世を生きる限り様々な誘惑が、野獣が獲物を狙う様に、私たちを待ち伏せして絶えず狙っているのです。


しかし、そんな誘惑の人生の中であっても、神の守りが確実にあります。たとえ誘惑の先に、野獣が牙を向いて待っていたとしても、神が共にいてくださり、守ってくださるのです。ですから誘惑に会う時、神に祈ることです。神の守りが実感できます。


バプテスマされるとは、神の子としての刻印が打たれる事なのです。あなたが神様から迷子になっても、神はあなたを決して見失うことはありません。






板橋キリスト教会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://itabashi-church.net

このニュース記事が掲載されているURL:
http://itabashi-church.net/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=12